スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ブラック・スワン」人気の感想&考察エントリーをピックアップ

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大ナタリー・ポートマン主演、ダーレン・アロノフスキー監督の映画「ブラック・スワン」が、5月11日から日本全国で上映されています。バレエ作品「白鳥の湖」をモチーフに、バレエ団に所属する女性の試練や孤独を描いた本作は、上映開始直後から大きな反響を呼んでいます。そこで、はてなブックマークで話題の「ブラック・スワン」を見た人々の感想・考察エントリーをピックアップしました。なお、本文中や紹介するエントリーの中には、作品内容や結末に触れる情報が含まれています。「映画「ブラックスワン」の感想は? 」の写真・リンク付きの記事
※以下の文や紹介するエントリー中には、映画「ブラック・スワン」の作品内容・結末に触れる情報が含まれています※
■ 「ブラック・スワン」とは――基本情報とあらすじ ▽ 映画『ブラック・スワン』公式サイト
「ブラック・スワン」は、「レクイエム・フォー・ドリーム」や「レスラー」で登場人物の悲劇を描いたダーレン・アロノフスキー監督の映画です。第83回アカデミー賞では、主役の「ニナ」を演じたナタリー・ポートマンが主演女優賞を受賞したほか、作品賞や監督賞など5部門にノミネートされました。
ニューヨークのバレエ団に所属する「ニナ」(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親「エリカ」(バーバラ・ハーシー)から過剰な愛情を受けながら、バレエ一色の人生を歩んできました。そんな彼女の元に「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが舞い込みます。しかし、清純で正確なニナの踊りは“白鳥”では問題ないものの、もう1つの妖艶な役“黒鳥”を演じることができません。バレエ団の監督「トマス」(ヴァンサン・カッセル)の求める“黒鳥”の難しさや、“黒鳥”にピッタリな魅力を持つライバル「リリー」(ミラ・クニス)の存在に、次第に闇にとらわれていくニナの心情を描いています。
なお、本作は過激な描写があることから、R-15作品に指定されています。

▽ YouTube - ‪映画『ブラック・スワン』予告編‬‏
■ はてなブックマークで話題の感想&考察エントリー はてなブックマークでは、封切直後からさまざまな“ブラック・スワンエントリー”が注目を集めています。以下にその一部を集めてみました。
<“超一流アーティストの誕生過程”を描いた作品> ▽ 超映画批評『ブラック・スワン』95点(100点満点中)
映画ライターの前田有一さんは、自身のサイト「超映画批評」で本作を「“超一流アーティストの誕生過程”を描くドラマ」と評しました。追い込まれていくニナの描写、ナタリー・ポートマンの完璧な演技、見ごたえのあるバレエシーンなどを褒め、「少女の才能の覚醒に至るまでを、映画史上有数のリアリティとともに描いた大傑作」としています。
<身体を用いて描かれる女性の苦しみ> ▽ 『ブラック・スワン』を見たゼ! - 空中キャンプ
映画の感想エントリーが人気のブログ「空中キャンプ」では、本作で繰り返し描かれる「爪」の痛覚に着目し、「身体を用いて描かれる女性の苦しみがテーマになっている」と考察しています。ニナの服を脱がせたり体を拭いたり、爪を切ったりする母親の描写については「ダイレクトに娘の身体にアクセスしようとする母親との葛藤がもうひとつのポイント」とし、母親のポジションの重要さを説明しています。
<結末の選択を監督に問う> ▽ 『ブラック・スワン』 - 真魚八重子 アヌトパンナ・アニルッダ
映画ライターの真魚八重子さんによるエントリーでは、初日の舞台でめまぐるしく混乱していくニナの悲劇に「苛烈で本当にかわいそう」とコメントしています。監督が選んだラストについては、以下のような疑問を投げかけています。
わたしは『ブラック・スワン』を(中略)これは「ただの映画で作り物にすぎない」という当たり前のことを如実に感じさせながらも、「こんなに苦しんだのだから、ニナに最後は救済を与えてあげてほしい」と、素直に願えるような珍しい映画であると思います。勿論映画の物語にはひとつしか回答はない。作り手が最終的に選択したカットのみが答えだと、わたしは思っています。(中略)本作のクライマックスは素晴らしい高まりがあるけれども、あのラストカット、あのオチに着地しないとバレリーナの完全な物語の昇華は、成立しなかったんでしょうか。
<今敏監督作「パーフェクトブルー」との共通点> ▽ バレエ・ホラー『ブラック・スワン』と『パーフェクト・ブルー』 - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
▽ ブラックスワンonパーフェクトブルー - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
「ブラック・スワン」に関するエントリーでは、ストーリーの展開や設定、描写などが故・今敏監督の長編アニメ映画「パーフェクトブルー」と類似していることがたびたび言及されています。「パーフェクトブルー」のストーリーは、アイドルグループを脱退し女優へ転身した主人公が、アイドル時代にはなかった過激な仕事への不満やストーカーに対する恐怖で追い詰められていくというものです。
映画評論家の町山智浩さんのブログによると、アメリカでは「パーフェクトブルー」が広く見られており、多くの映画ジャーナリストが「ブラック・スワン」との類似性を指摘して、監督に直接質問しているとのこと。しかしアロノフスキー監督は「パーフェクトブルー」との関係性を否定しているそうです。2010年末に「ブラック・スワン」を見た町山さんは「今年見た映画の中でトップ3に入る」と絶賛しながらも「今敏監督の影響を認めて、この映画を彼に捧げて欲しかった」と記しています。

関連エントリー
見たい映画を効率よく探すためのエントリー集 - はてなブックマークニュース 『インセプション』の感想&考察まとめ - はてなブックマークニュースまずはここから! 面白い映画の紹介記事まとめ - はてなブックマークニュース映画「ノルウェイの森」の感想&考察まとめ - はてなブックマークニュース「魔法少女まどか☆マギカ」ついに完結!人気の考察&感想エントリーをピックアップ - はてなブックマークニュース


http://news.livedoor.com/article/detail/5614086/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








zzzfwさん

昔封切り邦画は二本立てで上映されてました。しかも映画は入れ替えなしでした。
いつから(どの映画館のなんていう作品から)二本立てが一本立てになったのですか。それといつから入れ替え制になったのか教えて下さい
入れ替え制になった理由とか、背景とか、わかる人いたら教えて下さい。
補足洋画の二本立てについては、まちまちなんで、回答不要です。邦画については、あくまでも「東宝」「東映」「松竹」の正式封切り映画の東京、大阪等の都市での話限定でお願いします。なお、入れ替え制、全席指定は、今のようなシステムになったきっかけ的な映画、上映館での話で、昔の「テアトル東京」や大阪の「OS劇場」は対象外にして下さい。それと岩波ホールも確か入れ替え制でしたが、これも対象外ということで。



ベストアンサーに選ばれた回答


redmask3351さん


難しい質問ですね。ご存知ないかもしれませんが、
東京ロードショウ公開時に一本立てで公開していた時
他の九大都市では、ロードショウにもかかわらず二本立て
公開をしないと、入らないという時代がありました。
1970年~1980年代で、これは洋画の場合です。

戦後、1950年代は、すべて、単品で興行されていました。
東映が、1954年、東映娯楽版「真田十勇士」で2本立ての
先陣をきりました。その後、邦画の単品は、大映「次郎長富士」が
最初ではなかったか。

東京では、単独公開するも、地方では2本立てにしなければ
入らない時代が1990年代も続いていたのではないでしょうか。
さらに、レンガ積み公開時代=単品では客が入らないので、
次週の新作を早く公開して、2本立てにする、という時代もありました。
リストによれば、1977年10月29日「日本の首領野望篇」には
東京公開は、併映がありませんですが‥

東京消防庁の通達で、立ち見客の入場が禁止、制限されたからでしょう。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1333671013
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


WalmartにDVDを持参するとデジタルコンテンツに変換してくれる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120315-00005364-techcr-sci


最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。