スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界的バレエダンサーピナ・バウシュさんの世界初3Dダンス映画がヴィム・ヴェンダースの監督でイギリスで4月に上映へ

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大ヴィム・ヴェンダース監督Dominique Charriau / WireImage / Getty Images ドイツのヴィム・ヴェンダース監督が取り組んできた、2009年に他界した世界的バレエダンサーで振付師のピナ・バウシュさんを題材にした3Dドキュメンタリー映画が4月にイギリスで公開となることが決まった。
 ピナさんは、ダンスと演劇を融合させた斬新な手法の舞台で世界中に多くのファンを持つダンサーで、ヴェンダース監督とは20年来の友人同士だった。二人は長年、ピナさんのダンスを題材に、一緒に映画を作る企画を温めていたが、撮影開始を2日後に控えた2009年6月、ピナさんがガンのため急死し、ヴェンダース監督は製作を一時中断することに。その後、ピナさんの家族や舞踊団、ダンサーたちからの熱烈な要望もあって、ヴェンダース監督は再び企画を開始していた。
 この作品は、舞台芸術を扱ったアートハウス系映画としては初の3D映画。ガーディアン紙(電子版)によると、製作が決まった当初ヴェンダース監督は、「僕の映画制作の知識をすべてかき集めても、彼女の芸術を正しく表現する方法が分からなかった。映画に3Dという技術が加わったとき初めて、ダンス世界に入り込むことができたんだ」と語っていた。内容は、ピナさんの舞台を中心に置きながら、他のダンサーたちのインタビューやオーケストラ演奏を「ピナさんの声」として表現するものとなっているという。
 イギリスでは現在、王立オペラ劇場が夏に上演作の3D映画上映を企画しているほか、バレエを実験的に3Dで撮影する試みも行われており、3D技術は映画のみならずライブ・パフォーマンスの世界にも広がっている。今年のベルリン国際映画祭の席でヴェンダース監督は「3Dは主に大作やアニメーションに利用されるだろうが、ドキュメンタリーの分野でも使えると思う。地球や人間について、直接的に、そして魅力的な方法で新発見させてくれる技術だ。ダンスにはぴったりの技術だよ」と、その可能性について期待感を示している。ピナさんのドキュメンタリー映画は、4月22日にイギリスで公開される予定。
【関連情報】
・ヴィム・ヴェンダース製作総指揮映画『台北の朝、僕は恋をする』場面写真
・ヴィム・ヴェンダース監督、亡くなったピナ・バウシュの映画製作を続行
・ヴェンダース監督、世界初3Dダンス映画の製作を一時中断
・ヴェネチア映画祭審査委員長は日本びいき?今年の金獅子賞の行方【第65回ヴェネチア国際映画祭】
・大地真央、すっかりワイルドに成長した英国イケメン俳優に「恋してしまった!」と大胆告白



http://news.livedoor.com/article/detail/5341793/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








dantotuzさん

映画嫌いの友人に、映画の素晴らしさを語りたいのでアドバイスを、お願いします!
彼と僕は先日、映画について話込んでしまいました。

友人「俺もな、高校時代までは、人付き合い程度には映画館でも観てたんだよ。」

「観るべき名作100本とかあるだろ? あれは半分ぐらいは観たよ。」

「端的に言うとね、つまり映画観てた頃の俺は、将来、自分がやるべき事も、いや方向性すらも全く定まってなかったんだ。」

「そんな頃、映画という架空の物語の世界にハマった訳だな。」

「しかし何時しか、俺にも自分の人生でやりたい事や、自分の専門性が見えてきた。そうなると自分の考えや価値感、基準も定まってくる。」

「そうなるとな、一々、架空の物語の登場人物たちに、自分を投影するのも面倒臭くなってくるんだよ。」

「最終的に、俺が今の職業に決まって、この世界で生きていくと決めてからは、2時間程度で終ると判っている虚構の世界に、俺が何故、縛られないといけないのか?とこう思うようになったんだ。」

「俺は、実際に忙しいし、仕事以外にも勉強したい事も沢山ある、現実で出会いたい人も沢山居る、それなのに架空のキャラクターと出会ってる暇ないだろ?」

「そうなるとな、もう虚構世界のゾンビや、マッチョ刑事や、軍人、元CIAのヒットマンたちには用は無いんだよ。」

「恋愛にしたって、お前は、映画女優に恋をしているのかもしれんが、俺は実際の彼女に恋をしているワケだしな。しかも映画女優の方は、お前が、この世の存在してる事すら知らないだろ。」

「大人になって画面の中のSFもファンタジーも色褪せてしまったんだ、俺は架空の魔法の世界よりも現実の世界で自分の人生を作る方が、面白くなってしまった。」

「お前もさ、作り手になってアーティストとして生きていくのは素晴らしいと思うが、あの映画は面白かった、面白くなかった、何点だっただの評論家気分でも良いけどさ、自分の人生に対しては何時までも、お客さん気分じゃダメだぞ。」

「お前自身の人生の物語は、幾らブルーレイの高画質になろうと、3Dになろうとさ、仮に現実の方が嫌になって、ひきこもりでもして連続1000本イッキに観まくろうが、画面の中には、どこにも無いんだよ。」

「大体、お前が主役の現実の物語こそが、お前の人生そのものなんだろ、そうだろ?」

僕は、彼が虚構の世界と語る、映画の世界でしか語れない世界が人生を豊かにすると思うのです。




ベストアンサーに選ばれた回答

tatibanatoyoさん

う~ん、私だったら強いてお勧めしたりはしません。
映画とか虚構とかにまったく興味のない方というのは実際いらっしゃいますし、
それはそれで良いのではないかと思います。

私自身のことを言うと、
実時間で映画を見ることに費やす時間より、
実生活で費やす時間のほうが圧倒的に多いですし、
多分殆どの映画ファンがそうだと思います。

その実生活の経験がまた、映画の味わいを深めてくれるんですね。
自分の体験で漠然ととらえていたことが、
2時間の映画を見ることで、鮮やかなイメージやシーンに昇華されるというか。

またそれとは別に、一つの表現芸術としての映画を、
自分なりに系統的に考えてみたりするのも面白い。
一種の思考実験です。
でも、これが私の人生に何を与えてくれるのかと言うと、
何もないという諦念もあります。

ずいぶんと年を取っているので、自分の人生のタカというのはある程度、
知れてしまっていると言う気持ちもありますし、
正直別にたいした人生を生きているわけではありません。
諸事情により、どう生きるかを自分の意志だけでは決められない立場でもありました。
生きていくうえでの苦労は、し尽くしてきたし、これからも絶えないでしょう。

ただちょっとばかり、私がご紹介した映画を見て、
面白かったと言う方がいらっしゃったら、良かったな、嬉しいな、
という単純な思いで、こちらに投稿させていただいています。

何もない人生だから、こんなちっぽけな喜びにすがっているのかも知れません。

ご友人のように、自信と希望を持って語られる人を前にすると、
そうですかと黙るしかない私です。

もしよろしければ、ご友人に、
こんな風に映画にちょっぴり救われている人間も居ると、
お伝えください。m(_ _)m


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1154674816
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


『英国王のスピーチ』アカデミー賞に一歩近づく!?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110214-00000006-piaeiga-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


ベースメイク


Yahoo!ブログ


高血圧をたった三日で改善する


手掌多汗症について


web コンサルティング


禁煙したくても禁煙できないあなたに


つらくない柔軟体操・ストレッチ


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。