スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西田敏行ら感涙映画『星守る犬』をPR「感情が揺れるまま観て」/完成会見&舞台あいさつ

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大映画『星守る犬』完成披露試写会舞台あいさつにてcJulie Minami 2008年刊行された、村上たかしのベストセラーコミックを原作に映画化された『星守る犬』の完成披露記者会見&試写会舞台あいさつが5月9日に行なわれ、主演の西田敏行、玉山鉄二、川島海荷、中村獅童、岸本加世子、藤竜也、といったキャスト、そして瀧本智行監督と原作者村上たかしが登壇した。
同作は、“おとうさん(西田)”と秋田犬のハッピーが東京からいわき、遠野、弘前、石狩、名寄へ北上していく旅と、彼らの足取りを辿る市役所勤めの青年・奥津京介(玉山)とスターを夢見る少女・有希(川島)の姿を追うことで、登場人物の人生の縮図や人と人との絆を描くロードムービー。東北地方でロケを行っており、地元の方々の協力なくして完成できなかった作品であることから、福島出身の西田をはじめ登壇者一同が震災に遭われた方々を慮る言葉が発せられた。また、メガホンを執った瀧本監督は、ロケハンも含め何度も被災地を訪れているため「まだ言葉にならない。もう少し時間が必要」だと心情を吐露した。
昼間の撮影が中心となるため、夜は時間に余裕があったという。そこで西田は玉山と何度も、中村とは一度、飲みに行ったことを明かした。玉山が「青森の民謡居酒屋では津軽三味線で踊った」と思い出を語れば、「飲み始めて20分でベロベロ、2時間近く踊った。そのおかげで免許皆伝、どこでもその踊りを披露できる」と西田が呼応するほど。残念ながら物語の設定上、西田と玉山の共演シーンはないが、ぜひ踊りを披露できる作品で再共演してもらいたい。

川島は「私のデビュー作でご一緒させていただいた玉山さん。覚えていてくださるかな?と不安でしたが、ご挨拶したところ覚えていてくださって」と初々しくコメント。「有希は原作には登場しないキャラクター、明るく元気な子。ひたむきに夢を追い、負けずキライで意地をはってしまう面が似ている」。
コンビニの店長を演じた、中村の撮影期間は3日。舞台あいさつでは「前夜に現地入りしたところ、自分が泊まるはずの部屋に下着姿の男性が寝ていて驚いた。しかも、後からそれが玉山さんだと知った。誠実な彼がそんな…」と驚いたそうだ。しかも、玉山ファンに対し「こーんなピタっとしたの」と身ぶりで語るサービスをしてみせた。その話を受けて玉山が、「あの日は(張り紙の)字が読めないほど疲れていて」と平謝り。いい思い出だと、ふたりは声をあげて笑っていた。
玉山の祖父役を演じた、藤は「初めての祖父役」だという。劇中では“星守る犬”の意味を自分の殻に閉じこもる孫にやさしく語りかける大事な役どころ。今は使われていない“消えた日本語”として語り続けられている慣用句だが、それを藤が語ると含蓄がある。実際に110万本(40万と70万の2面)のひまわり畑で撮影された心に残るシーンは一切のSG処理が施されていないことにも触れ、「映画『ひまわり』を彷彿させるが、(本作は)やさしさと希望に溢れた名シーン」。
西田の妻“おかあさん”を演じた、岸本は「西田さんとは海荷ちゃんくらいの年齢の時に『西遊記』でご一緒して以来。夫婦を演じられて本当に嬉しかった。でも“おとうさん”と離婚後イキイキしていく“おかあさん”、女の再生パワーはすごいと思った。演じる際に監督から『もっと激しく』と演出された」と述べると、西田が「『もう限界!』(のシーンは)戦慄が走った。女の人が別れましょうと言ったら、取り付く島がない」とうなだれ、ハァとため息をもらしていた。
玉山が「犬は飼い主の人格を否定しない。無償の愛を学び、バーチャルではなく、人と人の触れ合いを大事にして」と訴えた。そして西田が最後に語った。「人と人との絆の希薄さに閉塞感を感じていましたが、震災以降、気持ちが一つと思えるようになったのも事実。悲惨な状況を目の当たりにし、今、その失っていたものを取り戻そうとしている自分もいると感じています」。「本作では“生きていくうえで何が大事か”を声高にではなく、やんわりと提示しています。素直に感情が揺れるまま鑑賞してください」


日本公開=2011年6月11日
配給=東宝
公式サイト=http://hoshimamoru.com/
©2011「星守る犬」製作委員会
©Julie Minami


◆原作はこちら

星守る犬
著者:村上 たかし
双葉社(2009-07-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



――最新の「会見/イベントレポート」はこちらから

――南樹里の“映画評マニエラ”はこちらから


■関連記事
・西田敏行ら感涙映画『星守る犬』をPR「感情が揺れるまま観て」/完成会見&舞台あいさつ
・Perfume世界へ!「ポリリズム」が映画『カーズ2』の本編挿入歌に決定
・ジョニデらご一行が!映画『パイレーツ・オブ・カリビアン4』USプレミア試写会に登場
・映画『まほろ駅前多田便利軒』なかなか見せない男性の本質が!
・映画『ランナウェイズ』10代にしかできないことを楽しんで!



http://news.livedoor.com/article/detail/5544683/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








y27c5f66bfes3ywayさん

映画「八日目の蝉」
観てきました。

最後、「…まさかこれで終わるんじゃ」と思ったら終わりました。

何でドラマ版の良さが映画では出なかったのかなと個人的に思え、映画が始まっているのにエンジェルホームの登場シーンまであまり印象がなかったです。

ネタバレあり
良い所
・俳優は頑張ってたと思います。とくに永作博美さん。
・希和子「お母さん、もう追い付けないよ」のシーン
・映画ではあのラストで、希和子との再会のシーンは無くていいと思います。

残念な所
・ドラマで顔をクシャクシャにして演じたシーンが映画ではあっさりしていた。
・久美との絡みも弱く、脱走する時も必要な物が入った袋を渡すだけなのが物足りなかった。
・薫と希和子の親子愛みたいなシーンが少なく逮捕される時に力入れてもピンと来なかった。
・久美の実家の素麺屋が工場だけで店がない。
・ドラマにあった素麺屋で働くのを断られ、ラブホテルの住み込みまでして働くのに映画では意外とあっさり決まる。
・恵理菜の実の母親が気が狂ったように思えた。
自分が言った事まで否定したりなんか変だった。
・不倫した実の父親はドラマ版に比べてあまり悪い人に見えない。
・個人的にドラマでは一話から六話まで号泣だったけど映画では涙が一滴も出なかったです。

映画とドラマで時間の長さを差し引いてもドラマの方が凄かったです。
ドラマを映画用に編集してスクリーンで見たら多分、映画見終わった後に号泣してたと思います。
みなさんはどうでした?






ベストアンサーに選ばれた回答


wsyounanmirimiriさん


私は原作知らなかったし、テレビドラマも見ていなかったので、映画を見て涙が止まらなくて困りました。周りに人が居なかったら号泣していたと思います。永作博美さんはもちろんスゴイと思いましたが、小池栄子さんにびっくりしました、彼女あんなに演技派でしたっけ?
ドラマを見てみたくなりました。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1061922015
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


西田敏行主演『星守る犬』完成披露試写会 中村獅童の古傷に触れる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110509-00000304-oric-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。