スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKIRA、大河ドラマ初出演に決意新た 「EXILEの鎧捨てゼロから勝負」

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大上野樹里演じる江の2番目の夫・羽柴(豊臣)秀勝役を演じるEXILEのAKIRA 現在放送中のNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』(総合 日曜 後8:00~)で、主演の上野樹里演じる江の2番目の夫・羽柴(豊臣)秀勝役を演じるEXILEのパフォーマーで俳優のAKIRAが、このほどインタビューに応じた。「EXILEという鎧を捨てて、ゼロからの勝負と思ってる」と役者魂を燃やすAKIRAは「芝居歴が浅いので、自分なりに初々しく、等身大の姿を出せたら、化学反応に繋がるかなと思ってる」と、初の大河作品への思いを語る。

AKIRA演じる豊臣秀勝の扮装姿別ショット

 EXILEのパフォーマーとしての顔以外に、主演映画『ちゃんと伝える』(2009年公開)で日本映画批評家大賞新人賞を受賞するなど俳優としても評価の高いAKIRAは、新境地開拓に気合十分だ。「グループとしても本物志向を目指して、誠実に頑張ってる」と、自身のスタイルを語るAKIRAにとって、大河ドラマは「俳優なら誰もが憧れる、“本物”が集まる場所。背筋がピッと伸びる」と自ら表現するように、まさに理想郷。実在する人物を演じるにあたり「失礼のないように、誠実に全うすれば、秀勝さんも喜んでくれるかなと思い、挑んでる」と真摯に向き合っている。

 AKIRA演じる秀勝は、豊臣秀吉(岸谷五朗)の姉・とも(阿知波悟美)の子で、秀吉の養子。母・市を亡くして秀吉の人質となった浅井三姉妹のもとに、歯に衣着せぬ物言いの快男児として現れ、江の初恋の相手にして夫となるキーパーソンだ。

 脚本家・田渕久美子氏が描く秀勝像を「真っ直ぐで豪快。兄貴肌の一面がある」と分析するAKIRAは「自分とリンクするのは、ちょっと天然気質なところ。真っ直ぐな想いでぶつかって、怒られてしまう場面とかは、共感しますね」。ゆえに「感情のやりとりは重要だと思ってる。秀勝ならどう考えるかな…とか」と常に秀勝像とは真剣勝負だ。

 秀勝の衣装は、黒を基調に、ポイントとして赤をあしらったデザイン。江の心にとまる男を表現するために“織田信長の再来”を感じさせる仕上がりとなっている。これを身にまとうAKIRAは「江にとって、心の拠り所になる立場になりたいと思ってる。江を真っ直ぐ受け止める夫でいたいし、江を温かく包んで、同じ目線で支えたい」と使命感を口にする。

 EXILEのリーダー・HIROからは「来たね! AKIRAなりの本物感で行ってくれ」と声をかけられたといい「他の13人の責任も背負わないといけない」と気を引き締める。また豊川悦司が好演した信長から「衝撃、刺激を受けた」と躍動感溢れる口調で語り「役者を今後何十年も頑張って、いずれは信長をやらせてもらいたい」と、大きな目標も明かした。

江との結婚後、朝鮮出兵(文禄の役)に従軍し、戦地にて病死する運命をたどる秀勝の生き様を演じるAKIRA。「1シーン1シーン、勉強になるし、刺激になってます。等身大のまま演じて、ぶつかっていきたいですね」と意気込みながらも、「僕、江みたいな気の強い女性って大好きなんです。惹かれるし、胸がキュンってなる」と陽気に笑うその表情は、自信に満ち溢れていた。

 AKIRA演じる秀勝は、第17回「家康の花嫁」(5月8日放送)から登場する。


■関連記事
・上野江最初の夫・平岳大、注目は「夫婦の感情ドラマ」(11年04月06日)
・大河ドラマ『江』、毎週金曜日は女子会に(11年02月26日)
・江の2番目の夫・豊臣秀勝役にEXILE・AKIRA(11年02月04日)
・大河ドラマ主役の福山雅治&上野樹里がバトンタッチ(10年11月23日)



http://news.livedoor.com/article/detail/5480233/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








jugemunogokouさん

何故、中国映画についての質問や感想がないのですか?
いい映画ガ随分ありましたよね?

先日、BSで「初恋の来る道」見ました、チャン・ツイイーが、
まだ初々しくてあの頃の中国、随分いい映画あったなぁ!
と思ったのですが、中国映画のファンはいらっしゃいませんか?




ベストアンサーに選ばれた回答


cream_1980_japanさん


中国映画ファンも勿論いるだろうし
中国映画ファンだから「自己完結しがち」なんて事もないでしょう。
ようくチェックすれば中国映画の質問も沢山あります。

ただ、しばらく「YAHOO知恵袋」を利用してみて分かった事は
コアな映画ファンよりも、にわか映画ファンや、
映画館で映画を見る人よりも、テレビで映画を見た人の質問が多いと言う事には気づきました。
大ヒットしている映画の質問は大してないのに
昨日放送した映画の質問は次の日大量に発生します。

これは「映画の見方」が影響していると思います。
映画を「映画館で見る人」ってお金を払う分、ある程度気合いを入れてみる、と思いませんか?(お金を出しているんだから、何がなんでも理解してやる!って映画に集中している)
しかし「テレビで映画を見る人」ってどうしても「『ながら』で見る」ことになりがちですよね?(ただの放送だから、食器を洗いながら、とか、携帯チェックしながら、とか)
なのでどうしても物語をちゃんと追えてない、って事があると思います。
つまり「あの映画ってなんで、あんな展開になったんですか?」とかっていう基本的な質問が出てきちゃうと思います。

それに
中国映画は基本的に「公開館数」が少ないです。
なので実態として「見ている人」が少ないです。
「見る機会」が少なければ「疑問符」を抱く人が少ない。
と言う事になり、質問の量は必然的に少なくなるでしょう。
私は、個人的に中国映画が好きですよ。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1359864223
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


AKIRA、大河ドラマ初出演に決意新た 「EXILEの鎧捨てゼロから勝負」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110409-00000301-oric-ent


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。