スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“着うたヒット請負人”メジャーデビュー 倉木麻衣がMai.K名義で初共演

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大ヒットプロデューサー・ジョルジョ(左)が倉木麻衣との初共演作でメジャーデビュー 西野カナのヒット曲を手がけるプロデューサー、ジョルジョ“13”カンチェーミのソロプロジェクト・NERDHEAD(ナードヘッド)が、「どうして好きなんだろう feat.Mai.K」(6月1日発売)でメジャーデビューすることが23日、わかった。同曲のフィーチャリングボーカルとして歌手の倉木麻衣が、1999年に16歳で全米デビューしたときの“Mai.K”名義で参加する。倉木が他アーティストとコラボ作品を発売するのは、今回が初めて。

倉木麻衣の主な活動歴&売上がわかる写真付きプロフィール

 2010年度の着うたランキングでTOP10中4曲を送り込んだ“ヒット請負人”が、自身が率いるソロプロジェクトでデビューする。ジョルジョはサウンドプロデューサー/ソングライター活動と並行し、ボーカリスト・TOKO(トーコ)とヒップホップユニットSo’ flyを結成。昨年1月にはNERDHEADとして、1stシングル「BRAVE HEART feat.西野カナ」をインディーズから発売した。

 メジャーデビュー作となる今作「どうして好きなんだろう feat.Mai.K」は、お互い好きな気持を持ちながらも成就できない思いを綴った“セツナラブソング”。ジョルジュが「数年温めてきた」という自信作は「レコーディングで倉木さんの声を初めてマイクを通して聴いたとき、一瞬でこの楽曲の完成系が見え、楽曲の中に映画のような“絵”が広がって」完成したという。

 倉木が「いつもとは違う私をジョルジョさんに引き出していただいて勉強になりました。切なく胸がキュンとする曲で、歌っていて感動してしまいました」と話す同曲は、29日に東京・国立代々木第一体育館で行われる日本最大級のファッション&音楽イベント『ガールズアワード』でお披露目される。


■関連記事
・【フォトギャラリー】昨年は沢尻エリカの登場で話題を呼んだ『ガールズアワード』
・倉木麻衣、チャリティーソングの配信決定 収益の全てを寄付(11年04月06日)
・郷ひろみ、布袋寅泰と初コラボ40周年記念CD発売(11年04月21日)
・浜崎あゆみ、結婚後初作品で辻井伸行とコラボ(11年03月08日)



http://news.livedoor.com/article/detail/5512414/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








puppy_puppy_pooさん

最近の映画について。映画事情に詳しい方教えて下さい。
なぜ洋邦問わず近年大々的に広告される映画(やドラマ)は原作を映像化した作品が多いのでしょうか?

あの大ヒットした原作が待望の映画化!

映像化不可能と言われたあの原作が遂に映画化!

こんなのばっかじゃないですか?何か理由でもあるのですかね?それともただのネタ切れでしょうか。

『てめえが知らないだけで、原作が無い映画も放映されている』という回答が来そうですが、比較的メジャーな映画についての質問です。
なぜ、現在放映されている比較的メジャーな映画は監督オリジナルの作品が少ないのか、という質問と捉えて下さい(こんなこと言うとどこまでがメジャーなのかと食い下がられそうですが…)。




ベストアンサーに選ばれた回答


cream_1980_japanさん


まず第一に「映像化不可能」の作品はCG技術などが発達して、本当に映像化できるようになってしまったと言う現実のお陰だと思います。
つまり、20年、30年前だって「ロードオブザリング」とかの小説は、誰しもが映画化したいと思っていた訳です。
でも、技術的に出来ない。
出来ないからずっと放置されていた。
しかし、今は出来ますよね?
となればおのずと「映像化成功!!」って作品が同時期に増える事も納得出来ると思います。

大ヒットした漫画の原作が映画(だけでなくテレビドラマや映像化)されやるすいと言うのは…単純に「ビジュアル」がすでに出来ていると言う事もあると思います。
つまり映画にしろ、テレビドラマにしろ、映像化しようとする時は「企画書」が提出されますよね?
いくら「面白い!」と言った所で、結局は「紙切れ一枚」。
でも、その企画の原作が漫画なら…企画書の隣に原作本をぽんと一緒に置けばよいわけです。
スタッフ全員が「共有」のビジュアルを持つ事が出来ますよね?
となれば、企画が通り易い。って事になると思います。

ただ、やっぱり質問者さんの心配した通り「オリジナル脚本」の作品は沢山作られ、公開されています。
しかしながら「漫画原作」や「テレビドラマの映画化」には「宣伝」がかないません。
海外で賞をとらない限り、たとえ面白いオリジナル脚本の映画にはお客さんが入りません。
映画会社も映画館も…みなお客さんが欲しい。稼ぎたい!
となれば安易に「固定客」のいる漫画ファンを取り込みたいと思っても仕方ないと思います。


でも、考えてみて下さい。
「漫画原作」の映画が海外で賞をとったり、評価されている作品ってご存知ですか?
ガンツはアメリカで同時?試写会のようなものをして、マスコミは「大反響!」みたいな報道しましたけど
実際は「一般公開」もされずに、二宮君と松ケンのコンビが「ゲイ兄弟」と認識されちゃってるんですよ。
実はゲイのラブストーリーなんじゃないか!?みたいなね。

ほとんどの漫画原作日本映画というのは「評価」は愚か、「公開」すらされていません。
評価に値する、公開する価値のない映画だと認識されちゃっているんです。
DVDスルーで十分だよ、みたいなね。

なので日本の、邦画界における「漫画原作の映画化」というのは、ドメスティックな存在感しかないと思って下さい。国内向け。海外には打って出れない…残念な映画と。
「漫画は評価される」「でも映画化作品は評価されない。公開されない」と言う現実を考えると…
あまりに「漫画」と「映画」との距離が近すぎるのではないかと思います。
思い切った「映画化のための改変」を行うべきなのに…「漫画ファンの反乱」を恐怖し、あまり改変しない。
改変したとしても、職業映画人が片手間で改変しちゃうから…漫画のテーマやテイストをはき違えた結果、漫画ファンすらそっぽをむくと言う結果になってしまう。

悲しいですが、日本の漫画原作は現状、残念な気持ちにしかさせてくれません。
映画ファンになればなるほど、漫画原作にはタッチしないでおこうと言う気持ちになります。
ゆえに、漫画原作の映画が上映されている映画館は、漫画ファンか宣伝に騙されたテレビを見慣れたお客さんばかりになってしまうんですよね。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1060315030
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


“着うたヒット請負人”メジャーデビュー 倉木麻衣がMai.K名義で初共演
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110422-00000321-oric-musi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。