スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70歳で美女健在!浅丘ルリ子、山に捨てられた老婆演じる『デンデラ』初日に旭日小綬章の喜び語る!

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大「70歳というのはいい歳」と浅丘ルリ子 6日、映画『デンデラ』初日舞台あいさつが丸の内TOEIにて行われ、主演の浅丘ルリ子、倍賞美津子、草笛光子、白川和子、山口美也子、角替和枝、田根楽子、赤座美代子、天願大介監督が登壇。司会者から、芸術や文化などで功績を残した人に贈られる、旭日小綬章を先日受賞したことを祝福された浅丘は「とても不思議。(現在の年齢である)70歳というのはいい歳なのかなとうれしく思いました。56年間コツコツやってきたことが賞につながったのかもしれません」と長年の功績が認められた喜びを語った。
 本作は70歳を超え、うば捨て山に捨てられた老婆50人が、共同体“デンデラ”を作って懸命に生き延びようとする姿を描く衝撃作。日本の映画・演劇界を支えてきた大ベテラン女優たちが集結し、ロケ地となった冬の寒さ厳しい山形県庄内地方で、驚異的な生命力を発揮する老女たちを熱演している。
 50人目の新参者としてデンデラにやってくる主人公・斎藤カユ役の浅丘は過酷な状況だった撮影を振り返り、「(寒さをしのぐための)炭の数が足りなくて、隣町の炭も買い占めたし、カイロも25,000個用意しました。でも共演者の楽しくうるさいお姉さんたちがしゃべりまくっていて、楽しかったですよ」とたくましいコメント。
 すると平和主義者・椎名マサリ役の倍賞も「(寒さをしのぐため)よくお互いくっついていたよね」と言って隣の白川と体をピタリとくっつけて当時を再現。さらに、デンデラの創始者で100歳の長老・三ツ屋メイを演じた草笛は「50人もそろえば女も強くなる。(共演者は)みんな一緒に戦った戦友です!」と力強く語ったほか「役作りのときはゴムでシワを作った顔にしていたけど、今日は(シワを)のばすほうのゴムを付けてきました(笑)!」と貫禄たっぷりにジョークを語り、客席を沸かせていた。
 そんなベテラン女優陣の熟女パワーあふれるトークに、天願監督もタジタジな状態に。「今までの撮影現場では(周りより)自分が年上なことが多いけど、この撮影現場では若造でした(笑)。みなさんお元気で、よくしゃべって笑って走りまわって……男はダメですね。女のほうが強いと思いました」と今作の撮影で女性の強さを改めて実感した様子だった。
映画『デンデラ』は佐藤友哉の同名小説を基に、天願大介監督がメガホンを取った人間ドラマ。天願監督の父親である故・今村昌平監督のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞作で、山に捨てられる老婆と、その息子の心の葛藤を描いた『楢山節考』(1983年)の後日談的な色合いも持つ作品となっている。(古河優)
映画『デンデラ』は全国公開中
【関連情報】
・映画『デンデラ』オフィシャルサイト
・映画『デンデラ』写真ギャラリー
・70歳の浅丘ルリ子、クマとの格闘を「自分でやりたい」と申し出!女優魂あふれるコメント連発!
・絶対に万引きさせません!浅丘ルリ子ら、うば捨て山老婆の目力が強過ぎ!映画『デンデラ』迫力満点の万引き防止ポスターに!
・映画入場料はやっぱり高いが9割!大幅な観客動員には劇的値下げが必須!-映画鑑賞経験者への調査結果



http://news.livedoor.com/article/detail/5662490/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








ajapk_aさん

映画について


以下、「」内は友人からの代理質問です


「映画には制作、監督、脚本、原作とありますが

その中でも制作って何をしている方なんですか?
また、良い映画の基準として皆さんはどの役割が一番重要だと思いますか?

全てが重要だと思いますが僕は敢えて付けるとしたら1に監督で2に原作が重要だと思っていて、何を見るか迷った時はそれらを参考に映画を見ています。
皆様の知恵とご意見お待ちしております。
宜しくお願いします。」


だそうです。宜しくお願い致します。
補足友人からではなく個人的に気になった事があるので追加質問させてください・・・
恋愛とは関係ないアクション映画等で唐突に恋愛シーンが入る事があり不自然に感じて冷めてしまう事がよくあります
単純にラブシーンをいれるとウケが良いのでしょうか?
くだらない質問かもしれませんが合わせて回答していただけると有難いです



ベストアンサーに選ばれた回答


handsamv9さん


制作、製作、あるいはプロデューサーと言われている人々の役割は、現場の人々が仕事を
しやすいように外側からコントロールすることです。

ただし、今の邦画や、海外の、製作委員会制度(複数企業が資金を持ち寄って、1つの作品を
メディアミックスの形で売りに出す仕組み。今の邦画の9割がこの方式に頼って作られている)の
「製作」は、「船頭多くして船山に上る」のことわざ通り、映画を知らない人間の意見をやたらと
ばらまいて、現場を混乱させる人々のことを指します。

良いプロデューサーは、お金を出して、スタッフを集め、撮影の手はずを整えて、現場にはなるべく
意見を言わない。そして、完成した映画に対して「こういう直し方はどうだろう」と、映画としての
完成度を高めるための助言をする、そういうのが良いプロデューサーです。

良い映画の基準は脚本です。
脚本は全ての土台であり、これが駄目な映画は監督がどんなに頑張っても駄目です。

ただ、今の脚本は脚本家一人のものではなく、書かれた後でプロデューサーや、監督が
叩いて(直して)いくのが普通。それこそ、あくまでも映画の土台であって、そこから映画を
さらに良いものにしていくのは、やはり現場のスタッフ、監督、役者です。

ちなみに、原作はあくまで土台。
それに準じて作るのも、それを元にして全く別のアプローチをするのも、プロデューサーや
監督次第。なので、原作はそれほど重要だとは思いません。
もちろん、原作が大ヒットしたものを映画にするなら、商売的には重要ですけど、
全く原作とそっくり同じに作るなら映画にする意味はないと思います。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1025576845
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ジュリア・オーモンド、スーパーマンの母役に?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110626-00000001-eiga-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。