スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画館のない街・原宿に「原宿シネマ」誕生!第1回館長はキャンドル・ジュン!収益の一部を義援金として寄付

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大第1回館長を務めるCandle JUNE 映画館が存在しない街・原宿で、新たに開催される定期上映イベント「原宿シネマ」が、5月3日よりスタートすることが明らかになった。「原宿シネマ」は毎回、時代の先端を行く旬な人物を館長に迎え、館長がセレクトした作品の上映やトーク、音楽ライブなどを融合させたイベント。第1回目の館長には、女優・広末涼子の夫で、反原発活動を積極的に行っていることが最近話題となったCandle JUNE(キャンドル・ジュン)に決定した。
 裏原宿にあるフリースペース「VACANT」を運営する「NO IDEA」と、映画配給会社スタイルジャムとのコラボレーションによって誕生した新イベント「原宿シネマ」。“人生に衝撃を与えた1本”をコンセプトに、館長が選んだおすすめの1本を上映する。また映画の上映だけでなく、館長のトークや音楽ライブ、アート作品も体感できる催しとなっている。
 第1回目の館長には、東日本大震災の支援プロジェクト「LOVE FOR NIPPON」を立ち上げ、被災地に自ら足を運び復興支援活動を行っているCandle JUNEを迎える。 “旅を感じる映画たち”と題してCandle JUNEが選んだ1本は、映画『イントゥ・ザ・ワイルド』。監督・脚本・製作をショーン・ペンが務めたロード・ムービーだ。
 すべてを捨てヒッチハイクでアメリカを横断し、最後はアラスカの奥地へ一人で分け入る本作の主人公に共感するというCandle JUNE。彼も争いのあった地を巡りキャンドルで火を灯す旅を続けているだけに、自身と重なる部分があるのだろう。そんなCandle JUNEが館長を務める本イベントでは、収益の一部を東日本大震災の義援金として寄付することを発表。平和とは何かを参加者へ問い掛ける一面も持つイベントとなりそうだ。(編集部・小松芙未)
第1回「原宿シネマ」は5月3日、「VACANT」にて開催
【関連情報】
・「原宿シネマ」オフィシャルサイト
・反原発のキャンドル・ジュン、意外な言葉「原発を推進した人を責めないでください」東京電力の職員を思いやる
・反原発のキャンドル・ジュン、被災地と東京を往復「福島県の原発周辺の被災者に支援を」呼びかける
・日本で毎年行われるフランス映画祭が6月に開催決定!ジェーン・バーキンがイラスト入りの直筆メッセージ「気をつけて」
・「東京ごはん映画祭」今年も開催決定!期間拡大でスケールアップ!



http://news.livedoor.com/article/detail/5505364/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








haruna1957さん

スペクタクル映画とその元のお話。
スペクタクル映画は1950-60年代がどうも全盛だったようで史劇に持ちづいた映画がたくさん作られています。「十戒」「ヴァイキング」「サムソンとデリラ」「スパルタカス」「ロムルスとレムス」「天地創造」「クレオパトラ」などですね。近年では「グラジエーター」「ロードオブザ・リング」「トロイ」などですが。個人的には昔の特撮のほうが好きです。
さてこれとは別に戦争映画で「戦争と平和」「ヨーロッパの開放」「とらとらとら」「パールハーバー」がありますが、娯楽映画として派閥に文句はありませんが許せないのは「パールハーバー」の上空を飛ぶみどり迷彩の零戦22型・52型、と「トロイ」後半です。インスピレーションの作り話は若手いますが「パールハーバー」の零戦は21型で迷彩なし。このくらいは常識なので色を塗り替えるだけですから史実というなら監督がいくら迷彩好みでもやって欲しかったですね。30年以上前の「とらとらとら」のほうが出来がいいなんて。
「トロイ」スペクタクル古代戦争映画で考えれば問題ないですが、あまりにもイリアスとストーリーが違いこれが「トロイア戦争」と誤解する人がほとんどでしょう。もう少しなんとかならなかったかなと思います。
1950年代の映画も似たり寄ったりでしょうが、神話とあんまりつながりのない脚本で割りと楽しめた気がします。

そこでスペクタクル映画好きの方、この映画のここがすきまたはここはいやだというシーン、ストーリーを教えてください。(主に史劇と戦争映画ですね)

今回は他の方の意見に口出し論争はご無用に願います。好き嫌い論争はみっともないのでご自分の感想で(同じ映画の感想の違いは構いません)




ベストアンサーに選ばれた回答


waruiinagoさん


スペクタクル・史劇は大好きです。戦争映画も大好きなのですが自分の中ではそれらとは分けて論じたいものですので、スペクタクル・史劇についてのみ書かせて戴きたいと思います。

質問者様と同じく、5、60年代のスペクタクル映画の方が近年のものより好きですし「昔の映画はCGがしょぼい。」(CGは生まれてないってば)と、年少の映画ファンの方に言われましても、単なる懐古趣味ではなく、映画の出来としてこの時代の方が良作が多いと思っています。もちろん全てが傑作ではないでしょうが、映画マニアには悪評の高い「クレオパトラ」も大好きです。
当時の限られた技術の中、想像を働かせ創意工夫した特撮の美しさは大袈裟かも知れませんが、人類の叡智の結集と言っても過言ではないと思います。
「十戒」の紅海が割れるシーンが今でも語り草になり、「ブルース・オールマイティ」のような最近のコメディでも使用されてる事を考慮しましても、やはり特別な映画だと思います。私自身、子供の頃TV放映で「十戒」を観て眠れない程の恐怖心を抱きながら、数々のシーンに魅了され(恐怖心を生じさせたシーンを含めて)、一生忘れられない映画に成りました。大人に成ってから、セシルBデミル監督の旧作の「十誡」を観て、なるほど、新しい技術で改めてスペクタクル映画としての「十戒」を撮りたかったのだなと、妙に納得しました。

歴史に基づいた映画ではありませんが、ウィリアム・ワイラーの「ベン・ハー」が大好きです。スペクタクル映画=「ベン・ハー」と、私の中では同義語に成っています。10回以上観てますが、観る度に年齢を重ねる度に、新しい発見があります。
”戦車競争シーン”は24時間観続けていたいくらい好きです。
25年版の旧作の「ベン・ハー」も観ましたが、先の「十誡」と同様に、この時代のこの技術にこれらの映画が作られた意義、心意気を深く感じます。25年版の「ベン・ハー」があったからこそ、59年の傑作「ベン・ハー」も生まれたのだと思います。

翻って、2000年初頭にちょっとしたブームに成ったスペクタクル・史劇についてですが、やはり小粒の感は否めません。技術的な面は遥かに向上したのでしょうが、例えば、「トロイ」のダイアン・クルーガーは「サムソンとデリラ」のヘディ・ラマールのファム・ファタール的存在感に欠けますし(ただし、ダイアン・クルーガーはこの映画以外では才気溢れる素晴らしい女優だと思います。)、「アレクサンダー」も「キングダム・オブ・ヘヴン」もそれなりに出来が良く、観たときは面白かったのですが、今では何も印象に残っていません。
スペクタクル映画は、5、60年代のそれらの映画が持っていた”力”は失われたように思います。
近年の中では「グラディエーター」は突出した出来だと思っていますが、それでもあくまで「近年の中では突出していたに過ぎない」のが個人的な感想です。

質問者様と同じく「トロイ」にはがっかりしました。ギリシャ神話が大好きなので期待が高すぎたかも知れませんが、ヘレンがレダの卵から生まれなかった云々はともかくとしても、カッサンドラの神託のくだりも何もなく、こんなつまんない話だったら、もしシュリーマンがこの映画を観て育ったら、トロイ遺跡なんか決して発見されなかっただろうな、と映画を観た時に思いました。

追加です。
最近観た素晴らしい史劇を忘れていました。

「アレクサンドリア」

アレッハンドロ・アメナーバル監督。4世紀末、アレクサンドリア図書館の消滅と女性学者ヒュパテイアを描いたスペイン映画です。
5、60年代のスペクタクル映画に比べると、やはり小粒なのかも知れませんが私はこの映画が大好きです。
スペクタクルシーンもある事はありますがスペクタクル映画とは言えないと思いますが、大変出来の良い史劇である事は間違いありません。
かつて異教徒とされたキリスト教徒の躍進と、それによって逆転して異教徒と呼ばれ迫害され始める、支配階級であり知識層であったアレクサンドリア市民。主人公ヒュパティアは、政治状況に翻弄されずに信念を貫いて学問を探求し続けます。
知識を探求すること、科学を追及すること、過去からの知識を守ること、自由に物を考えること。その自由が守られていた世界に、排他的な宗教が入り込むことによって奪われていく理不尽さが、丁寧に描かれています。
困難な状況の中で、信念を貫くヒロイン(レイチェル・ワイズが好演)の志の高さが輝きを放っている作品です。だからこそ終盤の重みを深く感じる映画でした。

5、60年代のスペクタクル・史劇に比べると最近の作品は~と前述しましたが、この映画のような作り方で新しい傑作は生まれるのではと思います。
人物を丹念に描き、表現したい対象・主題を明確にすれば、過去の名作と違った意味での名作は生まれると思います。
この映画はその可能性をも見せてくれました。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1160332186
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<松雪泰子>アンパンマンの声優に「子供たちに元気を」 新米ママ大沢あかねも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110421-00000007-mantan-ent


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。