スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

123:記録を残すことの効用

こんにちは、ありがとうございます。


「クローバーフィールド」という映画がある。
全編、キャストによるハンディカム越しの映像(という設定)で、当事者の視点のみで物語が進行する。時系列の逆戻りは許されず、後日談の形での解説も付されていないため、一本のタイムラインを淡々と(途中で何カ所か途切れつつ)最初から最後まで流れていく。
何が起こったのかについての理解はキャストとほぼ同じ程度にしか得られないために、感情移入せずにおれない。RPGのような臨場感が生じる。
この映画のポイントは、そうした主観に徹しているということもさることながら、記録したものしか振り返ることができない、という厳然とした現実を突きつけているところにある。
さすがに一本のタイムラインではストーリーが把握できないために、古いテープに重ね撮りをしたという設定になっており、ところどころ映像が途切れるところで、過去の撮影映像が数秒間流れる。この数秒間でもって、キャストたちがどのような過去を送ってきたのかを垣間見ることができる。
この巧妙な仕掛けによって、鑑賞者はキャストたちの意識によりいっそう近づくことができる。つまり、カメラ越しに彼らが直面している現実を疑似体験できるのに加えて、過去の映像が所々で挿入される──あくまでも偶然を装って──ことでそれまでのキャスト同士の人間関係や伏線が共有される。
さらに、映画として成立させるために意図的に映像が途切れている箇所もある。この記録の欠落があるために、鑑賞者による類推や憶測による補完が行われる。この補完の負荷がこの映画のカタルシスにつながっているように思える。
これは、仕事をしているときに、割り込み作業が入り、それを何とかやり仰せた後に「どれぐらい時間を食ったのだろうか?」と疑問に感じる時の感覚に近い。いわゆる「もやもや」である。
記憶が残っていれば、この「もやもや」を解消することができ、気持ちを新たに次の一歩を進めることができる。
「クローバーフィールド」はこの「もやもや」を意図的に鑑賞者の頭の中につくり出すことによって、これを何とか解消したい、という欲求を喚起している。その結果、「もっと知りたい」という次の欲求を引き出し、映画にのめり込ませることに成功している。
仕事で成果を上げたければ、早急にいま直面している仕事の「もやもや」を特定し、これを解消するための最初の行動に取りかかること。そのためには記録が不可欠となる。
つまり、仕事の成果と記録との間には因果の関係が横たわっている。

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]posted withカエレバマット・リーヴス パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2008-09-05Amazon楽天市場Yahooオークション
あすなろBLOG



http://news.livedoor.com/article/detail/5427636/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








hozuki029さん

ごくせんの映画と松本潤

ごくせんの映画を見ていたのですが、過去のメインキャラクターの内、松本潤だけが不自然に出演しなかったのにはなにか理由があるのでしょうか?




ベストアンサーに選ばれた回答


secondtreeearthさん


一応ドラマ設定では沢田はアフリカに卒業後に渡ったらしくそのためだとは思うんですが多分松潤自身忙しかったからだと思います


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1258004167
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<沖縄国際
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000000-mantan-ent


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。