スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロス・ロンリー・ボーイズ、『ロックパンゴ』をひっさげ日本上陸

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大ロス・ロンリー・ボーイズの通算4作目となるアルバム『ロックパンゴ』が1月11日(水)に日本でリリースとなった。米Rolling Stone誌で「滑らかなコロナビールとブルースの高揚感。サンタナやジミヘンによるアメリカ讃歌を再び思い起こさせる」と絶賛された、2012年ギターロックを代表する作品の一枚だ。

◆「Fly Away」PV映像

これまでの3作はエピック・レコードからリリースされてきたものだが、この『ロックパンゴ』は、より自由な環境で制作することを求め、2009年にマネージャーがスタートさせたインディー・レーベルに移った上で行われている。こうしてできあがった本作は、彼らの狙い通りラテン・ロック、ブルーズ・ロック、美しいバラードなど様々な要素をもった聴きごたえ充分の作品となった。

この素晴らしい『ロックパンゴ』を聴いた日本のソニー・ミュージックが独自でライセンス契約を結んだことで、日本においては再びソニーに舞い戻る形となっている。ソニー・ミュージック担当者は「残念ながら日本でリリースされないまま終わる、素晴らしい音楽作品は多数存在します。ですが本作、そしてロス・ロンリー・ボーイズはなんとしても日本の皆さんに紹介したかったのです」と、語っている。

なお、日本盤においては彼らが尊敬し敬愛するサンタナ、ビートルズ、ドアーズ、ブラインド・フェイス等の愛情を込めたカバーが、ボーナストラックという形で7曲も追加収録されている。ちなみにこれらの7曲は、いずれも1969年に発表された楽曲ばかりだ。そういえば由紀さおりのアルバムも『1969』。彼らは「1969年は人類が月面を歩き、ウッドストックで文化的な境界を超越し、それ以降音楽は変革した。そんな時代の精神を呼び起こすようなもの、我々の手で1969年のサウンドトラックを作りたかった」と語っている。

彼らの初来日公演が行われるのは2月7日(火)。一夜限り、東京のみのスペシャルナイトだ。年間100回ライブをこなす彼らのその凄まじいパフォーマンスは、ザ・ローリング・ストーンズがオープニング・アクトにも選んだほど。この夜は語り継がれるものとなることだろう。

<ロス・ロンリー・ボーイズ来日公演>
2012年2月7 日(火)
@Shibuya CLUB QUATTRO
OPEN 18:30 START 19:30
¥6,500(adv.drink fee charged@door)
[問]SMASH 03-3444-6751 / HOT STUFF 03-5720-9999
http://smash-jpn.com/band/2012/02_loslonelyboys/index.php

『ロックパンゴ』
1月11日(水)発売
SICP-3372 ¥2520
1.American Idle アメリカン・アイドル
2.Fly Away フライ・アウェイ
3.Love In My Veins ラヴ・イン・ヴェインズ
4.Road To Nowhere ロード・トゥ・ノーウェア
5.16 Monkeys 16モンキーズ
6.Free Spirit (Rockpango) フリー・スピリット(ロックパンゴ)
7.Smile スマイル
8.Baby Girl ベイビー・ガール
9.Change The World チェンジ・ザ・ワールド
10.Porn Star ポーン・スター
11.Believe ビリーヴ
12.Judgement Day ジャッジメント・デイ
13.Smile(acoustic) スマイル(アコースティック)
14.Evil Ways イヴィル・ウェイズ [サンタナのカバー] 
15.Well All Right オール・ライト [ブラインド・フェイス(バディ・ホリー)のカバー]
16.She Came In Through The Bathroom Window シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドウ[ビートルズのカバー]
17.Polk Salad Annie ポーク・サラダ・アニー [エルヴィス・プレスリー(トニー・ジョー・ホワイト)のカバー]
18.Roadhouse Blues ロードハウス・ブルース [ドアーズのカバー]



http://news.livedoor.com/article/detail/6192751/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








japonica662003さん

そういえば最近ハリウッドスターの来日ないような・・・・。
東日本大震災の影響(福島原発が大だと思いますが)からかジャパンプレミアと称してハリウッドスターや外国のスターが来日しなくなったように思うのですが、最近は誰が映画のPRのために来日しましたか?

これからも放射能汚染を怖がるハリウッドスターのPR来日は行われなさそうですか?
日本にこないとなるとその代わりに潤ってる国があるんでしょうか?

詳しい方教えて下さい。




ベストアンサーに選ばれた回答


akata_akao811さん


『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』の監督、キャストは大阪に来ました。

マイケル・ベイ監督が『トランスフォーマー』次回作で大阪の街をぶっ壊す宣言!
http://news.walkerplus.com/2011/0717/8/


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1271642432
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


トム・クルーズ来日決定!日本に勇気を与えたいと熱望し日本をワールドツアーのスタート地に!新たな予告編も公開!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111114-00000002-flix-movi


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。