スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの17歳の美少女エンクミこと遠藤久美子も33歳!美少女から大人の女性に!素人スタッフによる「贅沢」な映画に主演

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大エンクミこと遠藤久美子も33歳のしっとりとした女性 30日、あきる野市の秋川キララホールで開催中のあきる野映画祭内で、あきる野市制15周年記念映画『五日市物語』完成披露上映会が行われ、女優の遠藤久美子が、久々の映画主演作となる本作について、感無量な様子で「女優人生の宝物」とコメントした。この日はほかに、山崎佳之、田中健、寿大聡、三田村春奈、草村礼子、小林仁監督が登壇した。
 山々と清流に囲まれたこの地域の活力の源となるべく「映画館のない町に映画文化を!」をスローガンに、27年前からスタートした「あきる野映画祭」。そのオープニング作品として上映されることになったのが本作だ。白の涼しげなワンピース姿で登場した遠藤は「本日は本当に……ありがとうございます。わたしはこの作品にかかわらせていただいて、心底しあわせだと実感しております」とあいさつするその表情は非常に感無量な様子だった。
 さらに「私ごとではありますが、この仕事を17歳から始めさせていただいて、今は33歳になりました。今回のお仕事を通じてすばらしい方たちとの出会いがあり、成長する糧になりました。この作品で出会ったすべての方たちは 本当に心があったかくて、出会えて良かったなと。また、小林仁さんという監督さんにお会いして、役者として大きな宝物になりましたことを感謝します」とコメントする通り、かつての美少女からすっかり大人の女性へと変ぼうを遂げた遠藤にとって、本作は女優として大きな意味合いを持つ作品になったようだ。
 春夏秋冬、1年かけて一年の風景を順撮りで撮影するという「贅沢」な環境で撮影された本作は、女優・遠藤にとっても自分の役に真摯(しんし)に向きあいながら挑むことの出来た現場だったようだ。田中も「彼女の顔がどんどん変わっていって、最後は自然の中に溶け込んでいる」と絶賛すると、遠藤も「四季を通じて撮影をしているせいか、都心部から五日市にやってくる友里という役同様に、わたし自身もどんどん五日市の魅力を感じていった」とコメント。さらに監督からは「1年かけてナチュラルな感じで髪を切らないで欲しい。それと最後の方は落ち着いた雰囲気が欲しいから3キロほど太ってほしい」という役作りに対してのリクエストがあったというが、「まるでロバート・デ・ニーロみたいでしたね(笑)。こちらの注文を何でも聞いてくださったので本当にありがたかったです」と女優としての遠藤に絶大なる信頼を寄せる小林監督だった。
 あきる野市役所職員である、おそらく日本唯一の公務員監督である小林監督を筆頭に、市民団体がスタッフとして多数参加するという異色の本作。国や都の緊急雇用対策事業としてハローワークでスタッフの募集をかけるなどして集めたスタッフたちはほとんどが映画の撮影経験がゼロ。本作の出演のみならず音楽を担当した田中は「現場は素人さんばかりですから、不思議な現場でしたよ。カメラマンなんて写真屋さんの店長ですからね。商業的な映画ではなかなかないことですよ。それでもメイキングを観ると独特な緊張感がありました」とコメント。「プロの役者たちを使って映画を作りたい」という市民の情熱が、温かさあふれる本作を生み出したパワーになったことは間違いない。(取材・文:壬生智裕)
 映画『五日市物語』は10月29日よりワーナーマイカルシネマ日の出で先行公開、11月12日からは銀座シネパトスほかにて公開
【関連情報】
・映画『五日市物語』オフィシャルサイト
・エンクミこと遠藤久美子が30歳のしっとり演技で主演!スタッフをハローワークで募集した『五日市物語』
・劇団四季が被災地で特別公演!「子どもたちに生きる希望を届けたい」
・『借りぐらしのアリエッティ』原作、イギリスBBCでテレビ映画化決定 舞台を現代に移した作品に
・常盤貴子、独身の筒井道隆に人妻ならではのアドバイス!?「40年後も一緒に暮らせるなんて思ったら大間違いよ」



http://news.livedoor.com/article/detail/5748553/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








stmnsnyouさん

映画の醍醐味ってなんですか?小説やドラマと比較して、映画好きのあなたの持論を展開してください




ベストアンサーに選ばれた回答


darkhakaibutaiさん


題材も全くもってして自由、何をどの様に作ろうとも自由、どれほどのスケールをもってして、そして現実の世界ではとてもではないですけど描き切れない様な壮大なる世界までもイマジネーションとしてCGでも描けて作品にする事も出来る事・・
まあ、その様な点が映画が映画たる存在価値ではないですかね?

作り手側からみても、その作ろうとしている映画で広く一般大衆に対して何を訴えたいのか?
その様な面でも映画と言うのは存在している、位置付けられてもいるのが映画作品でもあるのではないですかね?
そして受け手側としても、その完成をして公開をしている映画作品各自をどれを選ぶのかも自由ですし、各自のファンとしての感性の問題でもありますし、その様な面においてもとても面白いと言えるのではないでしょうか?
映画とは受け手側からすれば「脱日常」を疑似体験出来ることで、その瞬間楽しめている時間だけは現実とは全く異なる世界に埋没する事も出来ていると言える様な、そこが娯楽の中でも王様的なる世界と言えるのではないですかね?
優れた映画作品を沢山観る事は感性を磨く事にも繋がると思われますし、人間の幅も広がると言えるではないですかね?


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1250244582
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


あの17歳の美少女エンクミこと遠藤久美子も33歳!美少女から大人の女性に!素人スタッフによる「贅沢」な
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110731-00000001-flix-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari
スポンサーサイト

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。