スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダコタがセクシー下着姿で熱唱、伝説のガールズバンド描いた映画がDVD化。

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大“天才子役”として世界中にその名を轟かせたダコタ・ファニングもいまや17歳。そんな彼女と、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュアートという2人の実力派若手女優が共演した映画「ランナウェイズ」のDVDが、8月26日に発売されることがわかった。価格は3,990円(税込み)。  

「ランナウェイズ」は、クイーン、レッド・ツェッペリン、イーグルスなど、男性バンドが中心だった1970年代のロック界に殴り込みをかけ、電光石火のように時代を駆け抜けた平均年齢16歳の“伝説のガールズロックバンド”ランナウェイズを描いた作品。実在のバンドの結成から解散までを映画化している。

ストーリーはランナウェイズのボーカルだったシェリー・カーリーの自伝「NEON ANGEL」をベースにしており、同バンドのリーダーであるジョーン・ジェットがエグゼクティブ・プロデューサーとして参加・製作した。監督は、デヴィッド・ボウイ、ビョークやマリリン・マンソン、ホワイト・ストライプス、クリスティーナ・アギレラらのミュージックビデオを手がけてきた映像作家のフローリア・シジスモンディで、この作品が初の長編映画となる。

成長したダコタのセクシーな下着姿や、女性同士の過激なキスシーンもある「ランナウェイズ」。2人の女優や70年代のロックが好きな人はもちろん、今春の劇場公開を見逃した人も要チェックだ。    


☆「ランナウェイズ」ストーリー

1975年、ロサンゼルス。ジョーン・ジェットは、ロックがやりたいと周囲に訴え続けるが、誰にも相手にしてもらえない。そんなある日、敏腕プロデューサー、キム・フォーリーに出会い、男まさりな格好のジョーンや他のメンバー、女性らしいルックスのチェリー加わり、最強のガールズバンド・ランナウェイズが結成される。活動を始めた彼女たちは、男たちから差別を受けながらも着実に実力をつけ、その人気は世界中に飛び火していく。しかし、シェリーのルックスばかりに注目が集まり色物扱いされる苛立ちと、嫉妬からバンド内に軋轢が生まれ始める……。


http://news.livedoor.com/article/detail/5663769/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








tomotomost24さん

映画ソルトについて
映画の冒頭で 男性がロシア領事館??で
タレこみを行いましたが
なんでそんな必要があったのでしょうか?
エレベーターで人を殺してまで、、、

教えてください




ベストアンサーに選ばれた回答


minamomamiさん


長文につき ウザいでしょう…しかも余分な回答もふんだんに含み恐縮ですm(_ _)mが、以前に回答した「ソルト ネタバレ」をコピー致します。


定期的に質問にあがる「ソルト ネタバレ」
以前回答したもの(2件)を転写させて頂きます。

以前にした私の回答を転写します。説明不足でしたら再度書き込みさせていただきます。

まず最初に理解につまずき易いのが、貴方の仰るロシア大統領の暗殺を何故ロシアスパイが画策するのか?なんだと思いますが、このKG12(旧ソ連時代のKGBをパロッたみないな ^^; )は、もはや 国体を失ったテロリストみたいな存在なんだと思います。よって、アメリカに日和った現ロシア政権(大統領)とは国益を共有しない訳なんです。
よって、ロシア大統領をアメリカ人が暗殺し、ロシア世論をソ連時代の旧体制(いわば、KG12主導の権力体制)を復活させるべく煽動する目的があった。しかも、アメリカの中東に対する核攻撃をも画策しアメリカの国力を失墜させようとした。

で、ソルトの対応がロシアスパイ?アメリカCIA?と揺れる演出がキモなんですが、まずソルトは間違いなくKG12で養成されたロシアスパイです。しかし彼女自身、 もと教官のオルロフからの密告がスイッチになる迄その事実を思い出す事は無かった訳です。ロシア側はソルトの裏切りに保険をかける意味で旦那を拉致、ソルトは旦那の命を救うためにロシアスパイの振りをして大統領を暗殺したように見せた。本来この筋書はCIAの上司でありロシアスパイである テッド が画策している訳ですから、ソルトがこの時点でアメリカ側に説明しても脚本上意味が無いし物語のアクションの原動力を削ぐ事にしかなりませんから無意味ですね。
ここでもハッキリしているのは、貴方の仰るとおりソルトは既に北朝鮮での拉致から救い出してくれた旦那によって、KG12でうけた洗脳から解き放たれていた、と言う事ですね。なので、開放後に抱き合う2人を悲しく意味ありげに見ていた
テッドは もしかしたら、ソルトは完全に洗脳が解けている?&ジェラシー から今回のオルロフの密告を画策した伏線になっているんです。
では何故 旦那を殺したKG12を皆殺しにした時点で去らなかっのか?
ここが、今回この映画ひいてはアンジェリーナ ジョリーが一番言いたい事だと私は考えるんですが、彼女は私生活でそうであるように、博愛・人道主義者として有名です。なので、未来ある いたいけな子供を私利私欲のために革命戦士と言う
人間兵器に育てあげたKG12が心底許せないんですね。私はこの ソルトが同じく洗脳され誤った道を選択させられた同窓生達を彼等の幼年期のシーンにだぶらせながら 淡々と殺して行くシーンを見て泣きました(T_T)
ただ、それだけだと映画のカタルシスになりませんからついでにアメリカも救っておこう位のもんですね(^^)

なので、最後のヘリの中でピーボディに まだまだ残っている自分のKG12組の同窓生を皆殺しにする約束をして夜のポトマック川に飛び出す…
いかがでしょうか?

長文ですが、以下↓に前回の私の書き込みを転写いたします。m(_ _)m

ザックリと説明します。
ソルトとテッドはKG12で養成された旧ソ連時代のスパイです。(テッドはソルトより先に養成所を卒業している)
元教官のオルロフに亡命スパイとしてCIAでソルトの正体をバラすように仕込んだのは実はテッド。

ソルトは本当にロシアスパイなのか?違うのか?と匂わすのが物語中盤位までのキモなんですが、実は物語の最初で語られる北朝鮮でのソルトの拉致開放劇において、昆虫学者の献身により救われたソルトはその時点で1人の女に生まれ変わった
と言うのがこの作品の主題。

それを知ったテッドはテロ決行作戦にソルトを囮にして自分が革命のヒーローになるべく画策する(なんだ、テッドの横恋慕じゃん…)

なので、私の最愛の亭主を殺したロシアスパイは皆殺しよ!ついでにアメリカも救っちゃえ…(^^)と言う訳。

ラストのヘリの中での尋問で、ソルトの話を信じたピーボディ(黒人)は未だなおアメリカに潜むロシアスパイを根絶やしにするべくソルトをポトマック川に開放したんですね。

よろしいでしょうか?

補足します。

>ソルトは一体どんな人で最後こんな目に合わせた奴らに復讐するといったセリフ

物語の中でソルトが何に対して1番憎しみを向け復讐を誓っているのか?
それは私生活でも人道的で博愛主義者で有名な彼女の信念に鑑みれば分る通り、「子供たち」から自由を奪い洗脳し間違った革命戦士(犠牲者)に育てあげたKG12に対してですね。
これを宗教(イスラム教)にまで置きかえると手垢のついたシチュエーションになってしまうので、アンジーの信念に絡めて


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1365024413
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ブルース・リー記念館、頓挫の危機=香港
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110627-00000013-jij-int


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。