スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミディアム」のパトリシア・アークエット、夫トーマス・ジェーンとの離婚が成立

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大パトリシア・アークエットとトーマス・ジェーンJason Merritt / filmmagic.com / Getty Images テレビドラマ「ミディアム 霊能者アリソン・デュボア」のパトリシア・アークエットと、映画『パニッシャー』のトーマス・ジェーンの離婚が成立したとE!オンラインなどが報じている。
 2006年にイタリアで結婚した二人だが、2009年1月にパトリシアが離婚を申請。結婚生活も終わりかと思われた約半年後、パトリシアは離婚申請を撤回し、復縁を試みたが、うまくいかなかったようで翌月には再び離婚を申請し、先日成立したという。
 二人の間には8歳の娘ハーロウがおり、離婚をしても二人にとって一番大事なのは娘だと別居時にコメントを出している。別居後、インタビューでパトリシアは、二人はとても仲良くやっており、友人はその仲の良さに驚いていると語っていた。パトリシアはミュージシャン、ポール・ロッシとの間に成人した息子もおり、ニコラス・ケイジとも離婚している彼女にとっては二度目の離婚となる。トーマスにとっても離婚は二度目。(澤田理沙)
【関連情報】
・「ミディアム」のパトリシア・アークエット、離婚申請を撤回
・パトリシア・アークエットのドラマ「ミディアム」が打ち切り
・ニコラス・ケイジにインタビュー!大学教授の父を思い出しながら演じた新作
・『ミスト』のトーマス・ジェーン、酒気帯び運転で実刑判決を免れる
・全米のカリスマ霊能者、アリソン・デュボア独占インタビュー!



http://news.livedoor.com/article/detail/5681551/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








k1_121さん

映画007シリーズは大好きです。故ケネディー大統領も愛読した本、このうたい文句、版元・商売上手!本も何冊か読みましたが、故原作者イアン・フレミングも実際、英国情報部勤務してたようですね。ところで、
映画は随分シリーズが続きますが(寅さん映画シリーズに負けじと)、あれは全て原作者フレミングのものから映画化されているものなんでしょうか? つまり、オリジナル&原案とは全く別のストーリーを構成する作者(脚本家など)が存在するのでしょうか?
補足皆さんのアンサーに納得しました。ベスト回答を選ぶのは難しく、投票ということで願います。



ベストアンサーに選ばれた回答


kotori672007さん


原作者イアン・フレミングの作品は長編12、短編8しかなく、ロングシリーズにするにはちょっと寡作な作家でした(作家デヴューが40代後半と遅かったため)。
当初はさして人気のある作家ではありませんでしたが、米プレイボーイ誌に「J・F・ケネディ大統領の、御休み前の読書リスト」に、第5作「ロシアより愛をこめて」が入っていたことより、映画業界が「この作品って何?」と注目し始めたのです。

映画はハリー・サルツマンとアルバート・R・ブロッコリの二人のプロデューサーが、わざわざ「007専用の」イオンプロダクションを作って制作。両名とも、もう亡くなりましたが、今はブロッコリの息子と娘がプロデュースして続けられています。

映画化に当たって、「フレミングの意思や作品を尊重すること」が大前提でした(フレミングは64年に死去)。
ですから、全作品に「原作(あるいは原案)イアン・フレミング」とクレジットされています。
とはいえ、79年の「007ムーンレイカー」で長編はすべて映画化されてしまいましたし、フレミングの小説は50年代に書かれたもので、背景のギャップも激しく、原作のアイディアやタイトルは使用するけど、ストーリーはオリジナル、という風に変わってゆきました。
(「私を愛したスパイ」は、フレミングがちょっと”文学っぽい”作品にしようとして、かえって書評家から「低俗なポルノ」といわれてしまい、恥じた彼は映画化の許可を与えませんでした。ブロッコリが説得して、タイトルの使用のみは認められたのでした。)

81年の「007ユア・アイズ・オンリー」からは短編を原作として使用され、それも「消されたライセンス」辺りでなくなってきました。短編はボンドが主人公でも、映画になるような小説ではないことが多いからです。
とはいえ、「007ゴールデン・アイ」以降も、原作のフレーズを借用したり、関連語を使うなど(例えば、「ゴールデンアイ」とはフレミングが007を執筆していたジャマイカの別荘の名で、「ワールド・イズ・ノット・イナフ」とは「女王陛下の007」に登場する、ボンド家の家訓)、「原作重視姿勢」は一貫しています。
権利関係でようやくイオン・プロが制作できた「007カジノ・ロワイヤル」は、実に27年ぶりの長編の映画化でした。

結局、原作が少ないため、企画段階のストーリー・プロットでスタッフが話し合い、大本のストーリーが決められています。かつてのシリーズ脚本家リチャード・メイバウムのように「もうフレミングの作品は当てに出来ない・・・」と言う人もいました。
来年新春公開の第22作目で、短編も含めたフレミングの全作品が無くなります。
「再使用(リメイクではない)」の可能性もありますが、第23作目以降ははっきり「映画オリジナル」といえるでしょう。

素人考えで、フレミングの死後書かれた多くの「贋作(パスティーシュ)」が使われているという人もいますが、今まで他の作家が原案としてクレジットされたことはありません。欧米は権利関係がうるさいので、クレジットがないということはありえません(逆に「オレのアイディアをパクッた!」と、訴えられたことも多数。たいがい裁判で勝っていますが・・・)。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1219758377
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


「ミディアム」のパトリシア・アークエット、夫トーマス・ジェーンとの離婚が成立
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110704-00000004-flix-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。