スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウルトラQ」45年後も色あせず…淳ちゃん、由利ちゃん、一平、メインキャストが集結!

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大45年のときがたっても、変わらない関係の3人-桜井浩子、佐原健二、西條康彦 6月27日よりWOWOWでの一挙放送が決定した「ウルトラQ ハイビジョンリマスター版」内で放送されるミニドラマの収録が16日、世田谷区内のスタジオで行われ、その収録の合間に、佐原健二、桜井浩子、西條康彦らが45年前と変わらないチームワークの良さで、「ウルトラQ」の魅力を語った。
 1966年に放送された空想特撮シリーズ「ウルトラQ」といえば、アメリカのSF空想ドラマ「アウターリミッツ」や「トワイライト・ゾーン」を下敷きにした1話完結のSFドラマ。円谷プロならではのユニークな怪獣が登場するなど、日本の特撮作品の金字塔として、現在でも多くのファンに愛されている。本作の主人公である、星川航空パイロットの万城目淳(佐原)、パイロット助手の戸川一平(西條)、そして毎日新報報道カメラマンの江戸川由利子(桜井)の3人が遭遇する不可思議な事件を怪奇あり、ファンタジーありの展開で描き出している。
 この日、収録されたのは、各話の放送前に挿入されるという導入部分的なミニドラマ。「45年後の今、『ウルトラQ』の世界が現在も続いていたら……」というテーマで、3人の軽妙な掛け合いが楽しめる内容となっている。現在でもイベントなどでよく会うという3人だが、「45年たったなんてわからないくらい。まるで昨日のような感じですね……」と語る佐原が思わず涙ぐんでしまい、「ちょっと健ちゃん、感激して泣いちゃったの? もうやだなぁ」と桜井がちゃかす一幕もあった。
 そんな佐原が「ウルトラQ」の撮影に入るようにと言われたのは、歌手のフランク・シナトラがメガホンを取った1965年の映画『勇者のみ』のハワイロケのときだったという。「(俳優の)三橋達也さんと一緒にハリウッドに行って、3か月ほど撮影をしたんですが、そういう中で身につけたものが万城目淳という役にピッタリだった。一番いい時期に『ウルトラQ』に入れて、自分としても恥ずかしくないものが見せられたと思う」と自負する佐原。そして45年たっても本作が色あせない理由として「とにかくリアリティーのある芝居ですね。人間の持っている心理状態がそのまま出るようにと芝居をしているから、時代とのずれがないんです」と分析していた。
 モノクロ作品としては世界初となるハイビジョンリマスター版での放送が実現したことが話題となっている今回の特集だが、それに加え、最新デジタル技術で着色された「総天然色ウルトラQ」のうちの1作品が、8月26日のブルーレイ&DVD発売に先駆けた7月17日午後3時30分から特別に放送されることが発表された。放送される作品は、視聴者からの登場怪獣への投票で決定される。今回エントリーされているのは、「古代怪獣ゴメス」(第1話)、「火星怪獣ナメゴン」(第3話)、「冷凍怪獣ペギラ」(第5話)、「隕石怪獣ガラモン」(第13話)、「コイン怪獣カネゴン」(第15話)といういずれも劣らずの人気怪獣たち。
 ちなみに3人がカラーで観たい怪獣としては、「海に落ちて溶けていくところが印象に残っているからナメゴン」(佐原)、「ペギラは怪獣らしくて好きだね。カネゴンもいいなぁ」(西條)、「ガラモンが好きですね。あとは(自分が演じる)由利ちゃんもカラーで観てほしい」(桜井)と3者3様の意見が飛び出した。
 西條が「セリフをちょっと言っただけでも、本当に昔のまんま。若いころに戻るんだよね」と語る通り、3人がかもし出す雰囲気は、時を重ねても、45年前の淳、一平、由利子のままであった。(取材・文:壬生智裕)
「ウルトラQハイビジョンリマスター版」はWOWOWにて6月27日午後4時45分~7月中旬まで平日の午後連日放送(6月26日午前10時に1~2話の先行無料放送あり)
【関連情報】
・WOWOW「ウルトラQ ハイビジョンリマスター版」ページ
・伝説の特撮ドラマ「ウルトラQ」モノクロ版のハイビジョン一挙放送とフルカラー版DVDの発売が決定
・45周年記念「ウルトラQ」より総天然色ソフビ怪獣が発売 円谷プロが監修を担当
・ウルトラシリーズ元祖「ウルトラQ」、45年の時を経てハリウッド最新技術で「総天然色ウルトラQ」として復活が決定
・ウルトラマン、中国で邦画史上最大のヒットを記録 小泉元首相も出演のオールスター映画



http://news.livedoor.com/article/detail/5640533/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








willemkanさん

映画「ダンス ウィズ ウルブズ」 映画「ダンス ウィズ ウルブズ」の最後に白人たちが見つけたインディアンはスー族ですか?
見た目、違ったように思えたのですが。
あれはどういう意味ですか?
補足質問内容が分かりにくくてすみません。聞きたいのはラストで白人達が案内されて見つけたインディアンはスー族なのか?それとも違う部族なのかということです。直後にスー族のその後が説明されていたので、スー族のような気もします。



ベストアンサーに選ばれた回答


diamondscaveさん


「あれはどういう意味ですか?」 というのはスー族と違ったように見えたということでしょうか?
それを前提に回答いたしますが,よく「正義の味方」として出てくる「騎兵隊」.アメリカ開拓史を読んでいると,彼等は白人移民・
開拓者を保護しアメリカ・インディアンからの襲撃から守り最終的には白人社会を造るために約200部族いたアメリカン・インディアンを90部族にまで殺戮しているのです.そのことが,この映画のラスト・シーンで描かれているのです.映画設定のインディアンはスー族です.他の映画も含めて純粋のスー族だけでは人数が不足することもあって,ナバホ,アパッチ,シャイアン,場合によっては東洋人をも使います.それは,日本人役に他のアジア人を使うのと同様です.ひどい映画では,白人にメーキャップをしてアメリカン・インディアンに仕立てることなんか平気ですから,ハリウッドの連中は.
補足:回答しました後で私の感違いのような気がするもんで追記します.すみません.
私はモニュメント・バレーによく行きますのでナバホ族の友人がいますが,他の例えばコマンチ族などと違いはすぐには分からないので,質問者さんの意味は別なのかと・・・.「ダンス・ウイズ・ウルブズ」はK・コスナー監督ですからいい加減な映画ではもちろんありませんが・・・

補足説明ありがとうございます.映画の流れからしてもやっぱりスー族だと思います.「はっきりスー族と言い切れるかとご質問されたら断言はできませんが,スー族に育てられた白人女性「揺れる手」との末路を暗示したコスナーのメッセージと受け取り私はスー族だと思っていますけど.そこまで気をつけて観られた質問者さんはかなりの映画通ではありませんか.


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1041130670
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


星野真里が16歳の野球少年に! 初の男役に挑戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110616-00000338-oric-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。