スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“オペラの殿堂”ウィーン国立歌劇場が今秋4年ぶりに来日

こんにちは、ありがとうございます。


写真拡大photo:Wiener Staatsoper / Michael Pohn音楽の都ウィーンが誇る世界最高峰のオペラハウス、ウィーン国立歌劇場が、今秋4年ぶりに来日。10月14日(日)から11月4日(日)まで、東京文化会館と神奈川県民ホールで計9公演を開催する。

「ウィーン国立歌劇場 2012年日本公演」の情報

ウィーン国立歌劇場は、世界中からスター歌手が集い、最上級のクオリティを誇る舞台を年間300回も上演している、まさにオペラ界の最高峰。日本公演も1980年以来これまでに7度行われ、その伝統と格式に相応しい舞台で、日本のファンに大きな感動をもたらしてきた。

4年ぶりとなる今秋の日本公演では、『サロメ』(R.シュトラウス作曲)、『フィガロの結婚』(モーツァルト作曲)、『アンナ・ボレーナ』(ドニゼッティ作曲)の3作品を上演。それに先駆けて、5月初旬に来日を果たした同劇場総裁ドミニク・マイヤーは、公演の見どころを次のように語った。

「まず『サロメ』はウィーン国立歌劇場の看板演目のひとつ。我々が最も得意とする作品で、リハーサル無しでも演奏できるほど。ウィーン人の血の中に音楽が入っていると言えるでしょう。指揮は、R.シュトラウスのスペシャリストでもある音楽総監督のウェルザー=メスト。タイトルロールは、ウェルザー=メストが直接オーディションで抜擢した若手ソプラノ、グン=ブリット・バークミンが歌います。

もうひとつの伝統的レパートリー『フィガロの結婚』は、いまや伝説的ともいえるジャン=ピエール・ポネル演出作品を上演します。指揮は、ペーター・シュナイダー。キャストは、オーストリア宮廷歌手の称号を得たばかりのバルバラ・フリットリをはじめ、カルロス・アルバレス、アーウィン・シュロットら国際的スター歌手たちが共演します。

そして最後に『アンナ・ボレーナ』。ベルカントの名作ながら、不思議なことにこれまでウィーン国立歌劇場で上演されていませんでした。昨年4月に新制作を初演し、好評を博したばかり。しかも今回は“コロラトゥーラの女王”エディタ・グルベローヴァ最後の日本公演となる予定です。また日本公演でジョヴァンナ役を歌うソニア・ガナッシも素晴らしい歌手。彼女とグルベローヴァの共演は、まだウィーンでも実現していないので、ウィーンの観客はとても嫉妬することでしょう。それだけ日本の皆さんには特別なものをお見せしたいと思っています」。

ウィーン国立歌劇場 2012年日本公演のチケット一般発売は、6月2日(土)10時より。また一般発売に先駆けて、チケットぴあではインターネット先行抽選プレリザーブを5月30日(水)11時まで受付中。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
クラシック来日演奏家特集クラシックの最新情報はこちら⇒ Twitter「ぴあクラシック」ウィーン国立歌劇場 2012年日本公演 公式サイト


http://news.livedoor.com/article/detail/6595907/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








i2831017さん

よく海外のスターが来日する際空港で出迎えしている人たちがいますが、どうやって到着日や時間が分かるのでしょうか?朝からくるのをずっと待ってるんでしょうか?





ベストアンサーに選ばれた回答


nicetomeetfarmさん


確かにサクラの場合もあります。(アルバイトを雇う時もあります)いわゆる演出(^_^;)
でも、一般人は、到着時間はわからないので前日あたりから待つ覚悟が必要です。

<来日時の調べ方>
基本的にハリウッドスターの来日にする日は一般には公開されていません。
事前に公開すると、空港が大混雑してしまいます。

ただ、マスコミ関係者には事前に情報が知らされます。
そういう人が漏らすのや、熱烈なファンが自力でそういう情報を入手します。
簡単な方法は熱烈なファンのHPやブログ、twitterなどをまめにチェックするのが良いでしょう。又、ファンクラブの会員になるといつ来日するか等の情報が入手しやすいです。

自分で調べる方法としては、日本のプレミアがいつあるかは、映画の公式ホームページやサイト、雑誌等で知ることができます。
これもマメにチェックすること。
今回のブラッド・ピットもそうですが、ジョニー・デップ、トム・クルーズ等の大スターは、超多忙なのでだいたいプレミアの前日に来日という事が多いです。東京国際映画祭にミラ・ジョボビッチも参加しましたが、「日本にいるのはたった36時間だけです」と言っていました。ジョニー・デップの滞在時間は最短で15時間でした。
http://www.cinematoday.jp/page/N0023141

到着ロビーについてですが、基本的に「到着ロビー」へ行けば、どんな人でも旅行客の出迎えができます。テレビに映るのは、スターが税関の自動扉から出てきたところです。
問題は、どの飛行機で到着するかです。それによって到着ロビーが違います。(ハリウッドスターの場合は殆どがプライベートジェットですが)

到着便を割り出すのは、不可能に近いので噂を掻き集めて、成田に行ってみるしかありません。
そして、ファンらしき人を見かけたら、その人達からどこの到着ロビーか聞くことしかないです。
前回はどこの到着ロビーから出てきたからきっとここだろう等の情報入手が必要ですね。
ただ、何時の便かまではわかりませんので前日前位から張りこむファンもいます。大スターを一目見る為には、それくらいの覚悟も必要でしょう^^


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1176995161
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






最後までありがとうございました。

お楽しみいただけましたでしょうか。

運転免許一発合格法



FX初心者のためのFX攻略のツボ

吉田類の酒場放浪記酔談

痔の痛みスッキリ解消法

健康的に美しくやせる

東海林さだおを丸かじり

スポーツと健康の関係

masakari

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【“オペラの殿堂”ウィーン国立歌劇場が今秋4年ぶりに来日】

こんにちは、ありがとうございます。写真拡大photo:Wiener Staatsoper / Michael Pohn音楽の都ウィーンが誇る世界最高峰のオペラハウス、ウィーン国立歌劇場が、今秋4年ぶりに来日。10月14日(日)から11月4日(日)まで、東京文化会館と神奈川県民ホールで計9公演を開催する...

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。