スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マクロスF』のWヒロインフィギュア、海洋堂の製作で特別付録に!月刊ホビージャパンで2か月連続!

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大並べて飾ってみてもいいかも!?-シェリル・ノームとランカ・リーのフィギュア(C) 2009 ビックウエスト / 劇場版マクロスF製作委員会 映画『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』の公開を記念して、ヒロインのシェリル・ノームとランカ・リーのフィギュアが、2か月連続で総合ホビー誌「月刊ホビージャパン」の特別付録になることが明らかになった。海洋堂がフィギュア製造を務めているだけあって、そのクオリティーは折り紙付きだ。
 同誌の2か月連続特別付録「デカルチャーフィギュア」第1弾は、3月25日発売の5月号に付属するシェリル・ノーム。前編となる『劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~』オープニングの白黒うさぎのイメージをモチーフに榎木ともひでが原型制作を担当しており、全高約10センチの大きさでありながら、キワドイ服装や胸元の三日月ペンダントなど、特徴が凝縮されたファンも納得の出来栄えだ。5月号は誌上でも『マクロスF』の特集を組んでおり、まさにファンは必携といえそうだ。
 一方でもう1人のヒロイン、ランカ・リーのフィギュアは翌月の4月25日発売の同誌6月号に付属。チャイナドレス風の娘々スタイルとなっており、シェリルとはまったく異なる作中の雰囲気を見事に再現している。それでいながらクオリティーは負けておらず、ディテールにいたるまで楽しむことができる。
 作中で主人公の早乙女アルトはシェリルとランカの間で揺れ動くこととなるが、それはこのフィギュアを目にしたファンが味わうのと同じような気持ちなのかも。もっとも、ファンならためらうことなく2か月連続で買うことは間違いなし。劇場版ではテレビシリーズとはまったく異なる結末が付けられていることでも話題になっているが、主人公が最後にどちらを選ぶのかは、ぜひ劇場で確かめてほしい。
映画『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』は現在公開中
【関連情報】
・雑誌「月刊ホビージャパン」オフィシャルサイト
・映画『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』写真ギャラリー
・『マクロスF』デュランダルバルキリーのプラモデルが早くも登場!デザインはもちろん河森正治!
・『マクロスF 』天神英貴画集が発売決定!描き下ろしも収録!バルキリーの勇姿を見よ!
・中川翔子、ディズニー50作目のヒロインに大変身!念願かなって「ビッグバンハピネス」と喜び大爆発!!



http://news.livedoor.com/article/detail/5384612/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








yuki7lecter888さん

映画「シックス・センス」をよく
どんでん返しとか、ラストでびっくりという方が
いますが、皆さんそうですか?
自分はあまりにもCMなど宣伝でやっていたので
ハーレー君が霊が見える能力を持っていて
題名もシックス・センス→第六感まんまなのだと思い

冒頭でブルース・ウィルスの事故があり、その後
ハーレー君の前に現れた段階で死んでいる?と感じました。
ハーレー君の避けるような話し方でも感じました。

映画自体は面白く観たのですが、このカテでよくラストでびっくりと
聞くので質問しました。

同じ方はいますか?

中傷などのご意見は止めて下さい。
補足回答有難うございます。個人的にこの映画はラストびっくりではなく
(最初から解ったうえで納得なので)いつも霊に怯えるだけの少年と
精神科医として理解してあげられなかった患者を持った医師が
互いを信頼し、怯えるのではなく何を伝えたいか知る事、母親に
変な目で見られないため避けてしまわない事、霊への知識が付いた
少年が今度は医師が死んでいる事を伝え成仏してくれる事を願うなど
そういう意味で良い作品だと思ったのです。



ベストアンサーに選ばれた回答

handsamv9さん

映画の「文法」でいけば、あのオープニングの出来事でラストは
導けるはずなので、あなたは普通だし、補足のあなたの読み方は
正解に近いと思います(もちろん、映画は観客の数だけ回答が
あるので「本当の正解」はありません)。

あの映画で大事なのは最後のツイストではなく、シャマラン映画での
普遍のテーマ(というか、彼自身が人生で一番大事だと思っていること)
である、「人間は誰でも、この世界に対して役目がある」だと思います。

医師は彼を導くための役目があったし、少年は医師との出会いで、
自らの役目を悟るわけです。そういう話なので、最後のオチは蛇足とも
いえます(私は正直いらん、と思いました)。

個人的には、二人が本当に分かれる場面(学芸会の後)で、少年が
医師に向かって言う、「また出会えるような「さよなら」をしよう」という
台詞が凄く好きです(うろ覚えなので微妙に違ってるかも)。

少年はもう出会えないこと=医師が真実を知ることになる、を
悟っているからこそ言うのだし、医師は彼がもう自分がいなくても
頑張っていけることを確信している。
ああ、上手いなぁ、と思ったのを覚えてます。

その後で、母と祖母の「和解」があるわけで、ここで少年の成長を
きちんと見せてる。多分、シャマラン一世一代(笑)の名脚本では
ないかと思います。

ここで描いている人の機微が、これ以降の作品では無くなっちゃったのは
本当に残念ですね。いや、シャマランの映画は自主映画みたいで
好きなんですけど。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1056600965
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<タワーレコード>「ワンピース」「トリコ」劇場公開記念でキャンペーン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110303-00000011-mantan-ent


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。