スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『となりのトトロ』をディズニーがリメイク!?「新機動戦記ガンダムW」がハリウッド実写化!?…4月1日の衝撃ネタの真相

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大偽トトロのネタ元となった、Japan Cinemaのサイト「だまされてくれてありがとう!」by編集部 1日、映画『となりのトトロ』をディズニー・ピクサーがリメイクし、さらに同日、アニメ「新機動戦記ガンダム」が実写化されるという衝撃的なニュースが、インターネット上で飛び交った。
 中でも一番、日本のファンを驚かせたのは、映画『となりのトトロ』が、映画『トイ・ストーリー』でおなじみのディズニー・ピクサーによってリメイクされ、クリスマスに公開されるというニュース。これはアメリカのジャパンシネマというサイトから配信されたニュースで、サイトではピクサー版の“新トトロ”の姿も掲載された。この新トトロ、オリジナル版のトトロと比べると、妙にリアルな上に目つきも悪い……ネットでは、このニュースに「うそだろ……」「やめてくれ、ピクサー」など、トトロのあまりの変わりようにショックを受けた人が多数ツイッターにつぶやいたりと大騒ぎとなった。
 またアメリカのアニメサイト、マンガマーケットでは、五人の少年たちが活躍するストーリーで、最初にアメリカで放送された人気シリーズ「新機動戦記ガンダム」が、ヒイロ・ユイ役をザック・エフロン、デュオ・マックスウェル役をダニエル・ラドクリフなど人気若手俳優たちにより実写化されるというニュースが発信された。
 この2本のリメイクニュース、もしも実現されたら、どんな映画になるのか想像もつかないが、どうやら公開されるということはなさそうだ。というのも、二つともエイプリルフールのジョークとして出された恒例の“ウソ”ネタ。エイプリルフールだとは思わずに、すっかりだまされてディズニーや、ガンダムシリーズのプロダクションに問い合わせてしまったメディアもいるほどよくできたニュースだった。偽トトロのネタ元となった、Japan Cinema に問い合わせると「ふと思いついて、作ったページが日本でこんな反響を呼ぶなんて思わなかったよ! だまされてくれてありがとう!」と編集部から喜びの声が上がった。 
 ほかにも、“映画『スター・ウォーズ』シリーズのライトセーバー型アイスキャンディがおもちゃになって発売”など、真っ赤なうそが飛び交ったインターネット。だが、『となりのトトロ』も、「新機動戦記ガンダム」も、どちらも本国で人気があるからこそネタになっており、日本のファンにとってはちょっとうれしいジョークでもある。来年はどんなウソが飛び出るのか、いまから楽しみだ。(編集部:森田真帆)
【関連情報】
・日本に激震を与えた、偽トトロニュースのネタ元「japan cinema」
・機動戦士ガンダムも「ガンバレ日本」!モビルスーツのデザイナーが描き下ろしイラストでエール
・ジブリの傑作『紅の豚』が作品の舞台イタリアでようやく上映!小規模公開ながら大健闘!
・カーネギーホールで宮崎駿監督の「やどさがし」「水グモもんもん」が上映!海外初お披露目!
・トトロ「サツキとメイの家」ジブリが監修!150分の1のこだわり!



http://news.livedoor.com/article/detail/5466604/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








bananananaxxxさん

映画明日のジョーで山Pが主演ですがKAT-TUNの上田くんはボクシングやってるし上田くんじゃだめだったんですか?
山Pもちろんかっこいいですけど、上田くんがボクシングやってるとこ見たことないので見てみたかったです。
それと上田くんはもっと人気出て欲しくないですか?




ベストアンサーに選ばれた回答


sobagontaさん


上田くんにはもちろんもっと人気が出て欲しいですが、いきなり映画主演の話はこないと思います。
映画は制作費がすごくかかるし赤字をだすわけにはいかないので、主役にはやはり「人気と知名度がある人」を起用するわけです。
映画を作る際のスポンサーも映画館に人を呼べそうなキャストでないと、お金を出したがらないと思います。
上田くんはKAT-TUNのファンには人気がありますが、現時点では一般の方はほとんど知らないような状態です。
今後、上田くんの魅力が一般の方にも知れ渡るようになれば、映画で主役のお話がくるかもしれませんが、現時点では一般人が知っている亀梨くんですら映画主演をまだやっていないので、上田くんにいきなり映画主演の話がくるとは思えません。
ドラマ主演よりも映画主演のほうがハードルが高いのです。
映画はわざわざお金を払って映画館まで見にきてくれる人が大勢いないと成り立ちませんので、ボクシングができればいいということが問題ではなく、映画館に客を呼べる主役かどうかが問題なのだと思います。
もちろん、文芸作品みたいな映画とか無名の新人を起用したりする場合もあるかもしれませんが「あしたのジョー」はあきらかにマンガが原作の娯楽作品であり、映画館に人を呼べそうな人気のある俳優やアイドルを使うことがすでに条件として作られていたと思います。
なので、ジャニーズファン以外からも人気の高い山下くんだったのではないかと思います。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1258983012
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


GOING UNDER GROUND、中村蒼主演最新作の主題歌に決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000001-eiga-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。