スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸田恵梨香と加瀬亮がW主演の「SPEC」が映画化!スペシャルドラマも放送決定!続編「いただきました」

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大このコンビ、再び! 戸田恵梨香と加瀬亮がW主演を務め、昨年10月から12月までTBS系列にて放送されたテレビドラマ「SPEC(スペック) ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」の映画化が決定した。演出に堤幸彦、脚本に西荻弓絵と1999年に放送され人気を博した中谷美紀、渡部篤郎共演のテレビドラマ「ケイゾク」のクリエイターチームが再結集し製作した本作は、未解決事件の捜査強化のため、捜査一課弐課(通称:ケイゾク)に加え、警視庁が公安部に設置した未詳事件対策係(通称:ミショウ)を舞台に、戸田演じる当麻紗綾(とうま さや)、加瀬演じる瀬文焚流(せぶみ たける)の2人がSPEC(何らかの要因で覚醒した超能力)の絡む不可解な事件の解決に挑んでいく姿を描いた作品。今回、映画公開に先駆けて、スペシャルドラマも放送されることが決定した。
 戸田が、頭は驚くほどに良いが、猫背で髪はぼさぼさ、しかも常に餃子臭いという今までのイメージにはなかった役柄に挑戦した本作。戸田自身、本作を「『SPEC』で当麻の役に出会い、実際に演じてみて、役者として自分が変わることができましたし、今までにない女優『戸田恵梨香』を見せれた作品なので、堤監督やスタッフの皆さんに感謝しています」と自身の役者としてのターニングポイントになった作品だと振り返る。一方、ある事件をきっかけに“ミショウ”に飛ばされた現場叩き上げの刑事・瀬文を演じる加瀬は、「映画になるとは、最初は思ってもみませんでした」と映画化決定への驚きを語り、「たくさんの方が連続ドラマを観て、応援してくれて、『SPEC』を愛してくれたことが、今回の映画化に繋がったと思います」とファンへの感謝のコメントを寄せた。実際、TBSの植田博樹プロデューサーは、“決して、合格点とはいえない数字”とテレビドラマの視聴率を振り返っており、映画化決定には、番組公式ツイッターや公式サイトに続編の声を寄せた熱狂的なファンの存在があったことを明かしている。
 「SPEC(スペック) ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~翔(仮題)」と題され、映画の公開前に放送されることが決定したスペシャルドラマでは、テレビドラマの1年後を描き、「野々村(竜雷太)は何を見たのか」「最後に地居(城田優)を倒したのは誰だったのか」「津田(椎名桔平)のラストシーンの意味は何か」を明らかにしていくという。加瀬は、約半年ぶりに再開した戸田が役を取り戻していく姿を見て、「あ、戻ってきたな」と感じたことを明かしており、撮影も軌道に乗り始めている様子。戸田も「今回の映画で、さらにパワーアップした『SPEC』と、当麻が見せられると思います。楽しみにしていてください」と意気込みを語っており、スペシャルドラマ「SPEC(スペック) ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~翔(仮題)」、そして映画『SPEC(スペック) ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~天(仮題)』として、来年春に公開されることが決定した「SPEC」では、スケールアップした当麻と瀬文の活躍を見ることができそうだ。(編集部・島村幸恵)
スペシャルドラマ「SPEC(スペック) ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~翔(仮題)」は放送日未定
映画『SPEC(スペック) ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~天(仮題)』は2012年春全国公開
【関連情報】
・映画『SPEC(スペック) ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~天(仮題)』オフィシャルサイト
・戸田恵梨香、東日本大震災でも活躍する警備犬描く『DOG×POLICE』で女性警察官役「警備犬の存在を多くの方に伝えたい」
・カンヌ国際映画祭「ある視点」部門オープニングに加瀬亮が出演する巨匠・ガス・ヴァン・サント監督の『レストレス』が決定
・中谷美紀演じる紫式部はなぜ『源氏物語』を書かなければならなかったのか……生田斗真主演『源氏物語 千年の謎』はミステリー要素も
・ガッキー、本格ミステリーに初挑戦!阿部寛主演、東野圭吾原作の映画『麒麟の翼』で容疑者の恋人役に!



http://news.livedoor.com/article/detail/5693023/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








amyyou0223450さん

映画チームバチスタは、ジェネラルルージュの凱旋で終わりじゃないですよね?
続編の制作、公開は決まってますか?





ベストアンサーに選ばれた回答


deepblue78jpさん


今のところ、情報は聞いていません。

海堂尊の著作は多いのですが、直接、田口・白鳥シリーズ(「チーム・バチスタの栄光」シリーズ)と言えるのは4作品のようです。他にもスピンオフ的作品があるようですが、それは省きます。

①「チーム・バチスタの栄光」
②「ナイチンゲールの沈黙」
③「ジェネラル・ルージュの凱旋」
④「イノセント・ゲリラの祝祭」

このうち、①と③は同じ監督・キャストで映画化されました。また、両方とも別キャストでTVシリーズが作られました。
あと②はTVのスペシャルドラマとして、TVシリーズと同じキャストで2時間ドラマの形で放送されました。

ただ、それ以降はニュース等で②の映画化や④の映画化は、まだ聞いていません。

ちなみに、私は①~③の原作を読みましたが、②は正直、映画化には向かない内容かな?と思います。TVドラマは微妙に原作をまとめてミステリ風にしていましたが、いずれにしろ映画的な面白さが大きい作品とは思いません。
④は未読ですが、どうやら犯人探しのようなミステリ風味がある作品では無く、議論が中心となるようなので、想像ですが映画的な題材では無いのでは?と思います。

あるとすれば、②の映画化か、スピンオフ作品を無理やり田口・白鳥コンビにした映画にするか、完全オリジナル脚本で映画化するのか?などが考えられますが・・・まずは情報を待ちたいですね。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1446161344
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


長澤まさみ、草食系男子はお断り!? 「わたしは引っ張られる方がいいです」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110708-00000003-flix-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。