スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エンタがビタミン♪】「ファンサービスでも時間守るべき」。有吉弘行、ジョニー・デップの行動に苦言を呈す。

こんにちは、ありがとうございます。


先日、映画『ダーク・シャドウ』の公開に合わせて来日したジョニー・デップ。成田国際空港第1ターミナルでは、集まったファン約700人を相手に27分もの間、サインや握手に応えた。さらにその後のジャパンプレミアでもファンと1時間近く直接交流するなど、ファンを大切にする精神をいかんなく発揮。そんなナイスガイなジョニー・デップの振る舞いに、毒舌芸人・有吉弘行が噛み付いた。

『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系列)でのこと。有吉弘行はこの華やかなハリウッドスターのニュースを取り上げた。ジョニー・デップはアメリカでは“サインする際に態度が丁寧な俳優”として、3年連続1位に選ばれている。そんなジョニーがジャパンプレミアのレッドカーペットで行ったファンサービスのために、イベント開始が25分間遅れるという事態になっていたのだ。

有吉はこのことに触れ、いつもの毒舌口調で「遅刻はダメでしょ」声を荒らげた。ファンサービスは、時間を守れる範囲でやらないとダメだというのだ。自らを“時の番人”と称する有吉。人気を商売としている人は誰しもお客にいい顔をしたい。有吉自身も時間が許せば24時間ファンと握手したいが「時間を守らなくてはダメだ」と、少々冗談を交えてではあるがジョニーの行動に苦言を呈した。

ちなみにジャパンプレミアの翌日に行われた記者会見には、予定よりも早めに現れたジョニー・デップ。時間にルーズというより、本当にファンサービスを大切にしている紳士なのだ。

一方、毒舌を芸とする有吉にとっては、誰かに噛み付いたりする“リップサービス”が、彼のファンサービスということになる。いま日本中を虜にしている大物ハリウッドスターにも臆することなく噛み付くことも、有吉なりのファンサービスということだろう。
(TechinsightJapan編集部 佐々木直まる)すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
“イクメン”世界一!ジョニー・デップ来日記者会見。ジョニー・デップが激白。「俺とヴァネッサの破局報道は嘘!」有吉がツイッターで“園山、塩谷、冨永”を新たにフォロー。


http://news.livedoor.com/article/detail/6573440/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








ID非公開さん

新作映画を全国の映画館で一斉に上映開始することを「封切」と呼ぶのはどうしてですか?




ベストアンサーに選ばれた回答


ID非公開さん


封切りの「封」は、手紙や小包などを不法に開かれないための印であるが、江戸時代には、新刊本を袋に入れて白紙などで包むようにしてあり、それを切ることを「封切り」と言った。
明治32年頃、都新聞の記者『吉見蒲州』が、新作映画の上映記事で「封切」という言葉を使って以降、新作映画の初上映の意味として「封切り」が用いられるようになった。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q124999922
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


『アベンジャーズ』歴代世界興収トップ10入り!『ハンガー・ゲーム』を超え今年
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120517-00000024-flix-movi


ありがとうございました。
またよろしくお願いします。


レーシックいらすの視力回復法


黒豆でダイエット骨盤ダイエットで凹凸のあるプロポーションつくりパーフェクトボディゲット


masakari

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。