スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルマザーに比べて理解されにくい、シングルパパの厳しい現実とは

こんにちは、ありがとうございます。


先日、シングルファザーの男性とお話をする機会がありました。彼は、7歳の男の子と4歳の男の子を持つ41歳のお父さん。4年前に、長く働いた会社から今の会社に転職、ちょうどその頃次男も産まれ、今振り返るとその頃から10歳ほど年下の奥さんとの間に溝が生まれ始めたと言います。
新しい職場で忙しく働く夫と、2人の男の子の子育てに忙しい妻….2人はお互いに自分の忙しさばかりを主張し、ケンカが絶えなくなり、奥さんが子どもに八つ当たりをする姿も多く目にするようになっていったそうです。そして、とうとう1年前に「あなたとの結婚生活は失敗だった。全てやり直したい。」と言われ、まともに話し合う機会も持てないまま、奥さんが一方的に家を出て行ってしまったのだとか……
シングルパパの育児の過酷さまあ、ここまでは最近増えてきた離婚のパターンとしてはよくある話かもしれません。しかし、ちょっと変わっているのが、奥さんが2人の子どもも捨てて出て行ってしまったこと。しかも、「私は子どもを捨てた母親だから。」と、子どもと会うことも一切しなくなり、半年後には新しい男性と同棲を始めたというから、見ず知らずの女性とはいえ怒りが湧きます。なにより、その2人の子ども達の寂しさを思うと、いたたまれない気持ちになるのです。
2人の男の子は今、お父さんとも離れて、遠い地でおじいちゃん、おばあちゃんに育ててもらっているそうです。母親に捨てられ、父親とも一緒に暮らせないなんて、それ以上に悲しいことがあるだろうか、せめて家族が一緒に暮らせるようにすべきではないかと思うのですが、彼は現在の職場ではそれは到底できないと言います。
父子家庭は母子家庭に比べて公的援助が少ない……想像するに、父子家庭への社会の理解はほとんどない、それどころか、父子家庭の存在そのものがまったくと言っていいほど意識されていないのが現状ではないかと思います。実際、母子家庭に比べると父子家庭の数は少ないものの、数にすると約20万世帯は父子家庭です。ところが、行政の経済的な支援は、一般に経済力は男性は女性よりあるという理由から、ほとんどないに等しいのが現状です。
ところが、実際は、父子家庭の平均収入は年間約310万円。母子家庭の160万円に比べると多いとはいえ、一般的家庭の平均収入が500万円であることを考えると、遠く及びません。この理由のひとつには、父子家庭も母子家庭同様、子育てと仕事の両立に苦しんでいることがあると思います。父子家庭、母子家庭に関わらず、親権を持って離婚をすれば子育てと仕事との両立は共通の難題。最近こそやっと企業も女性の子育てと仕事の両立支援に無理解ではいられない風潮になってきたものの、男性に関してはまだまだかけ声止まり。そんな中で、シングルファザーが子どもの病気などで欠勤したり、子育てのために遅くまで勤務できなかったりが続けば、自ずと職場での立場や人間関係に影響があるであろうことは容易に想像ができます。
「男のくせに」という冷たい視線を受け戦力外通知をされたり、やもえず派遣社員に転向せざるをえなくなったり、また、一流企業で安定した立場で働いていたのに、離婚後はそれまでのように働けなくなり退社、その後の就職もうまくいかず一気に生活保護を受ける立場にまで陥ってしまう例もあるそうです。父子家庭のおかれる状況も、母子家庭と同じように壮絶なのです。
父子家庭のためのフレンチトースト基金とはそんなシングルファザーに給付を行っているのが、NPO法人ファザーリングジャパンが設立したフレンチトースト基金(外部リンク)です。映画「クレイマークレイマー」で主人公が慣れない手つきで子どものために最初に作った料理フレンチトーストにちなんで名付けられた名前だそうです。給付は基本的に、子ども1人につき毎月4万円(1年限り)、子どもの誕生月に5万円。誕生日をあたたかい気持ちで迎えられるなんてなんだから素敵ですよね。
ファザーリングジャパンを支援している企業は、三井ホーム株式会社、クリナップ株式会社、株式会社千趣会、株式会社オウケイウェイヴなど、たくさんの企業が名を連ねています。イクメンが流行語になったり、注目を集めている今こそ、シングルファザーへの理解が広がり、多くのシングルファザーやシングルマザーが子育てと仕事の両立ができる社会が実現し、こういった基金が不要になればそれが一番だなあ、と強く思います。



■関連記事
・イクメン・ブームの時代背景
・子供の親権はだれがもつ?離婚後のカップルの深刻な問題
・アメリカで定着している「養子」「里親制度」が日本になじまない理由



http://news.livedoor.com/article/detail/5359325/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








kurotosironotukiさん

映画に詳しい方に質問です。

1ヶ月以内に上映終了するのはなぜでしょうか?

私が観た物だけですが、
・完全なる報復(よく利用する映画館では、3週間の上映)
・幸せの始まりは(よく利用する映画館では、2週間の上映)
・ザ・タウン(たまに行く映画館では、2週間の上映)


見た限り、そんなに悪い映画ではなかったように思うのですが...




ベストアンサーに選ばれた回答

a_k0121さん

映画の感想というのはひとそれぞれで主観的なんですが、映画を観ようとするきっかけや宣伝はマーケティングに基づいて客観的に推測できます。映画業界はマーケティングも進んでいて、観客動員数はかなり正確に的中できます。つまり映画を観終わった観客は作品の内容と観客の数にギャップを感じますが、映画会社は作品の内容に関わらず観客動員を予測して興行予定を立てます。
映画会社が予測するときには、完成作品を観なくても予想は簡単です。誰が主演でどういうテーマでいつ公開するかなどいくつものパラメータを検討するだけで予測はできます。その予測を基に上映館数を決めて、宣伝予算を決めて、公開する期間を決めます。洋画の場合はアメリカの実績があるわけで、特に予測は簡単です。
一ヶ月以内に上映する作品はそれなりの力量しか残念ながら持っていないということです。ただしそれは多くの観客を映画館に呼び込む力がないというだけであって、作品を観た人を感動させたり楽しませたりするという力とは無関係です。
ちなみにお客さんの数で上映期間を短くしたり延長したりという作品は、年間通して2割もないくらいです。ほとんどは延長で、早期打ち切りというのは珍しいです。9割以上の作品はあらかじめ決められた週を消化して上映終了します。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1155856886
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


名ドッグトレーナーも絶賛! BeeTVで犬のドラマを配信スタート
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110221-00000005-piaeiga-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。