スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米タイム誌が選ぶ「カラー時代のモノクロ映画ベスト10」

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大オスカー候補の呼び声も高い「ジ・アーティスト」(C)La Petite Reine Studio 37 La Classe Amricaine JD Prod France 3 Cinma Jouror Productions uFilm無声映画のスターの栄枯盛衰をモノクロの無声映画として描く野心作「ジ・アーティスト(原題)」が、ニューヨーク批評家協会賞の作品賞と監督賞を受賞し、今年のアカデミー賞レースのダークホースとして一躍注目を集めている。それを受けて、米タイム誌が「カラー映画時代のモノクロ映画ベスト10」を発表した。

カラー映画の時代にあえてモノクロに挑むだけあって、錚々たる“作家”の作品が並び、多くがアカデミー賞を受賞したり、ノミネートされたりしていることがわかる。

ベスト10は以下の通り(順不同)。

▽「エレファント・マン」(80/デビッド・リンチ監督)
▽「ストレンジャー・ザン・パラダイス」(84/ジム・ジャームッシュ監督)
▽「ベルリン・天使の詩」(87/ビム・ベンダース監督)
▽「レイジング・ブル」(80/マーティン・スコセッシ監督)
▽「ペーパー・ムーン」(73/ピーター・ボグダノビッチ監督)
▽「シンドラーのリスト」(93/スティーブン・スピルバーグ監督)
▽「サタンタンゴ」(94/タル・ベーラ監督)
▽「ジ・アーティスト(原題)」(11/ミシェル・アザナビシウス監督)
▽「マンハッタン」(79/ウッディ・アレン監督)
▽「世界で一番悲しい音楽」(03/ガイ・マディン監督)

■関連記事
ダークホース「The Artist」、アカデミー賞レースに名乗りを上げる
ニューヨーク批評家協会賞は無声映画「The Artist」
巨匠タル・ベーラ監督が来日 最後の作品、映画界への思いを語る



http://news.livedoor.com/article/detail/6090560/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








comoesuta758さん

海外のスターが来日し、空港に詰め掛けたファンの人達の歓迎を受けているシーンをよく目にしますが、ああいう情報っていったいどこから入手するのでしょうか?

見ている限り、ファンの人達は「何時の便」とか知っているように見えるんですが、私は「**さんが*日の*時の飛行機で来日」なんて情報は目にしたこともないですし・・・。

「雰囲気を盛り上げるために、サクラを用意してるんじゃないだろうか」と思うことさえあるのですが、実際のところはどうなんでしょうか?




ベストアンサーに選ばれた回答


gergerwinegpさん


一説には、出迎えの数が少ないと困るので関係者がFCを通して情報を流す
とか、関係者にコネがある、航空会社の乗客名簿とか。
あとファン同士で情報交換しあって、どこかから入手しているんじゃないですか。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109252530
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


トム・クルーズ来日決定!日本に勇気を与えたいと熱望し日本をワールドツアーのスタート地に!新たな予告編も公開!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111114-00000002-flix-movi


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。