スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新垣結衣が日本橋の殺人事件の鍵を握る。『麒麟の翼』で阿部寛と対決!

こんにちは、ありがとうございます。


新垣結衣が映画『麒麟の翼』に出演決定 写真一覧(3件) 2012年1月公開予定の映画『麒麟の翼~劇場版・新参者~(仮題)』に、新垣結衣の出演が決定した。

 原作の『麒麟の翼』は、東野圭吾の大人気ミステリー“加賀恭一郎シリーズ”最新作にして、作者自身が最高傑作と認めるベストセラー。シリーズは、TBS日曜劇場にて2010年4月に、阿部寛主演『新参者』として放送された。今回の映画版は、その続編となる。新垣が演じるのは、日本橋の上にある“翼のある麒麟の像”の前でおきた殺人事件の容疑者の恋人・中原香織役。謎が謎を呼ぶ難事件の真相に深く関わる人物であり、現代日本の社会で希薄になりつつある“人間の絆”とは何なのかを改めて問い直す本作品の重要なテーマを担う役どころだ。

 今回、本格ミステリーに初挑戦することになった新垣は、「私の演じる香織は、好きな人がいて、その人のことをずっと信じている。けれど辛い出来事があって気持ち的には沈んでしまう役どころなので演じていて辛い部分はありました。刑事さんたちに問われるシーンでは、役ではない自分の感情が入ってきてしまい、それは初めての感覚でした。」と役の難しさについてコメントしている。

 しかし、監督の土井裕泰氏は、「今回は“容疑者の恋人”という複雑な心情の役を演じてもらいましたが、嘘と真実が入り混じる心のかすかな動きさえも自然体に表現してくれたことで、役に深い人間味が与えられたと思います。演出家としては『ハナミズキ』の時より、俳優として、ひとりの女性としてまた一歩成長されたなぁと感じました。」と太鼓判を押している。

 新垣と阿部の共演は、「ドラゴン桜」以来の実に6年ぶりとなる。一流女優として成長した新垣が阿部とどの様な演技のぶつけ合いをするのか、そして、真相を探る刑事・加賀恭一郎との対決の結末はどうなるのか、今から期待で胸が高鳴るところである。

【MOVIE ENTERおすすめニュース】
・日本の宴会娘「あやまんJAPAN」と全米の二日酔いコメディ『ハングオーバー』が全面対決?六本木の夜が燃える!
・美女が誘拐犯の魔の手から生き残るためにすることは?あなたの決断が彼女を救う!?
・【2011上半期アワードvol.1】でんでんが、もう悪人にしか見えない!あの猛毒映画の順位は?
・矢追純一と山本モナがUFO談義。「アメリカで捕まえた宇宙人は日本人に似ていた」


http://news.livedoor.com/article/detail/5671932/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








hagihinapapyさん

映画「2001年宇宙の旅」 スタンリー・キューブリック監督
のラストシーンが何度見ても、よくわからない・・・

寒々とした部屋に、船長のカプセルが到着、
そしたら、じいさんが、食事している、
そして、
生まれる前の赤ん坊のような・・

みなさん、コレ、わかります?

詳しい方、おりましたら、
ご教示ください。

古い映画ですみません・・・




ベストアンサーに選ばれた回答


pipokun1048さん


以下に最も一般的な解釈(アーサー・C・クラークによる小説版の内容と同じ)と思われるものを書いてゆきます。
もちろん、内容の解釈は自由ですので、違うお考えを持っている方もいらっしゃると思います。
(監督のスタンリー・キューブリックは観客に解釈を委ねています。)

キューブリックはこの映画に関して、「科学的に定義された神」という発言をしています。これは宗教的な意味ではなく、ある生命が究極の進歩を遂げると、それは人類にとって神に等しい存在になる、ということです。
なので、この映画は「究極に進歩した生命と人類の出会い」を描いた映画として見ると、いろいろわかってきます。

宇宙飛行士をあの場所に呼び寄せたのは、宇宙のどこかにいる、人知を超えた知的生命です。(以下その知的生命を「それ」と呼びます。)
目的はわかりませんが、「それ」がやろうとしたのは、人類を新しい段階に「進化」させることです。
そして、「それ」がツールとして用いるのが、黒い立方体、いわゆるモノリスと呼ばれているものです。

(以下、物語のプロセス)

1.400万年前の地球。「それ」は人類の祖先であるヒトザルに、モノリスを通して「武器」という知恵を与える。それによって、ヒトザルは人類への第一歩を歩み始める。

2.同時に、「それ」は月にモノリスを埋める。人類は「それ」の目論見通りに進化し、月のモノリスを発見する。

3.月のモノリスは、発見されると、木星に向かって強力な電波を発信する。人類はその謎を解くために、木星に向かう。
つまり、木星に行けるくらいに進歩していれば、人類には「それ」に迎えてもらう資格が出来たわけだ。人類は、それとは知らず、導かれてゆく。

4.木星の軌道上には、巨大なモノリスが浮いている。そのモノリスは、おそらく四次元的な「門」(スター・ゲートと呼ばれる)を開き、宇宙飛行士を宇宙の遥か彼方に導いてゆく。

5.宇宙飛行士は「部屋」にいる。そこは最終目的地。
「2001年宇宙の旅」は、ホメロスの叙事詩「オデッセイア」を下敷きにした物語。「オデッセイア」では、苦難の旅を終えた主人公が、最後に眠るところで終わる。(白い部屋らしい。)
(ちなみに、「オデッセイア」のボスキャラは一つ目の巨人サイクロップス。「2001年」のボスキャラであるコンピューターHAL9000も一つ目。)
あの部屋は、宇宙飛行士を最終的に迎えるためのもので、小説版にも登場する。
ただ、美術的(まるで18世紀あたりのヨーロッパを思わせる)には、監督スタンリー・キューブリックの趣味が炸裂したもの、と考えて間違いない。
(これはキューブリックの「バリー・リンドン」や、司令部をお城にしていた戦争映画「突撃」を観ているとわかります。)
要するにあの部屋のビジュアルは、哲学的な意図もあるかもしれないが、それ以上にキューブリックの「撮りたかった絵」だった。
しかも、あの部屋は、古臭いようでありながら、どこか実験室にように寒々しく清潔で、まるで観察されているよう。そういう意図もあるのだろう。
その部屋で、宇宙飛行士は年をとっていき、最後に老人となる。つまり、何かに生まれ変わるために、一生を経験する。(これも小説版も同じだが、映画はなんらかの理屈よりも、人間としての生命の終りと再生の一種芸術的な表現をした、と見ることも出来る。)

6.宇宙飛行士は赤ん坊(スター・チャイルドと呼ばれています。)に生まれ変わる。これは、「それ」による人類の進化が成就または終了した、ということ。
つまり宇宙飛行士は、「それ」に導かれて、人類の次の段階に進化した。

そして、赤ん坊は地球に戻ります。宇宙に浮いて、地球を眺めています。何をしているのか、これからどうするのか、それはわかりません。
新しい生命として、地球にいる他の人類を導いてゆくのかもしれません。(この場面を、「赤ん坊はヒトザルのいる過去の地球に戻っていて、人類の進化にたずさわる」とする解釈もありますが、私はその意見を取りたくありません。また小説版には、スターチャイルドが地球で起ころうとしている最終戦争を止めようとする、というちょっと抽象的な描写があります。)
ただ、これは実際にスターチャイルドが地球に戻って軌道上を浮いているという風にそのまま受け止めるのではなく、人類が新しい段階に進化したのだ、という意味を観客に伝えるための象徴的な場面、という見方も出来ると思います。

この映画はアーサー・C・クラークが名作SF小説「幼年期の終り」で描いたテーマを元にしています。宇宙の超越的な知性によって人類が新しい段階に進化する、という物語です。実はそう考えれば、映画はさして難しいことを描いているわけではないことがわかります。
大変長くなりましたが、以上です。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1359390823
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


鮫島事件
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110630-00000003-rnijugo-ent


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。