スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小栗&岡田の「宇宙兄弟」写真 Sシャトル“搭乗”

こんにちは、ありがとうございます。



 来春公開予定の映画「宇宙兄弟」でダブル主演する小栗旬(28)と岡田将生(21)が宇宙に飛び立った!米フロリダ州のケネディ宇宙センターから8日(日本時間9日未明)に打ち上げられた最後のスペースシャトル「アトランティス」に2人の写真が積み込まれたもの。実験に関係なく宇宙飛行士の私物でもないものでは初めて。20日の帰還時には写真も地球に戻る。

 写真は2枚で、ともに6・5センチ×9センチ。このうち月面を背に宇宙服を着た2人の写真は“シャトル搭乗”のために撮られた。レプリカとはいえ、気密性が高くて重く、着るだけでも疲れる宇宙服。だが、小栗らは「暑い」「しんどい」と言いながらも終始笑顔だった。

 スペースシャトルは“人類が造った最も精密な機械”と言われ、積載物の厳密な重量計算が必須。2枚で2グラムの写真とはいえ、簡単に積み込める物ではない。かつては宇宙での実験に必要な物しか積めなかった。宇宙飛行士が私物を持ち込むことすらまれで、それも事前に申請した数点しか許されない。

 しかし、09年に国際宇宙ステーション(ISS)に日本の実験棟「きぼう」が完成し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は徐々に宇宙の民間利用を進めてきた。今回の試みに携わった株式会社「ラグランジェ」(東京都台東区)は「最後のシャトルだから夢を乗せて打ち上げたい」と熱望。夢あふれる「宇宙兄弟」の“宇宙旅行”に、JAXAも理解を示した。

 映画は「週刊モーニング」連載中で、小山宙哉氏原作の同名漫画が原作。子供の頃に宇宙飛行士になる約束をした兄弟の兄を小栗が、弟を岡田が演じている。物語の舞台は2025年。夢をかなえた弟と、失業中の兄が再び夢を追うところから始まる。

 「アトランティス」は、過去に5機が就航したシャトルの中で唯一日本人が乗っていない機体。小栗は「写真とはいえ“兄弟”で宇宙へ行く夢がかないうれしい。無事にシャトルが帰還することを祈ります」。岡田は「いつか本当に、僕らが宇宙に行ける日が来るかもと思いながら空を見上げたい」とコメントした。写真は不燃布製の白い専用バッグから出されることはない。それでも2人は、宇宙を駆ける自らの姿を想像して星空に夢をはせているようだった。

■関連記事
・蒼井優、泣いちゃった…岡田将生も、もらい泣き
・甥っ子って言いながらチューしちゃう…大泉洋が篠原涼子に恨み節
・落馬に足脱臼…蒼井優 満身創いの映画撮影
・綾瀬はるか、映画撮影のため大阪府庁ロケに参加



http://news.livedoor.com/article/detail/5696021/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








daigoikemenさん

映画の事で質問です。
007の映画の中で何が一番面白いですか?




ベストアンサーに選ばれた回答


jamesbondouさん


「女王陛下の007」

私はすべての作品を007とした上で、「ネバー・セイ・ネバー・アゲイン」「カジノロワイヤル(旧)」もふくめて回答しています。
確かに007役のジョージー・レーゼンビーはどうかとは思いますがね内容は原作に忠実で、異なっていたのはわずか。
ただしこの映画の興行成績は悪かったため、この映画でプロデューサーの一人サルツマンが去ってしまいます。そのため以降のボンドは、大衆路線へと進んでしまいました。
ということで、「女王陛下の007」の前まで、つまり「ドクター・ノオ」「ロシアから愛をこめて」「ゴールドフィンガー」「サンダーボール」「007は二度死ぬ」までがボンドの本流で、「女王陛下の007」はもっともイアン・フレミングの原作重視の人間的なストーリーで、ロジャームーア時代はコメディのようなもので、ティモシー・ダルトンはがんばったけどぱっとしなくて、ピアーズ・プロスナンで人気が復活。そしてただいまの007はどちらかというとアクション映画で、別に007でなくてもよい映画ということになるでしょうか。

面白いという点では、でてくるガジェットは「サンダーボール」。とくに「アストンマーティンDB5」はすばらしい車です。「007は二度死ぬ」の「TOYOTA2000GT」もオープンという仕様で斬新です。
音楽でいくと「ダイヤモンドは永遠に」。シャリー・バッシーがうたいますが、彼女は「ゴールドフィンガー」もうたっています。どちらも彼女のアルバムのロングバージョンがお勧め。「ダイヤモンドは永遠に」は「デビアス」などの大手宝飾系ブラントがイベントで毎度利用する楽曲です。

ボンドガールで考えると「ロシアから愛をこめて」のダイエラ・ビアンキと「サンダーボール」のクローディヌ・オージェがよいでしょう。

ちなみに最悪な映画は「オクトパシー」か「黄金銃をもつ男」か「美しき獲物たち」ということで全部ロジャームーアです。

できれば「女王陛下の007」をリメイクしてほしいです。
また、「007は二度死ぬ」も日本を再度とりあげていただくためにもリメイク希望です。
この二作は連続していますので(女王陛下の007では、結婚した女性を殺されてしまい、休養を兼ねて日本に来る。その際、00課からはずされている)。

どちらにしてもショーン・コネリーを元祖として考えると、ジョージー・レーゼンビーはまぁよかった。
やはり映画の007はユーモアとセクシーさと危険さがないといけない。
確かに「カジノロワイヤル」面白いけど、はっきりいって「ジェームズ」じゃないんですよね。
ただし、原作版には近いと思います。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1020739435
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


エマ・ワトソン、初恋の人トム・フェルトンとのキスは今は嫌!?-『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』記者会見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110709-00000001-flix-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。