スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『八日目の蝉』成島出監督がロケ地・小豆島を訪問、島民たちの協力に感謝

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大成島出監督テレビドラマにもなり話題を呼んだ角田光代の「八日目の蝉」。この人気小説を井上真央、永作博美の共演で映画化した同名映画の先行上映会が、4月9日に香川県小豆島の中央公民館で行われ、成島出監督が舞台挨拶を行った。

・[動画]『八日目の蝉』永作博美トークショー
・『八日目の蝉』作品紹介

不倫相手の子を妊娠するも堕胎した女性・希和子(永作博美)が、不倫相手と本妻との間に生まれた生後間もない女児を誘拐。希和子の逃避行と、数奇な運命を背負った女児の成長後の葛藤を描いた力強い作品だ。

小豆島は幼子を連れた希和子の逃亡先のひとつとして登場。まるで実の母子のような絆で結ばれた2人の、短くも平穏な日々の舞台となっている。劇中では、のべ200人もの島民もエキストラで出演。また、6年前まで行われていた、竹で作った火手(ほて)というたいまつを手に道を練り歩く豊作祈願の祭り「中山の虫送り」も再現し重要なシーンとして登場させるなど、島民の全面的な協力で映画が完成した。

舞台挨拶で成島監督は、「全キャスト、全スタッフを代表してお礼を申し上げる。こんなに気持ちよく撮影させていただいたのは、小豆島が初めてで、本当に幸せだった。この映画を見て、1人でも多く、この美しい島を訪れてもらい、恩返しがしたい」と島の人々への感謝を語った。

その後、開かれた会見でも、成島監督は小豆島の人々を絶賛。「小豆島の方々は安請け合いはしないが、一度わかったというと全力で協力してくれる。今の民主党や政治家にも見てほしい」と話していた。

映画については「(井上真央が演じる)恵理菜の感じる居場所の無さ、希和子が犯罪者になっていく心理は、現在の日本で多くの方が感じていること」と説明。「この映画を見て、少しでも傷んだ心が癒されてくれれば」と語っていた。

『八日目の蝉』は4月29日より全国公開される。

【関連記事】
・真剣に聞いていたのに…オチはエロの三池崇史監督に永作博美が呆れ顔
・永作博美「台本を読み、避けては通れない役だと思った」と出演の経緯を語る
・[動画]『八日目の蝉』 完成会見
・休養中の中島美嘉が映画『八日目の蝉』主題歌で活動再開!
・[動画]『八日目の蝉』予告編
・映画情報が盛りだくさん、ムビコレ!







http://news.livedoor.com/article/detail/5483012/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








ri_liteさん

日本映画は何故ここまで廃れたのでしょう?
まぁ
日本映画に限ったことではないかもしれませんが、(ヨーロッパ映画とかも)

TV普及以降(’60年代半ば?)、ともかくアメリカ映画以外は
映画の傑作って、それこそ各国に1年に一本とかの割合でしか生まれてないと思いませんか?

で、新作といえば(派手なだけでくだらない)アメリカ(ハリウッド)映画ばかりが注目され

同時に、(古いけど)(すばらしい)(自国の先人がつくった)日本映画が見向きもされなくなっています。(←皆様のご近所のレンタル屋さんの棚はどうですか?)

果たして、こんな事で良いのでしょうか?

日本の、映画ファンの方々(皆様は新旧合わせて、日本映画って観てますか?また、たとえば’50年代、’60年代の各国の映画と比較して、当時の日本映画のレベルをどう位置づけられていますか?)にお聞きします。

ご意見お聞かせください。
よろしくお願いします。




ベストアンサーに選ばれた回答


tatibanatoyoさん


50年代、60年代の日本映画は、海外と伍する実力を持っていた、
と思います。
たとえそれが娯楽作であっても、なんら遜色ない完成度を感じます。
チャンバラ、任侠、サラリーマン、女性映画、など、
プログラムピクチャーと言われるような映画が山のようにありますが、
今見ると、正直この頃のどんな大予算の映画より、
ずっと「映画の顔」を持っています。

映画の事情に何も知識はないですが、一観客として感じるところは、
日本映画界が1970年代ころに、決定的に大事な何かを失った、
ということです。
それは多分映画会社であるとか、プロデューサーであるとか、
映画をつくるシステム全体で、根本的に一度崩壊したように感じています。

映画を作るというのは、スタッフ総ての職人としての総合力だと思いますが、
そういう職人の技を伝える糸が、ばっさり一度切れてしまったように思えて仕方ないです。

今映画を作っている人たちに才能も意欲もあるのに、
それが映画という形にならない、どうしようもない欠落を感じます。
その欠落が何なのか具体的に述べる力が私にはありませんが。

また実際日本映画がそれなりに商業的に成り立っているのだから、
映画らしいとからしくないとかどうでもいいじゃないか、
ちゃんと観客を楽しませているのだから、
と言われると、どう答えれば良いのかも分かりません。
自分の価値観を持て余して、途方にくれてしまいます。

ただ確からしいのは、50年、60年、もっと前の映画が、
今も面白く魅力的に輝いているけれども、
現在のヒット作といわれる映画が、果たして50年、60年、もっと先にも、
まだ面白く魅力的で輝いているのか、とても心もとないということです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1458774659
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<赤塚不二夫>名キャラ夢の競演を往年の声優で実現
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110412-00000002-mantan-ent


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。