スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よゐこ・有野、日本人で初めてハリウッド作品のコメンタリーに!監督とゲーム談義

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大ゲームファン同士、相通じるものがあった様子のよゐこ・有野晋哉とエドガー・ライト監督(C) 2010 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED 日本から斉藤祥太・慶太が出演している映画『スコット・ピルグリムVS. 邪悪な元カレ軍団』のブルーレイ&DVDが9月に発売されることとなり、ブルーレイには本作のエドガー・ライト監督とよゐこ・有野晋哉による撮り下ろしビジュアル・コメンタリーが収録されることが明らかになった。ハリウッドのメジャー作品のコメンタリーに、言語の異なる日本人が監督と共に参加するのは史上初めてのこと。日本のゲーム文化に通じている両者のディープな話は、本作をよりよく理解する助けになる……かも!?
 よゐこ・有野がライト監督と共にビジュアル・コメンタリーに臨んだ本作は、海外の人気コミックを実写映画化したもので、ゲーム「ゼルダの伝説」「ファイナル・ファンタジー」シリーズの音楽が随所で流れたりと、原作同様、日本のゲームやマンガといったサブカルチャーへのオマージュにあふれた作品となっている。本編を観ながら繰り広げる2人の話は、「パックマン」「ドンキーコング」「鉄拳」といったゲームの話から、一見映画とは関係なさそうな(?)日本アニメ、プライベートな恋愛話まで多種多様。日本のゲームやアニメのファンが楽しめるのはもちろん、あまり詳しくない人にとっては、本作をよりよく理解するヒントになるはずだ。
 今回のコラボは、原作者ブライアン・リー・オマリーが、有野監修のゲームソフト「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」の大ファンだったことから実現。有野は「エドガー・ライト監督、めっちゃいい人やった」、ライト監督は「アリノさんとの楽しい2時間だよ」と言葉は違えど、オタク文化を愛する気持ちは万国共通であることを感じさせるコメント。とりわけライト監督は、作中に散りばめられた小ネタをちゃんと理解してくれる人がいること喜んでいる様子だった。
 本作は、映画『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』など、映画オタク的な作風で人気を博したライト監督のハリウッド進出第1作。マイケル・セラ、アナ・ケンドリックなど、次世代のハリウッドを担う俳優陣が多数出演していることでも話題になった。ブルーレイには上記ビジュアル・コメンタリーほか、シネマライズで行われた映画評論家・町山智浩のトークショーのもようも収録されている。(編集部・福田麗)
『スコット・ピルグリムVS. 邪悪な元カレ軍団 The Ultimate Japan Version(ブルーレイ+DVD)』は9月2日に発売 価格: 4,980円(税込み) DVDも同時発売
【関連情報】
・映画『スコット・ピルグリムVS. 邪悪な元カレ軍団』オフィシャルサイト
・『スコット・ピルグリムVS 邪悪な元カレ軍団』ビジュアル・コメンタリー
・兄弟でハリウッドデビューの斉藤祥太&斉藤慶太が登壇!客席の父親に「親父、拍手してないじゃん!」とツッコミ
・「スター・ウォーズ」大型記録全集が発売 価格5万円・重量10キロ・オールカラー336ページの決定版!
・『X-MEN』最新作やっぱりすごいかも!各界のクリエイターが絶賛「メタルギア」小島秀夫も「最高傑作」と太鼓判



http://news.livedoor.com/article/detail/5644898/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








gilgilheroさん

映画 陰日向に咲く
見ました。宮崎あおいさんがとても可愛かったです。特に「雷太さん、うち決めたけぇ。コンビになってごしない!」が究極に可愛かったです。
みなさんはこの映画全体的にどう思いましたか?




ベストアンサーに選ばれた回答


o_0_ovo_0_oさん


何の予備知識もなく観たんですが、ラストは号泣しましたね。

そして、驚いたのは、こんなアイデアを、あの劇団ひとりが考えついたのかと云う事。

後から原作を読んだのですが、確かにアイデアの骨格はあり、処女小説で、連作技法を上手く生かした手腕には感心させられましたが、正直な所、各エピソードとも、せいぜい若者が考えた小粋なアイデアストーリーと云った域を出ず、やや感動が薄味なのは否めず、映画は、かなり工夫が凝らされていたなと感じました。


※以下、内容に触れますので、ご注意ください。
















原作の最初のエピソードである「道草」の主人公(映画では三浦友和が演じたリョウタロウ)と、「Over Run」の主人公、ギャンブル好きな駅員(映画では、岡田准一演ずる観光バス運転手沢渡シンヤ)を組み合わせたアイデアで、原作の方では印象が薄かった両方のキャラクターが、映画では見事に生きたのと同時に、映画オリジナルの感動話を作り上げている点。

特に、原作で弱かった「オレオレ詐欺」に至る経緯がかなり説得力を持っている点。

原作のエピソードの中で、一つだけ時代設定が違う「鳴子と雷太」の話を、鳴子(宮崎あおい)の娘寿子(宮崎あおい-二役)を登場させ、さらにシンヤとも組み合わせた事で、シンヤのどん底状態を描くと共に、ラストの感動に繋げている点など、原作のアイデアを踏襲しながらも、さらに膨らませて、映画独自の世界を作り上げている事に感心させられました。

ただ…、あまりに芸達者な西田敏行のアドリブ風話芸を聞いていると、これが「若い頃、全く笑いの才能がなかった男」か?と云った、若干の違和感も感じないではなかったですけどね。

原作の方は、(映画では省かれた「ピンボケな私」に代表されるように)どちらかと云うと「若者目線」で書かれている印象が強いので、若い世代には原作の方がより身近に感じられるかもしれませんが、映画の方はやや大人目線になっており、その分、ある程度、人生を経て来た大人が観た方が、より感動出来るのではないかと感じました。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1134184341
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


松本人志、監督として国内で初めてファンと直接対話 白熱1時間
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110617-00000345-oric-ent


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。