スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉作J太郎、特別寄稿。「夏の風物詩、透けブラは美術品を見るように……」

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大目のやり場に困ってしまう、こんなシチュエーション。どうする?(写真はモデルさんです) 夏になると薄くなる女性の衣服。男性としては、電車や職場などで目のやり場に困ってしまうこともしばしばだろう。白いYシャツから透けるカラフルな下着の色彩……そんな「透けブラ」の正しい鑑賞法について、映画監督や漫画家、コラムニストなどマルチに活躍する杉作J太郎氏が語ってくれた。

                        *     *     *

 中学生の時に制服が夏服に変わって、前に座っている女のコのブラが透けてるのが見えた。それが僕にとっての透けブラ初体験。だから、みなさんも同じだと思いますが、透けブラの基本はうしろ姿なんですね。

 また、ブラが透けて見えるのは、すごい清涼感があります。僕は透けブラを見ると涼しくなる。透けブラは夏の暑さを忘れさせてくれる風物詩です。

 そこで、女性の方に誤解してほしくないのは、僕らは透けブラをいやらしい目で見ているわけではないということ。透けブラを見ている時、男は中学生に戻り、そして涼んでいるだけ。ただ、見ているだけで満足で、手を出するもりはないんです。

 例えれば、心を静めて京都のお寺の庭を見ているような感じです。絵画や彫刻を見るのと一緒です。

 だから、透けブラの正しい鑑賞法は、一定の距離を保つこと。いいものが見えたからといって近寄っていくと逆に見えなくなるし、怖がられます。透けブラは一級の美術品なんです。だから、何も語らず静かに見る。それが正式な透けブラ鑑賞法です。

(撮影/山形健司、スタイリスト/米丸友子、ヘア&メイク/山内香奈子、構成/村上隆保)


http://news.livedoor.com/article/detail/5734088/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








kai_tryさん

映画に詳しいかた、教えてください。<ママの存在の大切さ>を感じることのできる映画をいくつでもいいので教えてください☆ できれば、 全体的に暗すぎる内容ではない方が 好きなのですが。 大好きな子供たちに 今よりもっと優しいママでいたい、ふとそう思い 子供たちにとって ママの存在がいかに大切なものか 改めて感じることのできる映画を見てみたくなりました。 希望は、笑いあり、ホロリと泣けて、感動する感じですが、もしなければ、ヒューマン、コメディ、フィクション、ノンフィクション、、、ジャンルは問わず、で。教えてください。お願いしますm(__)m!
補足私はこの質問の前に、 さよなら。いつか わかることを観ました。実際にあった話!?イラク戦で兵士であるママが戦死したことを幼い娘たちに告げられないお父さんが 娘たちと旅にでる話です。短い映画予告のCMで泣いてから、地元で上映がなかったので、レンタルを待ち、観ました。母の存在の大きさを感じ、泣けました。長生きしなきゃ!と思える映画です。皆さんもよろしければ 観てみてくださいね



ベストアンサーに選ばれた回答


raru_babuさん


「スリーメン&ベビー」なんてどうでしょうか。

ご質問の趣旨とはちょっと違うかも知れないのですが、独身生活を満喫している3人の男たちが、ある日突然赤ん坊の世話をするハメになってしまい、悪戦苦闘するコメディです。むさくるしい(失礼)男たちが、赤ちゃんを前にメロメロになっていくさまが可愛くて、ついつい何度でも見てしまいます。そして、どんなに一生懸命がんばって、どんなに赤ちゃんを愛していても、しょせんオトコなんてもんは「母親」にはなれないんだ、というお話でもあります。この映画を見てると、女性ってすごいんだな、って思います。ご希望通り、笑いあり涙あり、ラストではほのぼのと心あたたまると思います。

もう1つ、おすすめしたいのが「潮風のいたずら」ですね。若き日のゴールディ・ホーンが主演のラブ・コメです。大金持ちで、ものすごい性格ブスのお嬢様が事故で記憶を失ってしまい、それを見つけた貧しい大工が、彼女を自分の女房だと言って連れて帰ってしまいます。待っていたのはしつけの出来ていない4人の悪ガキたち。馴れない主婦業と子供たちの起こす事件に、大格闘の日々が始まりますが、いつの間にか彼女と子供たちの間に愛情が生まれてしまい、あれほど性格ブスだった女性が優しいお母さんに成長して行くというお話です。ラブコメとしての評価も非常に高い映画ですが、母性って子供に育てられる部分もあるんだな、と思わされる作品です。楽しい作品なので、まだご覧になっていらっしゃらなかったら是非、お勧めしたいです。

素敵なお母さんが出て来る映画と言えば、ロン・ハワード監督の「バックマン家の人々」。この映画には計5組の親子が登場しますが、それぞれが自閉症気味の子供の振る舞いに一喜一憂していたり、英才教育に血道を上げていたりと、個性的でどこかズレたファミリーです。どの親もみんな一生懸命で、ひたむきで、人間だから間違いもいっぱいやらかしますが、それぞれが一生懸命生きているんだよ~、という温かいメッセージを感じます。中でもダイアン・ウィーストの演じている、思春期の娘と息子に悩みの尽きないシングル・マザーはとても可愛くて、素敵なママです。

ちょっと話は暗いですが、不治の病に侵された息子を救いたい一心で、医者でもないのに特効薬を発見してしまう執念の親御さんを描いた作品に「ロレンツォのオイル」という映画があります。スーザン・サランドンとニック・ノルティの熱演が印象的な作品ですが、実話を元にした映画だそうです。個人的にはこの映画ほど「親」というものの凄さを感じさせてくれた作品はありませんでした。よく、母親というのは子供を助けるためだったらトラックだって持ち上げると言いますが、このお母さんを見たらそのぐらいはあり得るんじゃないかとついつい納得してしまいます。

思いつくままにいろいろ挙げてみましたが、1つでもご参考になれたら嬉しいです^^


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1426919019
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


実写
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110726-00000003-nataliec-ent


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。