スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マー君が名作野球アニメを語る、「キャプテン」の魅力や好きなキャラは?

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大かつて夏の高校野球シーズンが近付くと地上波で再放送され、野球少年や野球ファンを虜にした名作アニメ「キャプテン」。子どもの頃に見て影響を受けたというプロ野球選手も多いことで知られる作品だが、楽天のエース“マー君”こと田中将大投手もその一人だ。そんな田中投手が「キャプテン」の魅力を語るインタビューが、7月19日からアニマックスチャンネルで順次放送される。

田中投手が初めて「キャプテン」と出会ったのは「小学生のとき」のこと。その魅力を「『努力は報われる』ということがわかる作品。チームメイトとの絆であったり、困難を乗り越えていく中で生まれていく団結力だったりする部分が素晴らしいと思える作品」と語る。

好きなキャラクターは「谷口くんと五十嵐くん」。印象的なシーンの多い同作だが、中でも「勝ち上がっていくたびに、選手層が薄いのでみんなボロボロになりながら戦っていってるという姿」が強く心に残っているという。

アニマックスチャンネルでは、「キャプテン」を8月3日から毎週月~金(毎日2話連続)に放送する予定で、今回、田中投手は番宣スポットとWEBコンテンツに登場する。「キャプテン」に対する思いやオススメのシーン、キャラクターなどについて語るこのインタビュー、同作のファンや田中投手のファンはチェックしたいところだ。


☆「キャプテン」とは

原作は、連載開始から30年以上にわたって愛されている野球マンガの名作「キャプテン」(作:ちばあきお)。野球の名門青葉学院から墨谷二中に転校してきた主人公・谷口タカオは、野球部へ入部するためにグラウンドを訪れ、練習に参加しようと青葉時代のユニフォームに着替えた。そのユニフォームに気付いた野球部員は、勝手に谷口を名門青葉のレギュラー選手だったと思いこんでしまう。

しかし、谷口は2軍の補欠でレギュラー選手とはほど遠い選手だった。そのことを気が弱くて言い出すことができない谷口は、周囲の期待に応えるべくすさまじい陰の努力を続け、ついにはキャプテンに選ばれるまでになり、チームを引っ張っていく。人間味豊かで、欠点を持ち合わせた等身大のキャラクターが「努力して成長していく姿」と「チームをまとめあげていく姿」が作品の見どころであり、魅力だ。

連載は1972年2月号から「月刊少年ジャンプ」(集英社)でスタート。1980年4月に単発のテレビスペシャルとしてアニメ化され、同年8月に新作場面を追加して「水曜ロードショー」で放送された。また、翌1981年には劇場アニメ映画が公開。1983年に全26話のテレビシリーズが放送され、2007年には実写映画化されている。


http://news.livedoor.com/article/detail/5717398/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








koji_30884950さん

映画に於ける「超現実主義」とは何ですか?
不条理な場面が多い映画や、突発的かつ難解なもの、ということは理解できるのですが「アンダルシアの犬」や「皆殺しの天使」、などのルイスの映画しか見たことがないもので・・・ できればその他のこれらの作品と類似する映画がございましたら教えて頂きたいです。




ベストアンサーに選ばれた回答


pipokun1048さん


「超現実主義」(シュルレアリスム)は、本来、意識、理性から解き放たれた「より強固に現実的」なものを表現しようとした芸術運動と言われています。単に「非現実的」であったり「幻想的」であったりするのではなく、例えば無意識の表現(手法として自動手記などの偶然性を用いたりする)やその一環として夢の追求(このあたりはフロイトの影響らしい)を行うことで、人間にとってより強度な現実を実現せしめる、みたいな意味らしいです。。

ただ映像となると、いわゆる「アヴァンギャルド映画」とどう違うのかと言われればその違いを説明するのは難しい。
映画史において、いわゆるシュルレアリスム映画の第一号はジェルメーヌ・デュラックの「貝殻と僧侶」(‘28年)と言われています。(「アンダルシアの犬」よりも一年早い)シュルレアリスムの劇作家アントナン・アルトーが脚本を書いているため、「超現実主義映画」です。
しかし、例えば1926年製作の日本映画「狂った一頁」(監督衣笠貞之助)はいわゆるアヴァンギャルド映画ですが、「超現実主義的」と言われればその通りでもあるし、ブニュエルの「黄金時代」と何が違うのか、問われたら少なくとも私は答えられません。
ここは正直アカデミズムの領域なので、本格的にお知りになりたい場合は、フィルムアート社「映画のシュルレアリスム」などの書籍を読まれることをお勧めします。

というわけで、一応前述の「貝殻と僧侶」、それとダダイストでシュルレアリストであったマン・レイの「理性への回帰」をご覧になられてはいかがでしょうか。ちなみに両者とも古い作品ながら、女性のヌードの描写があります。


チェコの映画作家、ヤン・シュヴァンクマイエルを忘れていました。この人はシュルレアリストであることを自認していますから。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1053558120
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<香取慎吾>両津勘吉役でスカイツリータウン宣伝部長に就任 劇場版「こち亀」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110719-00000003-mantan-ent


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。