スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木杏、一糸まとわぬ体当たり演技で新境地

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大映画『軽蔑』で“新境地”を切り開いた鈴木杏 (C)ORICON DD inc. 女優・鈴木杏(24)が官能シーンに挑んだ映画『軽蔑』(廣木隆一監督)が、あす4日より公開される。ポールダンサーとして夜の街で生きながらも、最愛の男を一途に思い続ける女性・真知子を熱演。ORICON STYLEのインタビューに鈴木は、従来のイメージを覆すような“演技”への「とまどいや躊躇(ちゅうちょ)は全くなかった」とキッパリ。これまでの殻を破り「生身でいることの大切さっていうものを、改めて感じることができました」と手応えもあった。

【写真】妖艶な表情でセクシーポールダンサーを熱演

 二人の男女の生々しくもひたむきな愛を描いた、芥川賞作家・中上健次氏の最後の長編作を実写化。夜の街で欲望のままに生きる男・カズ(高良健吾)は、歌舞伎町でダンサーとして生きる真知子と恋に落ちる。カズの故郷で新たな生活を始めた真知子だが、深まる二人の愛に反するかのように巻き起こる周囲からの“軽蔑”により、つらく儚い運命に翻弄されていく。

 快諾はしたものの、出演オファーの時点で「役柄的にちょっとハードなことになりそうだなと。中途半端なことするんだったら、初めからやっちゃいけない役」だと覚悟を決めた。強い意志を持って現場入りしたが、“廣木組”による撮影は容赦なかった。「散々しごかれて。監督は現場に入ると言葉数が多くなかったんですが、それが逆に怖くて。『もう1回。はいもう1回。全然わかんねえ』とか言ってくるから、もうパニック」と今振り返っても苦笑いだ。

 そんな鈴木をそばで支えたのが、同い年でもあり本格的な共演は初となる高良だ。「想像していた以上にまっすぐで。変にカッコ付けたりしない、彼自身が“生身の人”という感じ。本当に動物的な人で、それはすごい素敵なことだな」と思えた。現場ではいい距離感でぶつかり合い、高良を「戦友」と呼ぶ。「これからもお互い役者人生を続けていくと思うので、またどこかでご一緒したいですね」と思いを馳せた。

 劇中で目を引く色気漂うポールダンスのシーンでは、全身アザだらけになりながら鍛錬を積んだ。「真知子ちゃんという役には色気が必要で、かたや私は『お前、ほんとに色気がねえな』って言われるくらいだったので…」と自虐的になりつつ、「想像以上に、難しくて大変でしたね…。ちくちょう!って思ってました(笑)。もっとやれたと思います」と女だからこそのプライドものぞかせる。

 各方面で話題となった高良との愛憎あふれる官能シーンも、本人はいたって冷静だ。「とまどいや躊躇(ちゅうちょ)は全くなかったですね。『軽蔑』という作品をやるにあたって、濡れ場は絶対にあると最初からわかっていたので。大きなことなのかもしれないですけど、“脱ぐ・脱がない”みたいな話は、私的には大きな出来事でもなかった。お芝居をしていくことのほうが、もっと大変だと思います」。

 子役時代から多くの作品に出演してきたが「いろんな経験をさせていただいてきて、良くも悪くも“鎧”みたいなのをまとっていたと思うんです」という。「そのまとっているものの中身、“生身”でいることを、監督には要求されてたんだなと気づいた」。それは今後の芝居にも変化をもたらす。「臨機応変に、いろんなことをできる人でいたいな。あまり考えすぎず、その瞬間に自分ができる、やるべきことをちゃんと捉えていきたい」と前を見据えるその目からは、確かな自信がみなぎっていた。


■関連記事
・【写真】特別試写会後の舞台あいさつでは感極まり涙
・これまでの出演作品をチェック!鈴木杏のヒストリー
・本格的な共演は初!主演・高良健吾の写真付きプロフィール
・鈴木杏、妖艶ポールダンサー「いろんなDVDを手当たり次第」観て研究(11年05月18日)



http://news.livedoor.com/article/detail/5606305/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








yamanakamasakatuloadさん

映画。2月、3月公開映画でオススメ映画有りますか??

私的には、ヒアアフターなんかを見に行きたいかな?と思って居ますが・・・(^O^)


洋画・邦画どちらでも良いので、よろしくお願い申し上げます!!(≧∇≦)




ベストアンサーに選ばれた回答


yoiutaha_wasurenaiさん


「ヒア アフター」洋画2月19日公開
・クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。

「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」洋画2月25日公開
・C・S・ルイスの児童文学を映画化したファンタジー・アドベンチャー、『ナルニア国物語』シリーズの第3章。親せきの家に預けられたペべンシー兄妹が帆船の絵の中に吸い込まれ、再びナルニア国へと冒険に出る。『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』のマイケル・アプテッドが監督を務め、前作に登場したカスピアン王子役のベン・バーンズが続投。魔法使いやクリーチャーたちと遭遇しながら、運命に立ち向かう兄妹の成長劇が見もの。

「アンチクライスト」洋画2月26日公開
・息子を事故で失った夫婦が深い悲しみと自責の念にさいなまれ、森の中の山小屋に救いを求めて迷走する姿を描くエロチック・スリラー作品。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の鬼才ラース・フォン・トリアーが、主演にシャルロット・ゲンズブールとウィレム・デフォーを迎え、絶望のふちに追い込まれた夫婦の苦悩とてん末を過激で大胆な描写を交えて描く。第62回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞したシャルロットの熱演に圧倒される。

「英国王のスピーチ」洋画2月26日公開
・吃音(きつおん)に悩む英国王ジョージ6世が周囲の力を借りながら克服し、国民に愛される王になるまでを描く実話に基づく感動作。トロント国際映画祭で最高賞を受賞したのを皮切りに、世界各国の映画祭などで話題となっている。監督は、テレビ映画

「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~」のトム・フーパー。ジョージ6世を、『シングルマン』のコリン・ファースが演じている。弱みや欠点を抱えた一人の男の人間ドラマと、実話ならではの味わい深い展開が見どころ。

「ツーリスト」洋画3月5日公開
・ハリウッドを代表するトップスター、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーの初共演が実現したロマンチック・ミステリー。イタリアを訪れたアメリカ人旅行者が、謎の美女に翻弄(ほんろう)され、知らないうちに巨大な事件と陰謀に巻き込まれていく。監督は、『善き人のためのソナタ』のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。共演はポール・ベタニー。撮影地であるベニスやパリの美しい映像や大胆なラブシーンも見ものだ。

「アレクサンドリア」洋画3月5日公開
・4世紀のエジプトを舞台に、ローマ帝国末期の混乱に翻弄(ほんろう)された女性天文学者ヒュパティアの数奇な運命を描く歴史ドラマ。『アザーズ』『海を飛ぶ夢』のアレハンドロ・アメナーバル監督がメガホンを取り、たぐいまれなる知性を持つヒロインとアレクサンドリア図書館で起こった悲劇をつづっていく。主演を務めるのは、『ナイロビの蜂』のレイチェル・ワイズ。ヒロインの凛(りん)とした生きざまと、異文化間の壮絶な争いは必見に値する。

「SP 革命篇」邦画3月12日公開
・岡田准一主演のテレビドラマ「SP(エスピー) 警視庁警備部警護課第四係」と『SP 野望篇』の最終章となる劇場版第2弾。官房長官を狙ったテロから2か月後、通常任務をこなしていた主人公たちSPの面々が、混乱を極める国会議事堂で巨大な陰謀と対峙(たいじ)する姿を怒とうのアクションと圧倒的なスケールで描く。

「漫才ギャング」邦画3月19日公開
・自身の自伝的小説を映画化した『ドロップ』で監督デビューを果たしたお笑いコンビ品川庄司、品川ヒロシの監督第2作。売れない漫才師が留置場で出会った不良と漫才コンビを結成して巻き起こす騒動や友情、そして彼らの成長を描く。

「ザ・ライト -エクソシストの真実」洋画3月19日公開
・実話を基に、今なお行われている悪魔ばらいとバチカンにおける正式な職業であるエクソシストの全ぼうに迫る衝撃作。信仰を見失った若き神学生が悪魔の脅威を目の当たりにし、悪魔ばらいを行う司祭エクソシストになるまでを描く。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1155476501
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


鈴木杏、一糸まとわぬ体当たり演技で新境地
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110527-00000318-oric-movi


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。