スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dテレビ所有者の75%が「不満」、非所有者の「購入したくない」は7割超。

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大ジーエフケー カスタムリサーチ ジャパンは、3Dテレビの所有者から使用実態を、非所有者からは今後の意向などを把握する調査を行い、その結果を発表した。調査対象は20代、30代、40代の3Dテレビ所有者の男女298名と、20代、30代、40代の3Dテレビ非所有者の男女296名。


◎3Dテレビ所有者の実態

調査ではまず、3Dテレビの所有者に対し、どのように3D映像を視聴しているのかをたずねた。すると、3Dテレビで見たことのある3D映像は、上から「3D映画、スポーツ等の3D映像のDVD」(80.5%)、「3D対応ゲーム」(42.3%)、「3D専門チャンネル」(40.3%)の順となっている。

これら3D映像を3Dテレビで見る頻度については、過半数の53.7%が「週に1回以下」と回答。この視聴頻度は、所有者自身も「購入当初、思ったよりも少ない」(53.4%)と感じている人が多いようだ。

では、なぜ3Dテレビで3D映像を見る頻度が少ないのだろうか。その理由をたずねたところ、「3D対応のテレビ番組が少ないので」(69.2%)、「3D対応の映画・映像のソフトが少ないので」(59.1%)と、コンテンツ不足に関する項目がワンツーとなった。そしてこれに続く3位には「3Dメガネが重く、かけていてわずらわしいので」(22.6%)、4位には「3D映像に目が疲れたり、酔ったりするので」(20.8%)と、体への負荷などに関する項目が並んでいる。

3D映像を見る頻度が少ないという実態が浮かび上がった3Dテレビ。そこで購入した所有者に3Dテレビの満足度をたずねたところ、実に75.5%が「不満がある」と答えた。具体的な不満点としては、「見られる3D対応のテレビ番組の本数」(57.4%)、「見られる3D対応映画の本数」(53.7%)、「追加で購入できる3Dメガネの価格」(52.0%)、「付属の3Dメガネの本数」(46.3%)などが挙がっている。



◎3Dテレビ非所有者の今後の意向

一方、3Dテレビの非所有者にも関心度をたずねたところ、「あまり関心がない」「関心がない」を合わせた「関心がない」層は64.9%と高い割合となった。また、購入意向についても「購入したくない」人が7割を超えている(70.3%)。

これだけ3Dテレビへの関心が薄い非所有者だが、どのような点が改善されれば購入したいと思うのだろうか。「購入するとしたらどのような点を重視するか」を挙げてもらったところ、上から順に「本体の価格が手頃」(87.5%)、「目への負担が少ない」(83.5%)、「3D 映像がぼやけない」(82.1%)、「3Dメガネが軽い」(80.4%)、「自由な姿勢で見られる」(77.1%)、「3Dメガネが安い」(76.0%)と続く結果となった。


http://news.livedoor.com/article/detail/5603411/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








tunayna1018さん

映画に出てくるきわどいシーンについて(>_<)

幼い子供や家族と映画を見ている時、グロテスクなシーンや性的に露骨なシーンがあるととても気まずくなります(*u_u)
映画わ見る前にどんなシーンがどの程度含まれているか知ることができたら大変便利なのですが、そうした情報を集めたサイトはないのでしょうか??
ご存知の方がいらしたら教えて下さいm(u_u)m(^O^)/
ちなみにケータイから閲覧できたら嬉しいです(*^_^*)
よろしくお願いします(^-^)




ベストアンサーに選ばれた回答


tamikoteaさん


普通はポスターや窓口に
映倫管理委員会(映倫
「一般 」「R-18」「R-15」「PG-12」
の表示がありますよ。

「一般 」(特に表示はされていない)
あらゆる年齢の人が観覧できる。

「R-18」
旧「成人指定」。18歳未満の未成年者は入場禁止。
著しく性的感情を刺激する行動描写、著しく粗暴、または残酷な行為の描写、
著しく反倫理的かつ反社会的な行為の描写を含む作品が対象。

「R-15」
旧「R指定」。15歳未満(中学生以下)の入場禁止。年少者がその非現実性を識別し得る
内容の映画であっても、部分の描写が性、暴力、残酷の各項にわたり過度に刺激的であるものが対象。


「PG-12」
12歳未満(小学生以下)の年少者が単独で観覧するには不適切で、親または保護者の
同伴のもとでの観覧が適当であると認められるもの。
暴力、残酷な描写、性的な描写、刺激が強いとされるホラー等、非行に結びつく可能性を
持つ内容の映画に対し保護者への注意を促す。

http://www.eirin.jp/see/index.html
http://hananovel.com/kubun.htm

これですね。映画館ではなく
例えば テレビやDVDで映画を見るときの場合はどうするかですが、
「allcinema」
http://www.allcinema.net/prog/index2.php

で検索するのが一番よいですよ。
例えば 「ドーン・オブ・ザ・デッド」で調べると
メディア
上映時間
製作国
公開情報
初公開年月
ジャンル
映倫

と最後に「映倫」とあるでしょう。
そこに、「R-15」とかいてありますよね。

つまり
旧「R指定」。15歳未満(中学生以下)の入場禁止。年少者がその非現実性を識別し得る
内容の映画であっても、部分の描写が性、暴力、残酷の各項にわたり過度に刺激的であるものが対象。

ということで、他の作品でも「allcinema」で検索して
テレビやDVDで映画を見るときの場合
ここ「映倫」の部分を参考にすればよいわけです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1325622978
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


山路徹「相手のことがわからないと、怖いから戦ってしまう」イスラエル人監督が語る平和への思いに賛同
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110602-00000001-flix-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。