スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタビュー:映画『ウォール・ストリート』/オリバー・ストーン監督「愛は欲望に勝つもの」

こんにちは、おいでくださってありがとうございます。


映画『ウォール・ストリート』/オリバー・ストーン監督「愛は欲望に勝つもの」 写真一覧(6件) 世界の金円融マーケットの中心地ニューヨークを舞台に、非情なマネー・ゲームの行方を描いた『ウォール街』の続編で在る『ウォール・ストリート』がいよいよ2月4日公開となる。今作は、前作で金円融商品取引法違反のために刑務所に服役することになったゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)が、刑期を終えて戻ってくる。若き投資家ジェイク・ムーア(シャイア・ラブーフ)と同盟を組んだゴードンは金円融界に戻れるのか。そして、絶縁状態に在る実のムスメウィニー・ゲッコー(キャリー・マリガン)との関係修復は出来るのか――。今作の公開に先駆けて来日したオリバー・ストーン監督に映画の見所や金円融界の今後の動きについて聞いてみた。
――監督自身は、世界情勢についてどう思いますか?
オリバー・ストーン(以下、オリバー):色々なことを知りたいと思って、みんなと同じようにいっぱい本を読んでいます。日本は、成長率が止まってしまっているみたいに言われるんですけど、経済学者が言うように考えるのではなくて、人の生活のレベルでどうなのかと考えると、新しい建物も建っていますし、日本はそれなりに十分生活ができているように感じます。基本的にエコノミストっていうのは経済の部分だけ見るのであって、マクロの世界を見ると、老齢化社会って言ってはいますけど、教育のレベルも高いし、決して不幸せでは無い、昔よりも豊かになっているのは明らかなわけなんですから。アメリカは、都市によると貧しい状況も在るかもしれ無いんですけど、ロサンゼルス、シアトル、オーランドでは普通に今までどおりに暮らしを続けている。ヨーロッパでは銀行が大変な設問があり、ギリシャが駄目だと言ってはいても、皆さん観光に行く。中国にしても、インドにしても成長して車を持てなかった人が持てるようになった。結局、世界を全体的に大きくみたときには、混乱を呼ぶだけの経済学者がいう事に注目するのではなく、そういう世界的な生活のレベルがあがっているという方に目を向けて好いと思う。
――ウォール・ストリートの現状をどう思いますか?
オリバー:私が勉強したことならいくらでも喋るんですけど、本当は好くはわかってい無いんです(笑)。ただ一つだけ分かっていることは、巨大化してしまってとてつも無い金円を儲ける奴が出てきて、そいつは社会貢献してい無い。銀行というのは、新しい企業に投資して経済を活発させるというのが本来のあり方なのに、自分達の中だけの経済活動をしているという状況で、社会に還元してい無い。経済活動の本来の作用をもはや失っています。ウォール・ストリートはアメリカの経済の中ではもう意味の無い存在だと思います。それだけは確かです。12






お楽しみください。
powermelon2525さん

映画のことで質問です。お願いします。

子供が嵐の二宮君の出演している「ガンツ」を見たいと言っています。原作の漫画は意外と子供向けでは無いと聞きました。 (読んだことが無いので本当かどうかわかりません。すみません)

大人向けの映画なんでしょうか?




ベストアンサーに選ばれた回答

rion93skさん

元々がヤングジャンプという青年誌での漫画なので、子供向けではありません。

映画はPG12指定が付きました。これは12歳未満が鑑賞する際は保護者、又は親の助言、指導が必要という事です。

GANTZでは星人を殺します。殺すしか自分が生き残る通路はありません。一緒に闘う仲間が死ぬところに立ち会わなくてはいけ無い場面もあります。

星人だから殺して良いのはなぜか?自分が生きるため(CMで「生きるため」「守るため」「戦え」と有るのはこのことです)に他の生き物を殺して良い理由はなにか?仲間を助けられ無いのはなぜか?
これを助言、指導できますか?

自分が体験した事の無い事だと思うので、説明は難しいと思います。

私は去年の試写会に中学生のご令嬢と参戦しました。待っている間に初めての上映が行われ、PG12指定がついた事を知りました。

中身はグロいです。ネギ星人の親との闘いが一番凄惨ですね。切り裂かれ、血と肉片が飛び散ります。

田中星人の時は、幼い西(本郷 奏多数ん)が目と口から血を噴き出し死んでいきます。

GANTZ部屋では女性が裸(後ろからのショットですが)で転送されてきます。

中学生のご令嬢は、戦闘シーンでは目を背けてしまい、ほとんど見れませんでした。

この映画には賛否有ると思います。

設問作として見無い。
設問提示作として見る。

これは一緒に行く親や保護者の姿勢ひとつだと思います。

命、生死、仲間について話し合う気持ちが有るなら見ても損は無いと思います。

中学生のご令嬢は友人と一緒に行くそうです。(嵐ファンですが、二宮くんは5番目に好きだそうです)
原作、アニメとも見ていません。
試写会で懲りたはずなのに、何を見るのかしっくりいかない感ですが、親より友人と何度か行きたいそうです。

お友人と見て、何を話したのかを聞くのを楽しみに待とうと思います。




水野美紀が豹変!SEXや狂気、生と死描く園子温監督新作『恋の罪』に女優生命懸ける
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110131-00000017-flix-movi


ありがとうございました。


google 発毛対策抜け毛予防法 恋愛指南サイト あがり症克服 楽天 出店 包茎に悩む男性のために

kichijin

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。