スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あやまんJAPAN、ホームのギロッポンで「ぽいぽいぽぴー!」と大盛り上がり!

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大期待通りの泥酔ぶりで大暴れだったあやまんJAPAN 1日、六本木のカフェ&ダイニングラウンジA971で映画『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』公開記念イベントとして「シンハーDE《ハングオーバー!!》ナイト」が開催され、あやまんJAPAN(あやまん監督、ファンタジスタさくらだ、ルーキタエ)がホームグラウンド六本木に登場、ベロベロに酔っぱらった外国人たちとアルコールを交えた「試合(飲み会)」を行った。
 六本木・東京ミッドタウンの大通り沿いに面しているA971は、外国人が多く来場するカフェ&ダイニングラウンジ。この日も店内には数多くの外国人客が来場していた。そこにあやまんJAPANの3人が登場すると、会場からは大きな歓声が。すでに(本作の舞台であるタイの)シンハービールを飲んだと見られる3人の顔は赤みを帯びており、「シンハービールを飲み過ぎて酔っぱらった! いつもの試合では対戦相手をハングオーバー(二日酔い)させてるわけですけど、今日はここに来ているみんなをハングオーバーさせちゃうぞ!」と叫ぶあやまん監督たちと、会場の酔客たちは酔っ払い特有の一体感に包まれ、「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー!」と一緒になって叫んでいた。
 会場の近くにあるTOHOシネマズ六本木ヒルズでは、無修正&ノーカットバージョンの上映が決定している本作。その話が出ると、「私たちが観たのはモザイクがかかっているバージョンよね。18禁ということは、まる出しなのよね。これは是非とも観なくちゃ!」とあやまんJAPANの面々も興味津々の様子。
 そんなトークも佳境に入ったところで、「もうこんな時間!? そろそろあれが出発する時間よ」とそわそわし始める3人に、「待ってました!」とばかりに盛り上がる会場内。そして、「あやまんジェットコースターが出発します!」と切り出すや、会場内の外国人男性がステージに呼び寄せられる。あやまん監督のふとももに捕まりながら、左右のルーキタエとファンタジスタさくらだに、おしくらまんじゅうのように挟まれた男性は「オー! マイ・シンハー!」と洒落のきいたコメントを発し、外国の人々と繰り広げる六本木の夜の「試合」は大いに盛り上がった。
 本作は、結婚式前夜にハメをはずし、最悪な二日酔い(ハングオーバー)で目を覚ました男たちの珍道中を描いた大ヒット・コメディーの続編。今回は国境を越えたタイを舞台に、前回のトラブルに懲りたはずの男たちがまたもや記憶がなくなるほど泥酔し、ハチャメチャな騒動を繰り広げる。(取材・文:壬生智裕)
映画『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』は丸の内ピカデリーほかにて公開中
【関連情報】
・映画『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』オフィシャルサイト
・映画『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』写真ギャラリー
・放送禁止寸前!山本譲二と吉幾三が昼間からベロンベロン!豪快な下ネタ披露!
・あやまんJAPANのライブにオリラジ藤森、楽しんごが乱入!下品+チャラ+ドドスコで大興奮!
・『ハングオーバー』主演3人組のインタビュー動画が公開! 小学生レベルの?下ネタで大笑い!



http://news.livedoor.com/article/detail/5678712/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








gugyannさん

映画のリメイク版は、初回版を内容的に超える場合はありますか?
また、過去にリメイク版が初回版を超えたケースはありましたか?





ベストアンサーに選ばれた回答


handsamv9さん


難しいでしょう。
基本的に元版に対するイメージがありますから、どんなに頑張っても
各個人の思い出に結びついているイメージは超えられません。

全く元版に対して思い入れが無いと超えられるかと言うと、これも
結構難しい。結局、元版と比べて駄目なところを指摘、比較されるのは
仕方の無いところです。

ガス・ヴァン・サントの「サイコ」のように、リメイクなんてするだけ無駄だ、と
言わんばかりにカメラワークまで全て元版を再現、というのは、そういうリメイク
流行の風潮に対する、ガス・ヴァン・サントなりの返答だったのだと思います。

まぁ、それを逆手にとって、アメリカ映画にしないと世界で観てもらえないから
と、ミヒャエル・ハネケみたいに「ファニー・ゲーム」を自分の手で全く同じに
作り直すような変人もいるわけですが(笑

ただ、映画のリメイクには2種類あって、原作を元に再映画化する場合と
映画をもう一度映画化する場合があります。

映画しかない場合は、それをリメイクするしかないわけですが、原作付なら
原作から前作の映画では出来なかったところを、再度映像化するチャンスが
発生するわけで、そうすると元版と差別化が可能なので、意外と成功する
場合があったりします(カーペンターの「遊星からの物体X」なんて典型ですね)。

ミュージカルとしてブロードウェイで大ヒットして再映画化(「リトル・ショップ・オブ
ホラーズ」「ヘアスプレー」)というパターンも「原作付」と同様ですね。ミュージカル
という付加価値が付いたため、映画として一新され成功したパターンといえるでしょう。

個人的に、最近観た「3時10分、決断の時」は「決断の三時十分」と匹敵しうる、
ある部分では遥かに凌駕した名作となったと思っています。リメイクを観て、元版の
素晴らしさと、それにちゃんと敬意を表しつつも更なる高みを目指した製作スタッフに
拍手を送りたいです。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1230228507
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


『るろうに剣心』勝手にキャスティング ヒロインはAKB?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110702-00000003-rnijugo-ent


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。