スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼け野原から東京タワー建設、東京オリンピックまで『ALWAYS三丁目の夕日’64』に見る日本復興の希望

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大昭和の街並みを見事に再現!『ALWAYS三丁目の夕日’64』撮影風景(C) 2012 「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」製作委員会 2012年公開予定の映画『ALWAYS三丁目の夕日’64』の特報が、東日本大震災に見舞われた日本に光を照らしてくれるであろう希望に満ちあふれている。2005年11月に公開された1作目で日本の映画賞を総なめにし、2007年に公開された2作目では前作を上回る興行収入45億円超えを記録した映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズは、VFXで見事に再現された昭和の町並みで繰り広げられる心温まる物語が、人々に支持されてきた。3作目となる『ALWAYS三丁目の夕日’64』で描かれるのは、タイトルの通り、東京オリンピックが開催された1964年。映画には、焼け野原から復興を遂げてきた日本の強さが描かれているようだ。
 すでにオフィシャルサイトや劇場にて公開されている特報は、夕日に照らされた東京スカイツリーをバックに「2012年、世界一のタワーが完成します」の文字が映し出されるところから始まる。「48年前」という文字と共に昭和の町並みの映像に切り替わり、空を見つめた堤真一演じる鈴木オート社長・鈴木則文が「この辺、全部焼け野原だったんだぞ。食うもんも何にもなくて。それがどうだい? 世界一の東京タワーができて、とうとうオリンピックだぞ」と語る。もたいまさこ演じるたばこ屋の店主・大田キン、鈴木オートで働く堀北真希が空を見つめ、小雪演じる石崎ヒロミが陣痛に苦しむ姿が映し出されると、吉岡秀隆演じる茶川竜之介が「頑張れー!」と叫ぶという内容。戦後復興した日本に思いをはせる堤演じる鈴木の言葉は、まるで東日本大震災に見舞われた日本に、「大丈夫だ。復興できるぞ」と語り掛けているようで、ヒロミの出産を応援する茶川の「頑張れ」という言葉まで、今の日本に向けた言葉のように感じてしまう。
 本作の制作発表会見では、出席した山崎貴監督、エクゼクティブプロデューサーの阿部秀司、奥田誠治が口をそろえて「東京オリンピックの開会式が開催された1964年10月10日、ブルーインパルスが空に描いた五輪マークを再現したい」と語っていたのが印象的だった。吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子ら再集結した豪華キャストに、森山未來、大森南朋も加わって、3Dで描かれる『ALWAYS三丁目の夕日’64』。空に描かれる五輪マークは、今の日本に復興の光を照らしてくれることだろう。(編集部・島村幸恵)
映画『ALWAYS三丁目の夕日’64』は2012年全国公開
【関連情報】
・映画『ALWAYS三丁目の夕日’64』特報
・水野美紀がズブ濡れで熱演!「その女は下品…」園子温監督最新作『恋の罪』
・妻夫木聡、初共演の松ケンに片思い!? 松ケンは人を惑わす“人たらし”
・香取慎吾、声優務める『friends もののけ島のナキ』の3Dプロモーション映像に感激!「笑顔あふれる映画を一人でも多くの人に観ていただきたい」
・中谷美紀「阪急沿線で暮らしたい」と思い入れを語る 『阪急電車』ご当地関西で先行公開し満足度98.7%の好発進!



http://news.livedoor.com/article/detail/5534208/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








qoo_bickl_5さん

ネタバレ GANTZ PERFECT ANSWER


本日、映画ガンツ後編を見てきました。
アクションも格好よく、なかなか面白かったのですが疑問点がありました。


①ガンツのそもそもの目的は何?(なぜ星人と闘い始めたのか)

②小さいガンツ玉により、標的にされた たえちゃんですが…殺されたのに何故ガンツ部屋送られないのですか?
ガンツ部屋に送りたいから標的(鍵)にされてるんだと認識してたのですが間違ってますか?


どちらか分かる方がいましたら教えて下さい(>_<)原作を読んでないからなのか理解できませんでした…(:_;)




ベストアンサーに選ばれた回答


czd4b8さん


①については、映画ももちろんですが、原作でも明確では無いです。
原作では、これについて触れたことがあります。
「マイエル・バッハ」というドイツの大企業が、世界の資産家を相手に、人間と宇宙人との殺し合いを賭けの対象にしていると説明していましたが、どうもGANTZについて探っている者を真実から遠ざけるためのカモフラージュのようです。
原作では映画版と比べものにならない程、更に強力な宇宙人達が次々に現れ、終にはスペースコロニーごと攻めて来る宇宙人まで現れてしまい、人類(GANTZチーム)と宇宙人が地球をかけた戦争状態に突入しています。
※映画では描写がありませんでしたが、原作のGANTZは玄野君達の様な人々が、日本全国、世界各地に存在しています。

GANTZはそのスペースコロニーごと宇宙人が攻めて来る日を「カタストロフィ」と呼んで、日付をカウントダウンし、玄野君達がGANTZチームに入る以前から予知していました。どうもこの「カタストロフィ」に備えていたのが目的のように思います。
そう考えると、「マイエル・バッハ」の連中は、宇宙人達の存在を遥か昔より知っており、備えていた、とんでも無い連中ということになります。私はそもそも「マイエルバッハ」の連中自体、人間なのか?とも思っています。
この辺の明確な目的と「マイエル・バッハ」の連中の正体は何者なのかを追って行くには原作を読み続けるしか無いです!

②私の解釈ですが、映画版でGANTZが「小島多恵」を狙った理由は、「小島多恵」をGANTZチームに入れるのでは無く、「小島多恵」を殺すことで、彼女を生き返らせる為に玄野君がGANTZの世界に留ることを狙った為だと思いました。
GANTZチームのOB達も「小島多恵」は知らないと言ってましたし、結局「宇宙人」でもありませんでした。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1260986662
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


焼け野原から東京タワー建設、東京オリンピックまで『ALWAYS三丁目の夕日’64』に見る日本復興の希望
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110504-00000002-flix-movi


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。