スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タランティーノ監督が、経営難に陥ったロサンゼルスの名画座を救済

こんにちは、ありがとうございます。


映画館を救った映画オタククエンティン・タランティーノ監督が、若い頃から通っていたロサンゼルスの名画座が経営難に陥ったことを知り、経営者一家に救いの手を差し伸べるために同館を買い上げたことが明らかになった。

米ハリウッド・レポーター誌が報じたところによると、その映画館は、ロサンゼルスにある座席数200席の名画座ニュー・ビバリー・シネマ。もともと1929年に封切館として始まったが、78年に現オーナーのトーガン一家が名画座に変更。クラシック作品を中心に、インディーズや外国映画まで幅広いラインナップを2本立てで上映している。タランティーノ監督も19歳の頃から通い始め、07年には自らコレクションしたフィルムを2カ月にわたって上映する映画祭を企画するなど、深い縁のある映画館だ。

ニュー・ビバリー・シネマは、DVDの台頭で入場料収入が減少したのを契機に2000年代なかばから資金繰りに困るようになったという。タランティーノ監督の支援は実はその頃から始まっており、映画館の運営費として月々5000ドル(約45万円)の援助をしていたそうだ。

だが、一家の主シャーマン・トーガンが07年に急死したことで、同館はさらなる窮地に立たされる。建物の所有者が同地を競売にかけることにしたのだ。そこで困った未亡人が相談したところ、タランティーノ監督が購入を即決。そして、その後話がまとまるまでには紆余曲折あったものの、今ではタランティーノ監督が同館の新しい所有者となった(契約上、購入金額は明らかにできないという)。とはいえ同監督は、ときどき上映作品の助言をしたり、自分の好きな特集を組んだりする以外は、ニュー・ビバリー・シネマの運営は引き続きトーガン家にまかせている。

筋金入りの映画オタクから映画監督に転じた自分を形づくった名画座に恩返しをしたタランティーノ監督。「俺の命と金があるかぎり、ニュー・ビバリーは35ミリフィルムの2本立て上映館として存続する」の言葉が頼もしい。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/4618038/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








h_e_a_t_g_u_yさん

映画「牙狼RED REQIEM」の封切りから現在までの興行収入ってどのくらいですか?また何人くらいの入場者数ですか?





ベストアンサーに選ばれた回答


o_0_ovo_0_oさん


単館映画の成績がこと細かく発表されることはまずありません。

動員記録は、よほどヒットしている場合でもなければ、メジャー系作品でも発表はされません。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1150898201
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


既に駄作臭が...アシュトン・カッチャー版ジョブズ映画のタイトル&監督決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000303-giz-ent


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。