スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「けいおん!」劇場版は12月公開、公式サイトにメインビジュアルを掲載。

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大昨年9月のテレビ放送終了時に「映画化決定」と告知されていた人気アニメの「けいおん!!」。その劇場版の公開日が、2011年12月3日になることがわかった。2月20日に行われたさいたまスーパーアリーナでのライブイベントで発表されると共に、公式サイトでも告知が解禁されている。

公式サイトではトップページにメインビジュアルを掲載。タイトルは「映画 けいおん!」で、躍動感あふれるメンバー5人と共に「2011.12.3(Sat) ROADSHOW」の文字が記載されている。

「けいおん!」(作:かきふらい)は「まんがタイムきらら」(芳文社刊)2007年5月号~2010年10月号に連載された同名4コママンガが原作。アニメは第1期が2009年4月~6月、第2期が2010年4月~9月にTBS系列で放送され、制作は「涼宮ハルヒの憂鬱」や「らき☆すた」などのヒット作品を手がけてきた京都アニメーションが担当している。

第1期の放送時には、軽音楽部を舞台にした作品中に登場する楽器にも大きな注目が集まり、楽器店では各キャラクターの使用モデルの売れ行きが伸びるという現象も発生。そしてアニメの関連楽曲がオリコンチャートの上位を賑わすなど、若者を中心にブームを巻き起こした。また、タイアップも盛んに行われ、京都府が国勢調査のキャラクターに採用したほか、ファミレスの「デニーズ」やコンビニの「ローソン」がキャンペーンを展開。いずれも大きな反響を呼んだのは記憶に新しいところだ。

なお、原作は今春より再始動することが2月9日発売の「まんがタイムきらら」3月号で予告されており、詳細は4月号(3月9日発売)で明らかになる。原作の再始動や年内の劇場版公開など、2011年も引き続き「けいおん!」から目が離せなそうだ。


http://news.livedoor.com/article/detail/5357558/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








cassavetesfacesさん

映画冒頭から心を鷲掴みされた映画はありましたか?
そのような映画があったら教えていただきたいです。

なんという作品でどのようなシーンで鷲掴みにされたのか教えていただけると嬉しいです。
また、その映画を最後まで楽しめたのでしょうか?
心から皆様の御回答をお待ちしております。
よろしくお願いします。
補足皆様の「さすが!!」「素晴らしい!!」御回答に感謝感激です。
今のところカーウァイ作品が人気のようですね。
凄くわかりますクサイけど鷲掴みされる、作品に入っていける言葉のチョイス。
「さすが!!」の御二方は本当にさすが!!
どんなに頑張っても私ではかないません、本当にすごい!!
私事ですがもうちょっと待ちたいのでこのまま置いておきます。
皆様のご回答すごくうれしいです、ありがとうございます。



ベストアンサーに選ばれた回答

waruiinagoさん

物悲しい歌を口ずさむ様に聞こえるヘリコプターの主回転翼の音。現実の世界でない様な高度注意を促す声。幕が開けると同時にまるで夢の中にいる様な浮遊感を感じます。これは、ヘリコプターの操縦シミュレーションなんだ、と分かった瞬間に私はこの映画と一体化していました。

トム・ティクヴァ監督の「ヘヴン」の冒頭です。
映画を最後まで観るとこのシーンで幕を開ける必然がよく分かります。
映画というのは当然作り事であって、その作り事は、どれくらい私たちにその世界を信じさせ、どれくらい物語を見事に語り切るかに懸かっていると思います。この不可思議にも美しい冒頭は、”物語のはじまり”を予感させる力を持っています。神話の様に美しい物語のはじまりを。
この冒頭からエンドロールの最後の瞬間までの、一コマ一コマの全てが、一音一音の全てが、愛しい作品です。


「サウンド・オブ・ミュージック」
やはり冒頭が素晴らしいと言えばこの映画を挙げない訳にはいきません。ともすれば映画ファンには揶揄される作品なのかも知れませんが、私は胸を張って大好きだ、と言います。
壮大な山々の空撮から大鷹の目のように、一気にヒロイン、ジュリー・アンドリュースに寄り、ヒロインは一縷のためらいも無く最初の一音から完全に伸びやかな声で一気に歌い上げます。こんなに完璧なオープニングがあるでしょうか。
ミュージカルに興味のない方にはばかばかしいシーンなのかも知れません。しかし、私はこれぞ映画なのだと思います。小説でも絵画でも演劇舞台でも表現のできない世界、映像でしかできないこの魔法が大好きです。


冒頭で素晴らしいと思った映画で、途中でつまらなくなったと思った映画は記憶では1本もありません。
良い映画(自分にとって、だけにしろ)というのは、冒頭だけでなく、ワンシーン、スチル写真の1枚でも良さが伝わってくるものではないかと思います。


補足です。
この映画を忘れていました。大好きな大好きな大好きな映画です。冒頭の美しさにも震えます。
幕が開けた瞬間に、ベートーベンの交響曲第七番が流れ、震えるほど美しい白黒写真が曲に合わせて提示されます。一体この白黒写真は何なのか?この美しい世界は何を表しているのか?
やがて映画本編が進むにつれ、この、世にも美しい白黒写真は、”ドタバタコメディ”の撮影風景だったと分かります。ドタバタコメディが美しいですって?もちろん美しいに決まっています。この映画を観て戴ければ分かります。

「落下の王国」


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1155629416
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


父の死から立ち直れず…瑛太コメント中止
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110221-00000049-spn-ent


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。