スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さや侍」野見さん 女性ファンから花束に満面の笑み

こんにちは、ありがとうございます。



 ダウンタウン・松本人志(47)が監督を務めた公開中の映画「さや侍」で主演した野見隆明さん(54)が17日、都内で舞台あいさつした。

 上映後にファンのお見送りなどをする企画で、劇場入り口付近に立ちがっちり握手。女性ファンからプレゼントを手渡される一幕もあり「うわ~!ありがとうございます」と満面の笑みだった。同イベントは24日まで首都圏の映画館24館で実施され、その後は関西を含めた全国の劇場も訪問する予定。野見さんは「一人でやるとは思っていなかったので緊張しましたが、今後も頑張ります」と意欲を見せた。

■関連記事
・分析した松本人志「壊してやろうという気持ちから始めた」
・松本人志自信「さや侍で見方を変えてもらえる」
・松ちゃん映画「大日本人」ハリウッドでリメーク!
・松本人志 第3弾は時代劇「二度と撮りたくない」



http://news.livedoor.com/article/detail/5643378/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








takisanchisanさん

映画のアバター


おもしろいですか?




ベストアンサーに選ばれた回答


izuminokamiosafuneさん


まぁ、面白かったですね。観て損は無いかと。


物語は非常に単純で、ありがちな「定番モノ」です。ド真ん中ストレートです。


その、定番モノの物語の中で、非常に見事な演出の積み重ねにより、新しい映画作品を誕生させています。


それまでの、同じようなテーマと物語の作品と、見比べてみると面白い。完全に、「新たな一歩」を踏み出しています。演出でも、技術でも。


文明の衝突を描き、異民族側に観客の感情移入を誘う演出の積み重ねが、上手いな、と思いました。また、定番モノながら、結末は意外性があった。


そして、さりげなく、現実世界の社会問題を風刺する形を取っていて、なるほど、と感じましたね。グローバリズムやイデオロギーや歴史など、あぁ、そういうことか、と気付かされ、考えさせられます。大人はこれら社会的メッセージに気が付くでしょうし、気がつかない子供も、だからと言ってなんら鑑賞に問題はありません。


「映画とは、このように作るんだ」という、教科書のような作品。


キャメロン監督の上手さが感じられました。


お馴染みの定番物語を土台に、観た事の無い映像で観客を圧倒する、超正統派のエンタメ作品です。


あえて単純にしている物語にケチをつける人もいますが、もっと「製作者の意図」を理解してもらいたいものです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1363623878
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


春の叙勲 海部元首相、浅丘ルリ子さんら
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20110618-00000007-nnn-pol


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。