スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェームズ・フランコ『オズの魔法使』前日譚でオズ役に決定 サム・ライミ監督とは『スパイダーマン』以来のタッグ

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大オズはジェームズ・フランコに 第83回アカデミー賞で司会を務め、自身も主演男優賞にノミネートされたジェームズ・フランコが、新作映画『オズ、ザ・グレート・アンド・パワフル(原題)/ Oz, the Great and Powerful』で魔法使いオズを演じることをウォルト・ディズニー・ピクチャーズが発表した。映画『ブラック・スワン』のミラ・クニスも出演することも同時に明かされ、今が旬の若手俳優の共演が実現することとなった。
 ジェームズは、ダニー・ボイル監督の新作映画『127時間』で第83回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた今注目の若手俳優。惜しくも受賞は逃したものの、授賞式ではアン・ハサウェイと共に司会を務め、会場をわかせた。ジェームズが演じる魔法使いオズの候補には、ロバート・ダウニー・Jrやジョニー・デップといったビッグネームも挙がっていた。
 また、ジェームズと共演する魔女役には、ナタリー・ポートマン主演の映画『ブラック・スワン』でゴールデン・グローブ賞助演女優賞にノミネートされたミラ・クニスが選ばれた。ミラとジェームズは、2010年の映画『デート&ナイト』でも共演しており、コンビネーションは抜群。両者とも、ハリウッドの注目を集めている若手俳優だけに、本作が話題になることは間違いなさそうだ。
 本作は、ジュディ・ガーランドが主演した映画『オズの魔法使』の前日譚で、前作では偉大な魔法使いとして登場したオズの若き日を描いた作品になる予定だ。映画『スパイダーマン』シリーズでもジェームズとタッグを組んだサム・ライミ監督が監督を務める。
【関連情報】
・ジェームズ・フランコ主演の映画『127時間』場面写真
・ジョニー・デップが魔法使いオズに!?ディズニーが新作『オズの魔法使』で交渉中!
・『オズの魔法使』の前日譚はやっぱりダウニー・Jrがオズを演じる?製作は3Dに正式決定!
・『スパイダーマン』降板のサム・ライミ監督、ディズニーの『オズの魔法使』の前章でメガホンを取る?
・ジェームズ・フランコ、オスカーの舞台裏でアン・ハサウェイやプロデューサーと衝突?【第83回アカデミー賞】



http://news.livedoor.com/article/detail/5445123/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








savior_christ_the_virgin_maryさん

映画について質問です。

洋画で何かオススメの映画はありませんでしょうか?
特に、、

①・(人を欺く心理的な映画。)


②(二転三転する展開のストーリー。)


③(西部劇)

④(人間味が溢れるが、あまりコテコテな展開じゃない映画。恋愛映画はNG)


本当にザックリしてますがこの4つの中で1つでも当てはまる面白い洋画を、沢山、映画をご覧になられている方、ご回答お願いします。


なるべく沢山のタイトルを教えてください。(洋画のみで。)


あと、有名な映画は大体見たので、あまり有名じゃないけど、発売されている映画でお願い致します。


長文ですみませんが、ご回答お願いします!




ベストアンサーに選ばれた回答


cassavetesfacesさん


まず①
「ジェット・ローラーコースター」
ジェットコースターに爆弾を仕掛け破壊し金を要求する爆弾犯との絶妙な攻防。
なかなかの観ごたえありです。

「サブウェイ・パニック」
乗客と引きかに100万ドルを要求する地下鉄ハイジャック犯との絶妙な攻防。
かなりの観ごたえありです。


これは上2つも当てはまるけどもう一つ、有名だけど
「タワーリング・インフェルノ」
超高層ビルが火事に・・・閉じ込められた人たちの救出やパニックなど状況が変わるたびに消火方法、救出方法が変わっていきます。
今までの3つは70年代のパニック映画ブームの時に作られた映画です。
①の2本はパニック映画とはちょっと違うけど日本ではそう扱われていたらしいです。(リアルタイムで知っているわけじゃないですが)


有名なのは見てるとのことでジョン・フォード、セルジオ・レオーネ、ハワード・ホークス、サム・ペキンパーなどの西部劇は除きます。
そこで
「銃撃」
ウォーレン・オーツ(役名失念)が働いていた鉱山に帰ってくると様子がおかしい、仲間の一人が殺され、弟は逃げ出している。
一人残っていた仲間に人違いで危うく殺されそうになる、その仲間に事情を聴くと弟と殺された仲間が馬で2人(子供もいた)を引き殺して逃げてきたとの事、その復讐に仲間が殺され弟は逃げていると思いおびえている残っていた仲間、そこに一人の女性が・・・
西部劇にしてはちょっと難解な脚本にカルトファンがいる作品(私も)。


「息もできない」
最近の韓国映画です、かなり強烈に心をえぐられます。
ちょっと過激なので他のをもう1本
「ライフ・イズ・ミラクル」
人間味溢れるかどうかは解らないけど、割と最近の作品で暗くなく印象に残っている作品です。
物語自体は暗くなってもおかしくないが、演出でそれを変えている、さすがクストリッツァです。
この監督の他の作品もお薦めです。
これ気に入ったら見てください。
ちなみに私の一番のお気に入りは「パパは出張中」。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1158368946
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ジェームズ・フランコ『オズの魔法使』前日譚でオズ役に決定 サム・ライミ監督とは『スパイダーマン』以来のタッグ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110328-00000003-flix-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。