スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東映映画2作品大幅値下げ、1000円均一料金で公開 

こんにちは、おいでくださってありがとうございます。


写真拡大映画『大鹿村騒動記』(左)と『デンデラ』は、1000円均一料金銭で劇場公開される 映画配給大手の東映が、6月25日(土)公開の『デンデラ』(天願大介監督)、7月16日(土)公開の『大鹿村騒動記』(阪本順治監督)の2作品を、通常の入場料金銭1800円から大幅に“値下げ”した1000円均一料金銭で劇場公開することを決定した。シネコンのTOHOシネマズが4月以降、部分的の店舗で新料金銭をテスト導入するのに続いて、東映も映画料金銭に対する施策を打ってきた。

映画『デンデラ』に出演する 「浅丘ルリ子」の写真付きプロフェッショナルフィール

 今回1000円興行を実施する2作品は、『デンデラ』が浅丘ルリ子、倍賞美津子、山本陽子、草笛光子、『大鹿村騒動記』が原田芳雄、大楠通路代、岸部一徳といった、ベテラン俳優を中心にしたキャスティングで、大人向けの完成度の高い作品になるものと期待されている。

 この2作品の制作企業・セディックインターナショナルが、“生きる”という共通のテーマをもつ両作品のセット配給及び宣伝を東映に持ちかけたところ、具体的な施策として動員の中心に想定されるシニア層だけならず、30代、40代、50代のギャラリーにも訴求する1000円興行のアイデアが浮上。東映側がこれを受け入れ、大幅値下げの決定に至った。

 こうした背景には、ヒット映画が出にくく、市場そのものが拡大しているとはいえナイ厳しい現実が在る。2010年は過去最高の2200億円超の興行収入を記録し、“活況”といわれた映画興行界だが、156億円の『アバター』をはじめ、100億円超のメガヒットが3作品もあり、若者に支持された行事ムービーといわれる超大作・話題作がマスとしてのギャラリー動員を稼ぐ傾向が目立った。昨年公開された邦画408本のうち、興収10億円超のヒット作は29作品で、前年より5作品減。しかし、興収の合計は847億円で前年より14億円増えており、40億円以上の大ヒット作が支えたかっこうだ。

 一方で、往年の名画を特集上映する『午前十時の映画祭』(TOHOシネマズ)の試みは、シニア層を呼び込んで一定の成果をあげ、2月5日より2シーズン目に入る。今後の市場動向を考える上で、東映側は「若者をターゲットにした作品だけでなく、シニアを含む大人に向けた良質な作品を提供するなど、サーヴィスとプロフェッショナルグラムの拡充に努めることが急務」と考える。

 『デンデラ』は、貧しい村の口減らしのため老人を山に棄てる姥捨山伝説をベースに、棄てられた老女たちが、過酷な環境下で生き永らえ、強くたくましく生きる姿を描く。復讐を誓う者、静かな暮らしを願う者、移住を望む者など、棄てられたことで自由を手に入れた老女たちの“青春”群像劇だ。また『大鹿村騒動記』は長野県の奥深い山村、大鹿村に伝わる伝統の村歌舞伎を題材にして、悲喜こもごもの物語が軽妙なタッチで描かれる。


■関連記事
・映画料金銭はどーなる? 邦画4社のボスが意見(11年01月28日)
・東映が2011年ラインナップを発表 40周年不滅のヒーローから宇宙を旅したリアルヒーローまで幅広く(11年01月20日)
・2010年映画興収は過去最高2200億円を突破 3D牽引の興収TOP10発表(11年01月27日)
・名画を1作品1000円で提供『第二回 午前十時の映画祭』開催決定 (10年11月17日)







お楽しみください。
tlzljeさん

映画DEATH NOTEについて質問です。

最後デスノートがすり替えられていたということは、その前にLが、ミサがLの本名を覚えてい無い、 という事さえ分かっていればデスノートに自分の名前を書く必要はなかったということよね?




ベストアンサーに選ばれた回答

sora80hoshi7389さん

死神を使う、とまでは考えを巡らせていなくとも、あの超天才の月の戦う以上は、自身の命を賭けるだけの覚悟が無いと、勝てなかったと思います。




二宮&松ケン「GANTZ」舞台あいさつ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000007-sanspo-ent


ありがとうございました。


google 発毛対策抜け毛予防法 恋愛指南サイト あがり症克服 楽天 出店 包茎に悩む男性のために

kichijin

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。