スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「るろうに剣心」が主演・佐藤健で実写映画化!「龍馬伝」コンビが人気作に挑む!

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大映画「るろうに剣心」の主演は佐藤健。 (c)和月伸宏/集英社 写真一覧(4件) あの伝説の剣客マンガ「るろうに剣心」がついに実写映画化する。そして、主人公の緋村剣心役には、「仮面ライダー電王」で注目を集めてから次々とドラマやCMなど活躍の場を広げている佐藤健が抜擢された。

 「るろうに剣心」は、1994年から1999年に「週刊少年ジャンプ」で連載された剣客マンガで、全28巻の単行本の累計発行部数は5,000万部を超える大人気作品。明治維新の時代、「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客・剣心が、維新後は「不殺(ころさず)」を誓い、流浪人として全国を旅する。そして、神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵たちとの戦いを通じて、罪を償うための答えと新たな時代での生き方を模索していく物語である。

 実写映画化の企画は、今まで何度となく持ち上がってきたが、全28巻の原作を映像化することは至難を極め、なかなか実現には至らなかったそうだ。今回の実現までには、3年ほど前から準備を始めていたようだ。

 また、今回、実写映画化が実現したのは、主演の緋村剣心役を演じる佐藤健の存在が大きかったようだ。人気マンガの実写化ということでキャスティングに難航していたが、佐藤のルックス、背格好はまさに剣心そのものということで抜擢。実写映画化が実現した。プロデューサーの松橋真三は、佐藤について「剣心というキャラクターは、過去の業を引きずりながらも、愛くるしい笑顔が魅力で、週刊少年ジャンプの中でももっとも愛された作品のひとつで、女性読者も多かった。自らの宿命と対峙しながらも、決して暗くならず、まわりを安心させる笑顔ができる役者は、いま佐藤健しかいない。」と話す。

 大河ドラマ「龍馬伝」に岡田以蔵役で出演した佐藤だが、実はそれより以前に映画『るろうに剣心』のオファーは来ていた。佐藤は「「龍馬伝」で演じた岡田以蔵役では、心を無にして以蔵という役を生きることに集中していましたが、今回の剣心という役は、原作のある作品で、誰もが知っているキャラクターだからこそ、役を生きるだけでなく、“見せる”演技が問われていると思います。ディテールにもこだわって、スタッフさんと剣心像を作っていきたいと思います。一生懸命頑張りますので、ぜひ期待してください!」と語っている。

 今作の監督は「龍馬伝」の大友啓史が務める。大友は「佐藤さんとは「龍馬伝」で信頼しあってやってきた仲。今回は彼の魅力をさらに引き出すべく、“人斬り”の業にこだわって、芯強く生きる剣心をお見せしたいですね。」と意気込みを語る。また、原作の世界観を維持しながら広げていくために、スタッフには原作ファンを入れて撮影をしているようだ。そのファンたちの反応も、場面毎に歓喜の声があがるなど、上々の様である。大友と佐藤の「龍馬伝」コンビが、どのような“るろ剣”を生み出すのか見物である。
 映画『るろうに剣心- 明治剣客浪漫譚 -』は、2012年公開予定。


【MOVIE ENTER おすすめニュース】
・【2011上半期アワードvol.1】でんでんが、もう悪人にしか見えない!あの猛毒映画の順位は?
・美女が誘拐犯の魔の手から生き残るためにすることは?あなたの決断が彼女を救う!?
・合コン会場にUFOが襲来?好きな場所にUFOを呼べるアプリ
・『SUPER 8/スーパーエイト』がパイレーツを押さえ、初登場1位


http://news.livedoor.com/article/detail/5666295/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








oinarichamaさん

映画「黒部の太陽」
石原裕次郎主演の有名な作品ですが、現在はビデオ・DVD化されず、劇場で上映されることもない「幻の映画」となっています。
最近舞台化されワイドショーなんかで取り上げられていますが…映画自体が一般の目に触れることは全くない状況です。

この映画が‘封印’されているのはどんな理由からなのでしょうか?

ウィキの記述では「石原プロがフィルムを貸したがらない」などとありますが、内容に問題・タブーがあるなら今回何故舞台化したのか(舞台化には石原プロが全面協力している)疑問です。




ベストアンサーに選ばれた回答


cxdscxdscxdsさん


他の皆さんが言われているように大スクリーンで見てほしいという裕次郎の意思(今となっては遺言)の他にも、大きな問題がありました。それは収入の権利関係と言う大人の事情です。三船プロ・石原プロという二大スターの冠を付した事実上の個人事務所の共同制作ということに加え、配給会社である日活も絡んでおり、非常に複雑です。
もしこの映画がビデオ化されたとしたら、権利関係でもめることは目に見えていたので、裕次郎含め関係者全員がそれを希望しなかったと言うのが定説です。
私はこの映画を以前、10年くらい前に見たことがあります。それはホームビデオ普及期(昭和50年代初期と思われる)にテレビで放映されたものを録画したものでした。この時代の映画は台詞に差別的表現を用いていることがあり、テレビ放映時にそこは既に無音(口パク映像)となっていました。(この程度はこの時代の大概の映画であります。子供向けの「巨人の星」、「タイガーマスク」、「あしたのジョー」なども再放送では無音部分だらけでした。名作で名高い「アルプスの少女ハイジ」でさえ、無音部分はあります。)
しかしストーリーに大きく関係するような問題箇所ではありません。
ですから、物語に影響を及ぼすようなタブーはありません。うろ覚えですが、確か誰かの身内が(そのことに触れることが差別的とされる)病気ということだったと思います。ですからその部分がなくても物語としては十分成立します。
(余談ですが、数年前中居正宏主演で「砂の器」がテレビドラマ化されていましたが、あれは原作の設定の「主人公の親がハンセン病」ということがタブーであったためそのことに全く触れられておらず、主人公が殺人事件を起こす動機の部分がぼやけており、物語が成立していませんでした。)

物語は世紀の難事業に挑み、日本の高度成長期に向け尽力した男たちの生き様を描いたもので、来年には香取慎吾主演でテレビドラマ化されるようです。
ですから物語自体はタブー系ではありません。
また既出の「大スクリーンでの上映」だけが、ビデオ化されていない理由ならば、筋を通すことを重んじる石原プロがテレビドラマ化を許すはずはないと思いますので、このことからも収入の権利関係がビデオ化(その後のスクリーン興行含む)されていない最大の理由と思われます。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1419698514
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


佐藤健で「るろうに剣心」実写化! 「龍馬伝」監督と再タッグ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110628-00000001-cine-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。