スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ曲CDに原画集にゲームに…ジャンルは増えても単価は減らない、コンテンツ利用者の支出傾向

こんにちは、ありがとうございます。



博報堂DYメディアパートナーズなどは2011年7月12日、エンタテインメントやスポーツなど、主要9ジャンルのコンテンツに対する生活者の消費行動実態を把握する「コンテンツファン消費行動調査」の概要を発表した。そこには単純なファン層・利用層の数などの他に、各コンテンツへ対価を支払ったか、あるいは無料で楽しんでいるかなど、お金周りとしての「市場」を推し量る上で貴重な試算データが盛り込まれている。今回はこの公開資料の中から、コンテンツに対して消費行動を取る人達の、支出傾向の部分にチェックを入れてみることにした(【発表リリース、PDF】)。

今調査は2011年1月29日から30日にかけて全国の15~69歳の男女に対してインターネット経由で行われたもので、有効回答数は4000サンプル。全国7エリアを人口構成比及び性・年代で割り付けしてあるため、地域・性・年代による偏りは最小限に留まっていると考えて良い。



また、コンテンツファンの行動・レポート内用語として



「興味」……そのジャンルに対して興味・関心がある

「利用」……過去一年に、鑑賞・閲読・観戦・購入などの商品やサービスを利用したことがある(無料での利用含む)

「ファン」……特定の作品に対してファンである(作品名を対象者が自由回答で記入)(世間一般的な「ファン」という言葉の認識に該当していると自認している)

「支出」……過去一年に、そのジャンルの商品やサービスに実際にお金を使ったことがある

と定義している。例えば特定コンテンツに対して「ファン」ではあるが「支出」していない(例えば特定テレビドラマのファンで、テレビ視聴のみ)、逆に「ファン」では無いが「支出」している場合(ゲームのファンではないが好きなタレントグループが出演しているので購入する)もありうる。



今調査では代表的な9つのコンテンツジャンル、具体的には「ドラマ・バラエティ」「アニメ・特撮」「マンガ・小説」「映画」「音楽」「ゲーム」「美術展・博覧会」「野球(プロ野球)」「サッカー(Jリーグ)」「タレント・人物」を定義。それらに対する「利用」数を尋ねている。結果としては、一つも該当しない人は19.1%、一つ以上の利用者は80.9%。平均で4.2ジャンルのコンテンツを利用している計算となった(利用者ベースでの一人当たり合計支出金額は7万4502円)。





↑ 9つのコンテンツジャンルへの利用数(択一)

「利用」には無料のサービス利用、例えば該当ジャンルのテレビ番組視聴も含まれるのだが、2割近い人が利用を自覚していないのは、少々意外な気がする。



さて「利用」層の多くが同時に「支出」層となりうるが(【無料で楽しむファン、ファンではないが支出する人…エンタメとお金との関係】でも示したような、「ファン」層と「支出」層との違いでは無い事に注意。「支出」層は全員「利用」層でもある)、「利用」数が増えても1ジャンルにかける支出額には大きな変移が見られないことが明らかになっている。





↑ 利用ジャンル数別コンテンツ総支出額/1ジャンルあたり平均支出額(利用層ベース)

「9個」が飛びぬけているのは可処分所得の大きい人達によるものか、あるいは高額支出(「ドラマ・バラエティ」ならロケ地旅行、「アニメ・特撮」ならコミケなどのイベント消費)が影響しているものと思われる。ともあれ、利用コンテンツが増えても、1ジャンルあたりの支出額がそれに伴い減る傾向は見られない。記事題名にあるように、「アニメ・特撮」において、テーマ曲CDを買ったり、原画集を手に入れたり、アニメを題材にしたゲームをプレイするなど、一つのファン行動による支出が、他のジャンルに波及する(またがる)可能性は十分にある(いわゆる「メディアミックス」)。



また、まったく別個のもの(アイドルグループのファンでイベントに参加したり音楽CDを買うが、同時に漫画好きで特定作品の掲載雑誌購入は欠かせない)に対する利用・支出においても、総額が頭打ちとなり、ジャンル数が増えるにつれて一つひとつのジャンルの支出額が減る傾向は確認できない。「これが欲しいからこれは我慢」という総額規制的な動きは見られない。



一部ジャンルの消費行動において、「マニア(オタク)は金使いが荒い」「マニア層のお財布を当て込んだ商売だよね」と揶揄する表現を見受けることがある。しかし【販売ビデオを支えるコア層・ビデオソフトの販売実態をグラフ化してみる】などにも表れているように、個々において「本当に好きなモノ」に対する惜しみない支出行為は、どのような場面でも見られるものであり、蔑視されるものはそれがコア層・マニア層・オタク層であるに過ぎない。



「お金を出す価値があると判断したから、お金を払って購入する」。当たり前の話だが、その言葉の中にある「価値」とは、個々の「好き嫌い」で決まる場合が多い。そして「好き嫌い」が何であるかを考えれば、強い熱意を持ったコア層、ファンの人達が意欲的に消費を行うのも十分に理解できるはずだ。





■関連記事:

【無料で楽しむファン、ファンではないが支出する人…エンタメとお金との関係】

【販売ビデオを支えるコア層・ビデオソフトの販売実態をグラフ化してみる】



http://news.livedoor.com/article/detail/5750049/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








tokyo_tower1983さん

映画のフィルムの質問です。
次世代DVDが発売されていて、昔の映画とかも発売されていますが、昔のフィルムを時代的にバカにするじゃないですけど、カラー映画になった当時ってハイビジョンの「ハ」の字も無かった時代ですよね。
昔のフィルムって標準画質並みの画質ではないんですか?




ベストアンサーに選ばれた回答


planar8585さん


昔のフィルムを今見ても十分に解像度高いですよ。

綺麗にレストレーション(修復)とリマスター(再デジタル化)された50年代以降のフィルムは
現在のハイビジョンよりも解像度も上です。
デジタル的な解像度で言えば2K(横2000ピクセル)~4K(横4000ピクセル)に相当します。

映画フィルムのサイズは、白黒の時代(100年ほど前)と現在でも基本的に変わっていません。
粒状性がよくなったり、感度がよくなったりしてはいますが、画質も極端には変っていません。

画質が悪いイメージがあるのは、保存状態と、当時のテレシネ技術(フィルムからTVに変換する技術)が未熟だったことが大きな要因になります。

銀塩写真で現在(でも)使われている35mmフィルムというのは、もともと映画に使われていたフィルムを横向きに巻いて使ったのが始まりでした。
現在のデジカメはアナログフィルムの解像度と色域の広さに到達することを目標に開発が重ねられています。
解像度については最近(10Mピクセルあたりでやっと)クリア出来てきましたが、色域の広さではまだ及んでいないのが実情です。

映画の現場にいますが、現在ハイビジョンで撮影されるのは予算の掛けられない映画がほとんどで、撮影監督が自分からハイビジョンで撮りたいと考えていることは現在でも稀なケースなんです。

撮影した後はデジタルに落とし込んで作業するほうが楽にはなりましたが、撮影で最も高画質なのは現在でもフィルムなんです。

予算を潤沢にかけるハリウッドがどちらを使っているかを見ればよくわかると思います。

最近になってやっとデジタルでフィルムに匹敵する解像度と色域を持った映画用のカメラがアメリカで出現しつつあります(SiliconImagingやRED等)が、
デジタルがアナログフィルムを大きく超えるにはあと5年ほどは掛かると思います。

昔の映画についていえば、最初に書いたようにいくつか条件(レストレーションとリマスター)がつきますが、最近撮られた映画のような画質にまで引き上げることが可能になっていますよ。

1962年の作品「アラビアのロレンス」からの(たぶんレストレーションされたものを縮小した)3コマ
http://www.markiza.sk/markiza/data/91703/__extra_8204-Lawrence-of-A...
http://www.markiza.sk/markiza/data/91705/__extra_8206-Lawrence-of-A...
http://www.markiza.sk/markiza/data/91701/__extra_8202-Lawrence-of-A...

比較用に2003年の作品「マトリックスレボリューションズ」の2コマ
http://www.markiza.sk/markiza/data/211434/__extra_18456-The-Matrix-...
http://www.markiza.sk/markiza/data/211432/__extra_18454-The-Matrix-...

直接古い映画とは関係ありませんが、100年前にロシアで撮られたカラーフィルムの写真もリンクしておきます。
50年前程度のカラー映画なら、これをはるかに超えた解像度や色があると考えてみてもらえば参考になると思います。

参考リンク
「100年前のカラー写真」
http://www.loc.gov/exhibits/empire/images/p87-7001.jpg
その他の写真
http://www.loc.gov/exhibits/empire/gorskii.html


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312711413
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ジェニファー・アニストン、セクハラをする女性上司役に!『Juno/ジュノ』のジェイソン・ベイトマン新作
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110801-00000001-flix-movi


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。