スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿遊牧民

こんにちは、ありがとうございます。



時代としては作家デビュー後から最近にいたる比較的長いスパンで、椎名とゆかいな仲間たちの活動が描かれていてぐいぐい読み進んでいくことができる。

『哀愁の街に霧が降るのだ』、『新橋烏森口青春篇』、『銀座のカラス』、『本の雑誌血風録』や『新宿熱風どかどか団』など、椎名誠とその仲間たちの行動を描く私小説の続きで、小川いっぱい小説と名づけている。
時代としては作家デビュー後から最近にいたる比較的長いスパンで、あやしい探検隊でのキャンプや国内やモンゴルでの映画制作、太田トクヤ氏の経営する居酒屋での仲間たちとのやり取りなど、椎名とゆかいな仲間たちの活動が描かれていてぐいぐい読み進んでいくことができる。

椎名と組んで数々のイベントを成功させてきた広告代理店の社員で後に会長まで登りつめる岩切氏や仲間たちの集まる居酒屋を経営する太田氏、そして最近出版された『わしらは怪しい雑魚釣り隊』や『続 怪しい雑魚釣り隊―サバダバサバダバ篇』に登場する西沢氏や名嘉元氏、ヒロシ氏や海仁氏などのメンバーについてもその出会いやこれまでについても書かれていて面白い。

年代的なスパンが長いために既に故人となってしまった人々も多く、小安氏や依田氏など以前の椎名作品に登場していた人が亡くなっていることを知り切ない気分にもなった。

椎名が大作家になった後も多くの仲間たちと遊びを楽しんでいるところや、ヒロシ氏や西澤氏、岩切氏たちのとんでもないエピソードの数々が面白く、一気に読んでいくことができた。
特に若き日の岩切氏が作家・開高健氏に釣りの企画を持ちかける話や、ヒロシ氏の大食いエピソードなどは何度読んでも笑ってしまう。
(元記事を開く)

評価:

書名:新宿遊牧民
著者:椎名誠
出版社:講談社

レビュアー: ufit
本が好き! 2級
九州在住の会社員です。

【関連リンク】
『新宿遊牧民』の詳しい書籍情報
ufitの書評一覧



http://news.livedoor.com/article/detail/5575726/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








hey_say_jumboさん

カンヌ映画祭のような、映画コンテストのようなイベントはアメリカは行わないのでしょうか?フランスの他にはドイツとイタリアで同じような映画祭があるようですが、しかし映画は圧倒的にハリウッド産が多いので、
違和感があります。

フランスやイタリアの映画は70年代あたりから殆どヒット作を出していません。なのに、まるで映画の聖地のような位置づけになるのは納得できないでいます。

これは野球で言えば、WCBをアメリカが主催してやるから自然であるのと比べれば明らかです。




ベストアンサーに選ばれた回答


cream_1980_japanさん


アメリカでも沢山の映画祭を行っていますよ。

ただアメリカには「アカデミー賞」がありますし、全世界的にも「アカデミー賞」が有名なので
その他の映画祭が報道されてないだけです。

小さいの、大きいの、含めて沢山の映画祭を行っていますよ。
ウィキペディアからそのまま、アメリカで行われているものをピックアップしましたけど、下記のように沢山あります。

アスペン短編映画祭--アメリカ
アテネ国際映画祭--アメリカ
アトランタ映画祭--アメリカ
アメリカ合衆国映画祭--アメリカ
アナーバー映画祭--アメリカ
オースティン映画祭--アメリカ
サンタバーバラ国際映画祭--アメリカ
サンダンス映画祭--アメリカ
サンフランシスコ国際映画祭--アメリカ
シーグラフ--アメリカ
シカゴ国際映画祭--アメリカ
シカゴ国際子供映画祭--アメリカ
シネクエスト映画祭--アメリカ
ショーツ国際映画祭--アメリカ
スラムダンス映画祭--アメリカ
世界アニメーションセレブレーション--アメリカ
セントルイス国際映画祭--アメリカ
ナシュビル映画祭--アメリカ
パームスプリング国際短編映画祭--アメリカ
ハンプトン国際映画祭--アメリカ
ブラック・マリア映画祭--アメリカ
フロリダ映画祭--アメリカ
ロサンゼルス映画祭--アメリカ
ロサンゼルス国際短編映画祭--アメリカ
ロサンゼルス・ラティーノ国際映画祭--アメリカ
ロードアイランド国際映画祭--アメリカ
毎月2、3回はどこかの州で映画祭を行っているって事ですね。


フランスやイタリアが映画の聖地を想われている部分があるとすれば
映画を発明したリュミエール兄弟の存在が大きいでしょう。
「映画」イコール「シネマ」と言う言葉がフランス語ですしね。
アメリカなどでは「シネマ」イコール「芸術映画」。「ムービー」イコール「娯楽映画」という認識だと言いますし。
そして「映画祭」というのは…質問者さんの質問の中にもあったように…単なる「イベント」ですからね。
観光地であるカンヌを国際的に有名にして、観光しにきて下さいね、って事で始まったイベントですから。
「カンヌ」や「ヴェネツィア」がイベントごととして頑張った成果として「世界三大映画祭」と言われているんですから。許して下さいよ。
これで
「映画産業」もアメリカ!
「映画芸術性」もアメリカ!
「映画の権威」もアメリカ!
って全部が全部、アメリカに持っていかれることないじゃないですか。
それに、アメリカほど芸術映画に興味もってない国はないんですから、そんな国で「はい!これ芸術映画ね」って選ばれても権威なんて出てこないでしょ。
せめて、世界中の誰もが「芸術国だなぁ」と想う「フランス」や「イタリア」に選ばれても良いのでは?
と個人的に想います。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1262691562
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


秋山莉奈、26歳だけどレディースで特攻服に!金髪で凄味のある不良少女役で新境地!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110522-00000003-flix-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。