スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の死乗り越え…瑛太、新作は「ワイルド7」

こんにちは、ありがとうございます。


俳優の瑛太(28)が父親の死を乗り越えて新作に臨む。映画「ワイルド7」(公開時期未定)で、1969年~79年に「週刊少年キング」に連載された望月三起也氏の同名漫画が原作。72年にドラマ放送されて以来の実写化となる。大ヒット映画「海猿」シリーズを手掛けた羽住英一郎監督がメガホンを取る。
父親の突然の訃報に「声も掛けられない」(所属事務所の関係者)ほど大きなショックを受けていたという瑛太。当時は別の作品を山形県で撮影していたが、今作は3月下旬にクランクインすることが決まっており、立ち直りに向け徐々に動き始めようとしているようだ。
事務所関係者は「08年の主演映画“銀色のシーズン”でタッグを組み、信頼関係の厚い羽住監督の作品なので以前から並々ならぬ意欲を示していた」と説明した。
「ワイルド7」は「悪を持って悪を制す」という発想の下、筋金入りのワル7人で結成された特別警察隊「ワイルド7」の活躍を描いた物語。配給のワーナー・ブラザーズは「斬新な設定と、スピーディーで意外性に富んだストーリーはいつの時代も色あせない」として、2年前に映画化を企画。1年近い期間を脚本作りに費やし、舞台を現代に替えた。阿部秀司プロデューサーは「往年のファンにも、オリジナルを知らない若い人たちにも満足してもらえる脚本ができた」と自信を見せる。
同作はド派手なバイクアクションが最大の見せ場となることから、出演者は大型二輪免許を保有していることが条件。少年院の脱走常習犯から「ワイルド7」のリーダーとなる主人公の飛葉大陸(ひば・だいろく)を演じる瑛太以外の6人も、免許を持っている役者が起用される。
羽住監督は「伝説の原作をリスペクトしながら、スケールの大きな新しい痛快アクション・エンターテインメントにしたい」と抱負。瑛太に対しては「観客の度肝を抜く強烈なニューヒーローを演じてもらいたい」と期待を寄せている。



http://news.livedoor.com/article/detail/5369426/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








sui_kazun39さん

映画「悪人」を観られた方、単行本は読まれましたか?両方をご覧になられた方、映画と本はどちらが良かったですか?
もちろん、それぞれ醍醐味が違いますが。。よく映画は良かったのに、原作読んだらがっかりしたとかいう事ありますよね。
その逆もまた然り…です。。感想聞かせて貰えると嬉しいです。





ベストアンサーに選ばれた回答

rmgbc608さん

先に映画を観てから良かったので原作も読みました
原作にがっかりは全くなかったですが
映画の妻夫木さんの演技がすごかったので
どちらか決めるとなると映画の方が好きかも・・・・

確かに最近の映画やドラマは原作に無い設定があったり、登場人物がいたりで
原作の名前だけ借りてる?違う話?みたいなのが多いですよね
(特にドラマに多い気がする・・・)

でも「悪人」は脚本に原作者も参加していますので
少し描写の違う点はあっても話の筋は同じなので安心して読めました

友達に借りて読んだので記憶もあいまいなんですが
原作の方は祐一の視点からの展開が少ない感じで
光代からや佳乃から見た祐一って感じに描かれてた気がします

でも原作もオモシロかったです
期待は裏切らないと思いますんでぜひ読んでみて下さい


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1055869905
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


福山雅治 ドラえもん&しずかちゃんとコラボ熱唱♪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110225-00000048-spn-ent


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。