スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイレーツの新キャストコンビ、サム・クラフリンとアストリッド・ベルジェ=フリスベの来日も中止に

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』のスペシャルイベントのために、宣教師フィリップ役のサム・クラフリン、人魚シリーナ役のアストリッド・ベルジェ=フリスベが来日の予定であったが、震災の影響で中止となった。

 これまでのシリーズで、オーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイ、つまりウィルとエリザベスのストーリーが完結。新しい物語の中で、2人は、その枠を担うべき存在である。

 本作は、100日以上の期間をかけて、ふたつのレンズを使った正真正銘の3D撮影でつくられている。映像のチェックも3Dメガネをかけておこなったようだ。以前にも増した迫力映像に、新しいキャラクターを加えた新作の映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』は、5月20日から全国で公開予定となっている。


http://news.livedoor.com/article/detail/5423096/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








kankea0607さん

映画「悪人」の映画と小説の話の展開の違いについて。
映画「悪人」で、祐一と光代がホテルでHした後から、二人が再会するまでの話の流れが、映画と小説で大きく違うと思うのですが、なぜ映画では、このような話の展開になったと思いますか?

【映画】
①Hが終わった後、光代に金を渡す。戸惑いながらも光代は受け取る。
②ホテルを出てすぐに別れる。光代は悲しくなりひっそり泣く。祐一は後悔する。
③翌日、祐一は光代の職場に行き、謝る。

【小説】
①Hが終わった後、二人で食事をする。で、普通に別れる。
②夜、長電話で盛り上がる。
③翌日、祐一は光代に会いたくて、いてもたってもいられなくなり、職場へ行く。


小説の展開は、ごく普通のあっさりした流れで、映画の展開は、感情に波風が立つ気がするのですが、映画では、なぜこのような展開になったと思いますか?

映画を観た時、祐一はなぜ金なんか払ったんだろうと思ったのですが、見た後に読んだ小説の方では、そのような描写がなく、不思議に思いました。

明確な回答はないと思うので、思った事で結構です。




ベストアンサーに選ばれた回答


simanoyuuyakeさん


僕は小説を純愛物語みたいに読んだのですが、映画ではちょっと違う風に思いました。原作者によると、他の作品の映画化の際は一切関与しなかったのが、悪人では映画も一緒に作ったような気持ちだそうです。それだけ力が入っていたようなのですが、僕には映画より小説(新聞連載時しか読んでませんが)の方が印象深かったように思いました。具体的な違いは気がつきませんでしたが、内容もずいぶん変わっていたのですね。
で、映画で金を払わせた意図ですが、祐一の性格ずけとして、お金を払わなければHをしてもらえないと自分の事を卑下していた。お金を払う=相手を買う=相手を商品としてみる という風には考えず、感謝をお金でしか表現できなかった。というのはどうでしょうか。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1457356899
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


パール・ジャム新作に着手 結成20周年プロジェクトも明らかに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000010-lisn-musi


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。