スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹内結子主演「はやぶさ」 史上初の“宇宙試写会”

こんにちは、ありがとうございます。



 女優竹内結子(31)主演で、小惑星探査機の帰還を描いた映画「はやぶさ/HAYABUSA」(監督堤幸彦、10月1日公開)が27日、宇宙で試写された。劇場公開前の映画が宇宙で上映されるのは史上初。国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」に滞在中の宇宙飛行士・古川聡さん(47)が約9分のダイジェスト映像を観賞した。

 地球上空約400キロの無重力空間での試写。古川さんは船内実験室の壁から伸びたアームにノートパソコンを固定して映画を観賞。その様子は米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が映像に収め、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の筑波宇宙センターに送られた。

 映画を食い入るように見た古川さんは「さまざまなものがリアルに再現されていて驚きました」と感想。99年に宇宙飛行士候補となり、日本人最長の待機期間となる12年4カ月の訓練を経て初飛行をかなえた苦労人。さまざまなトラブルに見舞われながら約7年をかけ帰還した「はやぶさ」に思い入れがあり「長年、目指していたISSで、はやぶさ映画を見られ感慨深く思います」と語った。

 映画は竹内演じるJAXA職員が、はやぶさプロジェクトを通して成長する姿を描く。“分身”が宇宙に飛び立った格好の出演陣は大喜び。技術者役の鶴見辰吾(46)は同センターのモニターで古川さんの様子を見守り「宇宙でのミッションを描いた物語を地上で作り、宇宙で見てもらう。不思議な体験」と興奮気味。ヒロインの上司役の西田敏行(63)は「古川さん、映像をご覧いただきましてありがとうございます」と感謝のコメントを寄せた。

 ボクシングでロンドン五輪を目指す姿が、映画のテーマ“あきらめない精神”に合うとしてサポーターに選ばれた「南海キャンディーズ」の山崎静代(32)も、同センターで試写の様子を見学。会話はできなかったが、古川さんから「ボクシングもあきらめない精神で頑張ってください。ネバーギブアップ」とエールを送られ「ありがとうございます」と笑顔。古川さんの印象を「予想以上に顔がかわいかった」と話して笑いを誘った。

 ≪衛星間通信システムで送信≫試写会は、古川さんがはやぶさファンであることを知った映画関係者が提案。JAXAの協力を得て実現した。今回使われた映像は映画製作者が編集し、堤監督の了承を得た約9分のダイジェスト版。同センターからNASAを経て、衛星間通信システムと呼ばれるデータ通信システムでノートパソコンに送信された。

■関連記事
・藤原竜也“3D参戦”「はやぶさ」3作品が対決!
・地味メークの竹内結子「たまらない毎日」過ごす
・草なぎ剛 愛情カレー作って免疫力アップ
・竹内結子 “夫”草なぎにダメ出し「寝かしたカレーもあるし」



http://news.livedoor.com/article/detail/5740665/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








iwanttogotodubaiさん

映画の作り方。
自分は映画監督を目指していて、
近い将来自主制作映画を作りたいと思っているのですが、
映画の作り方がイマイチ、ピンときません。
映画館で流れるような映画はどうやって作っているのでしょう?
カメラは用意できるとしても、
人はどうすれば良いのでしょう?
セットや美術品はどこから入手するのでしょう?
具体的に映画制作の手順を教えていただけるとありがたいです。




ベストアンサーに選ばれた回答


zabogerさん


まず、内容か、お金です。
内容の為には何年かかってもいい、私財を注ぎ込んでもいいのか、
それとも資金が限られているから、それに合わせて内容を調整するのか。

それが決まったら機材(カメラ、フィルムorビデオ、照明器具)などを用意し、
内容に合わせて効率のいい撮影スケジュールを組んで、自分だけで撮れるような所は先か後回しにして、
スタッフや出演者が必要な部分はなるべく拘束時間が少ないようにスケジュールを組み、
後は仲間を集めてみてはどうですか。
全てを一から集めるのでしたら、映像制作プロダクションや工芸プロダクション、劇団に依頼します(芸能人名鑑などを見て下さい)。
一番いいのは、目星を付けて直接交渉する事ですけれど、その場合はビジネスライクになりますから、
金は当然、企画書や脚本などの資料を用意して交渉しないといけません。
その段階まで行けばある程度の話は出来るでしょうから、劇場との交渉になりますが、これが一番大変です。
ミニシアター系の作品をよく上映している映画館とかと交渉を繰り返すしかありません。
劇場は客の入らない映画なぞかけたくないですから、この辺はもう交渉次第ですね。

このへんは映画制作の書籍などが出ていますから、徹底的に調べてください。どちらかというと、制作・演出よりもプロデュース関連の本を読んだ方がいいみたいですね。
http://www.amazon.co.jp/dp/4048837893/
http://www.amazon.co.jp/dp/4845904586/
http://www.amazon.co.jp/dp/4873766206/

一番身に付くのは、映像制作会社や劇団とかにバイトでもボランティアでも入って、現場のノウハウを身につける事ですけれどね。
プロのテクニックを間近に見られて、うまくいけば業界の人脈などもできるので、遠回りなようで一番いいと思いますが。
もちろん、現場は荒っぽいですから、ひどいめにあう事も覚悟の上で。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1118306901
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


世界中の一般の人たちが、YouTubeに投稿した5分間の映像が長編
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110728-00000004-flix-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。