スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロボコップ像」実現へ募金続々、デトロイト市長は一蹴も設置なるか。

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大近未来の米デトロイトを舞台に、殉職した警官がロボットとして復活し、悪を倒すために活躍する映画「ロボコップ」。1987年に1作目が公開されて以降、1990年に2作目、1992年に3作目が製作された人気作だが、このロボコップがいま、久々に全米で熱い注目を浴びている。デトロイト市長のツイッターに寄せられた提案が元となり、物語の舞台となった同市で「ロボコップ像」を建てようとする動きが市民の間で盛り上がりを見せているためだ。像を建てるのに必要とされた資金は5万ドル(約420万円)。これを活動の中心となる市民グループがFacebookや公式サイトなどで広く募金を呼び掛けたところ、開始からわずか6日で目標額に到達したそうだ。  

この運動が始まるきっかけとなったのは、マサチューセッツ州ニューイングランドのコンピューター技術者の男性が、デトロイト市長のツイッターに寄せた1つの提案。米紙デトロイト・フリープレスや公式サイトによると、男性は2月7日、「ジョークのつもり」でフィラデルフィアにある「ロッキー像」に対抗して、デトロイトに「ロボコップ像」を作ってみてはとツイートした。「デトロイトにとって最高の大使になる」と勧めるこのツイートを見た市長は即座に反応。しかしその答えは、「『ロボコップ像』を建てる予定は全くないが、提案してくれてありがとう」とにべのないものだった。

ところが、このやり取りを目にしたデトロイト市民のジョン・レナードさんが、提案を本気で実現したいと行動を開始。仲間とグループを作ると、地元の芸術家に「ロボコップ像」の制作依頼をするために必要な資金を集めようと、Facebookや公式サイトを立ち上げて広く呼び掛けを始めた。彼らは3月26日までに5万ドルの募金目標額を設定。目標額に到達したら「約7フィート(約2.1メートル)の像」(公式サイトより)を制作し、ミシガン中央駅前にあるルーズベルト公園を有力候補地に、設置を希望している。

このレナードさんらの募金運動は、2月10日の開始と共に期待以上の注目を集め、寄せられる額も勢いよく上昇。2月14日の時点で「1万1,812ドル(約98万円)」(米紙デトロイト・ニュースより)ものお金を集めると、サンフランシスコのビジネスマンという男性が、15日に目標額の半額に相当する「2万5,000ドル(約210万円)」(デトロイト・フリープレス紙より)を1人で寄付。この後押しもあって、16日の朝の時点で、早々に目標額の5万ドルを突破したそうだ。

サイトでは達成後も募金活動が続けられており、22日現在では約2,200人以上の支援者から6万ドル(約500万円)以上の資金を集めている。運動の成功は、特に地元の芸術家たちの間で支持されているそうで、「ロボコップ像」だけにとどまらず、「ほかのプロジェクトへ広げる大きな機会」と意気込む声も上がっているという。

ただ、一部の市民からは、映画の中でデトロイトが犯罪の多い街として描かれたことから「イメージを傷つける」といった反対の声も。ともかく、市民が準備を整えた運動に市側が協力を示すかも注目されるところで、募金活動が終わる3月26日以降の動きに注目したいところだ。


http://news.livedoor.com/article/detail/5360290/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








tatibanatoyoさん

映画に関する面白い本をご紹介ください
私はこれまで行き当たりばったりに映画を見てきました。
見た映画の記録や感想を残したこともありません。

外国映画カテで、楽しく閲覧・質問・回答をして、
とても勉強になるとともに、自分の至らない点も色々気づきました。
学歴もないので、基本的な教養にかけており、
同じ仕事と家事の往復で数十年生きてきたため、
常識やコミュニケーション技術もピンボケなところがあります。
映画について、自分の考えが人に伝わるようにまとめたり、
映画史上の来歴を知って鑑賞できたら良いなと思います。

こちらのカテでご紹介いただいた橋本勝さんの本を拝見して、
とても啓発されました。
これまで読んでとても勉強になったのは、
『メカスの映画日記』
『00年代+の映画』
などです。
これまで自分が知らない視点の読書体験ができました。
ただ映画を見る以上の、良い老化防止だなと興味が広がっています。

もっと色々な映画の本を読んでみたいと思いますので、
おすすめの本があったら教えてください。
楽しいもの、勉強になるもの、刺激的なもの、
ジャンルは問いません。

皆さんのご教示をお待ちしております。
どうかよろしくお願いいたします。m(_ _)m
補足皆さん有難うございます。ご回答を拝見してハタと気づいたのは、こういう質問はBAを決めることが不可能、ということでした^^;
映画の見方が変わるという町山さん、映画史の佐藤忠男さん、是非本を見つけて読みます。
映画を作る側の生の声にもとても興味があるので、『映像+』、未来世紀ブラジルの製作裏話はまさしく読んでみたい内容です。
一人では見つけられない本ばかりで、質問してよかったです。



ベストアンサーに選ばれた回答

lavigne666さん

町山さんの本はどれも面白いですよ。
映画ネタから政治・時事ネタまでカバーしますが、堅苦しいこともなく分りやすく書かれています。かといって、読者の知能をバカにするような書かれ方もまったくしていません。

映画の見方が分る本
映画関係がいいならコレがベストだと思います。主にアメリカン・ニューシネマについて解説してあります。またとことんふざけた本でかまわないなら、柳下毅一郎さんとの共著、ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判シリーズであらゆる映画をボロカスにけなしています。こちらは言いたい放題で、違う意味でいい本です。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1256049962
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


岡田将生&榮倉奈々、瀬々監督最新作「アントキノイノチ」で初共演
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110222-00000002-eiga-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。