スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買収、密告、拉致、拷問…サッカー界に蔓延する八百長の深い闇

こんにちは、ありがとうございます。


【スポーツ オフレコ放談】
 海外のサッカー界で八百長疑惑が次から次へと浮上している。イタリアでは、今季の1部リーグ(セリエA)を制したユベントスのコンテ監督が捜査対象となり、モンティ首相が「2、3年間、試合を中止した方がいいかもしれない」と発言。韓国では八百長に関わって選手資格を永久剥奪された元代表のスター選手が借金返済のために高級外車に乗っていた女性の拉致を試みて逮捕された。一見、華やかに見える世界で今、何が起きているのか。担当記者がサッカー界をむしばむ深い闇を探った。
 ■五輪も八百長の対象
 A「海外のサッカー界で八百長疑惑が続発しているけど、日本では大々的には報じられていない。どんなことが起こっているのだろう?」
 B「韓国や中国、イタリアでは逮捕者もたくさん出ている。グーグルで『サッカー 八百長』と検索したら200万件以上ヒットした。海外で八百長があったという報道はもはや、驚きでもなんでもないね」
 C「『黒いワールドカップ』という本が出ていて、世界の八百長事案が大量に報告されている。この本では、2004年のアテネ五輪1次リーグで日本と同組だったガーナ代表のアッピアがパラグアイ戦で八百長フィクサーからカネを受け取ったと認めている」
 D「国際サッカー連盟(FIFA)の警備担当者が今年1月に発表した文書は衝撃的だった。八百長で有罪判決を受けてシンガポールの刑務所に収監されている服役囚がある国のサッカー協会幹部に送ったとされる手紙で、『勝ちたいなどと言って困らせないでほしい。大金を稼ぐ機会なんだ』とか『前後半で1ゴールずつほしい。4点目を奪われた後で1点を挙げるのはかまわない。報酬は10万ドルだ』などと具体的に書かれていた」
 C「最近で分かりやすかったのは、今年2月のワールドカップ(W杯)アジア3次予選E組で、バーレーンが10-0でインドネシアを下した試合。3次予選突破のためには大差で勝たなくてはならなかったバーレーンが10点を奪ったのだが、これまでの両国の対戦成績は2勝2分け2敗。いきなりの大量点差がついたのはおかしいというわけ。バーレーンは結局最終予選には進めなかったが、さすがにFIFAも調査を行う意向を示した」
 D「監督が捜査対象となっているユベントスに関して言えば、2006年にゼネラルマネジャーを務めていたモッジ氏の審判不正工作疑惑もあった。絶大な権力を持っていたモッジ氏がチームに有利な審判の割り振りを指示していたというもので、これも一種の八百長と言えるんじゃないかな。当時、イタリア代表監督を務めていたリッピ氏にも疑惑の目が向けられた。下部リーグ降格の処分を受けたユベントスはようやく今季、復活を果たしたのにまたスキャンダルとは…。イタリアの八百長疑惑はよっぽど根が深いと言わざるを得ない」
 ■拷問で疑惑封じ?
 A「八百長の巣窟となっているのはアジアだとも言われている」
 B「純粋にスポーツで大金を得ている人が、欧米に比べて少ないからではないだろうか。大きな夢を思い描くより、目の前の生活を大事にする特性もあるのかなと思う」
 C「中国系など組織だった犯罪組織の存在が大きいのでは…。イタリアではマフィアが関与しているし。W杯など大きな試合で八百長を仕組むには相当な資金が必要になるし、危ない橋を渡る必要もある。犯罪組織の関与は当然あると見るべきでしょう」
 D「マレーシアではユース年代の選手が処分されている。韓国は大量の逮捕者を出したし、中国では八百長に関わったとされる人物が当局に拷問されたという欧州メディアの報道もあった。中国側は否定していたけど、そういうネガティブな部分が闇から闇に葬られている感もある」
 B「アジア・サッカー連盟(AFC)の仕事をしている関西のあるJクラブの幹部は『AFCの会議でも、八百長疑惑の出た韓国や中国に厳罰を科そうと意見を言う人は少なかった』と話していた。それは、中国や韓国のアジア・サッカー界での政治力に配慮してのものだったらしい。そういう生ぬるさも八百長の温床の原因となっているのではないかな」
 ■賭け事は当たり前
 A「そもそも、なぜ、八百長がはびこるのだろう」
 B「サッカーのマーケットが広がったことが影響している。昔は国内リーグしかテレビで見られなかったが、衛星放送などの普及で世界中の試合がいろいろな国で見られるようになった。インターネットで海外のリーグの勝敗予想にカネを賭けることもできる。ビッグリーグ、ビッグマッチにはカネが集まるのは当然。裏社会が目をつけるのは自然な流れなのかもしれない」
 C「選手の収入の問題もある。大金を稼ぐスターの一方でそれほど高くない収入、それどころか給料未払いといった状況でプレーする選手は世界中に山のようにいる。バルセロナのスター選手、メッシが八百長で失うもののリスクはとてつもなく大きいが、収入の少ない選手には八百長のカネは魅力だろう。韓国Kリーグは年俸も安く、大金を積まれてころぶ選手がいたらしい。一度八百長をしてしまうと、今度はそれをばらされたくないから、続けてしまう。そこから芋づる式に選手に広がっていく」
 B「イタリアなど、サッカーが賭け事の対象だった長年にわたる歴史的背景があり、深く入り込んでいる闇組織とのつながりもあって根絶が難しいのだろう。さらに、サッカーは他のスポーツに比べて得点が少なく、八百長を実行しやすい面もあると思う」
 D「賭博があるから八百長が存在するわけだけど、海外ではスポーツにカネを賭けるのは公然と認められている。英国のブックメーカーなどもそう。だけど、合法的な賭博と違法賭博の線引きは難しい。違法賭博につぎ込まれるカネは合法な賭博よりはるかに多いと言われている」
 ■密告奨励、教育で一定の効果?
 A「FIFAは合法な賭博の掛け率が妙な動きをした場合などに調査に乗り出す早期警戒システムを設け、今年2月からは密告制度もスタートさせた。先月の年次総会では国際刑事警察機構(ICPO)の幹部が異例のスピーチも行った。八百長根絶にやっきとなっている感があるが、可能だろうか」
 C「『浜の真砂はつきるとも世に盗人の種はつきまじ』という通り、難しいだろうね。八百長対策はいたちごっこで、何か対策を講じてもやる側はきっと抜け穴を見つけていく」
 B「無理だと思う。どうしても興業の要素があるから。プロレスから“やらせ”がなくならないのと同じこと。プロレスで真剣勝負を語るのはやぼだと思うが…。サッカーは全員に高い演技力がなくても八百長を意図すれば簡単にできるしね」
 D「欧州サッカー連盟(UEFA)はU-15(15歳以下)やU-17の子供たちへの八百長対策プログラムを開始している。大人になってから矯正するのは難しいから、子供のうちに八百長に関わることのリスクを教え込むというわけ。それは一定の効果を生む可能性がある。ただ、いくら選手がしっかりしていても、審判を巻き込めば八百長は可能だし、そういう事例はたくさんある。トップリーグはともかく、下部リーグでは別に本業を持っているアマチュア審判が試合をさばくことが多いから、そこは狙われやすい。待遇改善も含め、審判を自立させる方法も必要だと思う」
 ■日本にも魔の手が…
 A「今のところ、Jリーグにとっては対岸の火事だが、今後、巻き込まれる可能性もあるんじゃないかな」
 C「Jリーグで現在八百長が行われているとは思わない。だが、『黒いワールドカップ』では八百長フィクサーはシンガポールやマレーシアなどの東南アジアから欧州を含めた世界中のリーグや大会を操作しているという。最近のJリーグはタイと協力関係をつくったり、試合のテレビ放送を始めたり、アジア路線を進めている。マーケット拡大の狙いで結構なことだが、そうしたリスクがあることは間違いない」
 D「前出のシンガポールの服役囚が八百長の対象にしていたのはアイスランドの試合だった。操作する人物が日本国内にいるとは限らない。東南アジアでJリーグの人気が高まれば、海外から八百長の手が伸びてくることは十分に考えられる」
 C「多くの逮捕者や自殺者まで出した韓国からの来日選手がここ数年急激に増えている。その中に八百長経験者が絶対にいない、とは言い切れないだろう。そこを突破口にJリーグで広がる可能性もあるだろう。J1で大がかりなものは不可能に近いと思うが、もし単発での八百長が起こりうるとしたら、選手の収入が少なくて買収しやすく、試合の注目度も低いJ2の中位から下位の試合ではないだろうか」
 B「いや、Jリーグではあまり考えにくい。八百長疑惑が持ち上がった大相撲は個人競技なので別だが、日本人の性格的に1人だけ手を抜くとかいうことはできなさそうだし。女子サッカーを見たらわかるように、安月給でもサッカーが好きな人はアルバイトをしながらでも真剣にサッカーに打ち込むと思う。暴力団組織が常に狙ってはいるだろうが、八百長をしてきた土壌が日本にはなく、韓国や中国のようにはならないのでは」
 A「今年2月にJリーグの大東和美チェアマンは『八百長事件の背後には犯罪組織がいる。闇の組織が入り込まないよう、断固闘う』との暴力団等排除宣言を出した。昨年から電話相談窓口を設置し、FIFAの早期警戒システムにも加入している。闇に引きずり込まれないことを祈るね」
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6620298/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








yamadahanakonoutaさん

スターが来日した時や、野球選手などにたくさんのファンが集まってる所でサインをもらったり求めた事がある人に質問

テレビなんかで見ているとスターが最初の人のペンを使いまわしてサインをしてる様に見えますが最終的にそのペンはどうなってしまうのでしょうか?
人が多すぎてもはや誰のペンかもわかりませんよね。

別にペンくらいいかもしれませんが、いつも気になっています(笑)




ベストアンサーに選ばれた回答


satohwonderさん


最後にサインを書いた人に渡すのでは

プロ野球選手にサインを書いてもらった事がありますが、その時は私のペンで書いてもらい、書いたらすぐ返してくれましたよ


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1187250126
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






ありがとうございました。
またよろしくお願いします。



つらくない柔軟体操・ストレッチ
禁煙は難しくない!/>/レーシックいらすの視力回復法
サプリメントで栄養補給  手掌多汗症について 



masakari

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【買収、密告、拉致、拷問…サッカー界に蔓延する八百長の深い闇】

こんにちは、ありがとうございます。【スポーツ オフレコ放談】 海外のサッカー界で八百長疑惑が次から次へと浮上している。イタリアでは、今季の1部リーグ(セリエA)を制したユベントスのコンテ監督が捜査対象となり、モンティ首相が「2、3年間、試合を中止した方...

コメントの投稿

非公開コメント

アフィリエイトコード

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
楽天
マイクロアド
メニュー1
あとでじっくりと読む
カテゴリー一覧
更新履歴
最新情報をチェックする
下のボタンをクリックして当サイトのRSS情報を登録すると、自動的に最新情報がチェックできます。
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Googleに追加
  • livedoor Readerに追加
  • goo RSSリーダーに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。